*誘発効果/Trigger Effect [#top]
 「[[スタンバイフェイズ]]時」や「[[モンスター]]が[[破壊された]]時」など、その[[モンスターカード]]が定めたタイミングで[[発動]]する[[効果]]です。~
 [[相手]]に事前に察知されやすく対策されてしまいやすい[[効果]]ですが、他の[[カードの効果]]や[[自分]]のプレイング次第でその[[発動条件]]を引き出し、狙ったタイミングに[[発動]]させることも可能です。~

-例…この[[カード]]が[[召喚に成功した]]時に[[発動]]できる。〜する。~
この[[カード]]が[[リバースした]]場合、〜する。~

 (公式ルールブック マスタールール3対応 バージョン 1.0より引用)

----

-条件を満たした時に[[発動]]する[[効果]]である。~

-[[起動効果]]とは異なり、条件さえ満たせば[[相手]]の[[ターン]]でも[[発動]]できる。~

-全てが[[チェーンブロック]]の発生する[[効果]]である。~

-[[スペルスピード]]1である。~
--[[スペルスピード]]が1なので、通常は他の[[カード]]に[[チェーン]]して誘発効果を[[発動]]することはできない。~
[[チェーンブロック]]が組まれている間に[[発動条件]]を満たした場合は、(タイミングを逃さなければ)その[[チェーンブロック]]の解決後に[[発動]]する。~
例:[[《水精鱗−メガロアビス》]]の[[特殊召喚]][[効果]]のコストとして、[[《海皇の重装兵》]]を捨てた場合、[[《海皇の重装兵》]]の[[効果]]は[[《水精鱗−メガロアビス》]]の[[特殊召喚]]成功時に[[発動]]する。~
--複数の[[誘発効果]]が''[[チェーンブロック]]が組まれている間に[[発動条件]]を満たし、同じタイミングで[[発動]]する場合''に限り、[[チェーン]]を組むことが可能。~
例:[[《巨大ネズミ》]]同士が[[相打ち]]になり、同時に[[墓地へ送られた]]~
→細かい理論は、[[同時に複数のカードが発動した場合]]を参照。~
--[[手札誘発]]に該当する誘発効果は例外的に[[スペルスピード]]2の[[効果]]に対して[[発動]]できる([[手札誘発]]を参照)。~

-誘発効果と[[クイックエフェクト]]の関係について。~
>~
+まず、「そのタイミングで[[発動]]しうる誘発効果」を[[同時に複数のカードが発動した場合]]に従って[[発動]]させ[[チェーンブロック]]を組む。~
+誘発効果の[[チェーン]]が組み終わった後、「そのタイミングで[[チェーン]][[発動]]可能な[[カード]]・[[効果]]」の[[発動]]の[[チェーンブロック]]を積む。~
「そのタイミングで発動」限定の[[カード]]の他、[[フリーチェーン]]の[[カード]]がある。
--例えば、[[《落とし穴》]][[《地獄の暴走召喚》]]などの「[[召喚]]成功時」に[[発動]]する[[カード]]は「誘発効果に[[チェーン]]する形で」[[発動]]することになる。~
--[[任意効果]]である誘発効果を[[発動]]しないで[[クイックエフェクト]]を[[発動]]する事は可能だが、その[[クイックエフェクト]]にさらに[[チェーン]]する形で誘発効果を改めて[[発動]]するという事はできない。~

//--発生した一連の[[チェーン]]処理が完了するまで、[[チェーン]][[発動]]できない[[カード]]([[起動効果]]や[[通常魔法]]など[[スペルスピード]]1のもの)は使用することができない。~
//↑これどういう意味?

--以前のルールでは、[[召喚]]成功時に[[起動効果]]を[[発動]]できたため、[[召喚]]に対して[[手札誘発]]の[[カード]]を[[発動]]する際、[[相手]]が[[召喚]]成功時に[[優先権]]により[[起動効果]]を[[発動]]した場合、それに[[チェーン]]して誘発効果を[[発動]]する事になっていた。~
//(通常の誘発効果では[[起動効果]]に[[チェーン]]などあり得ない。)~
//↑召喚時誘発じゃない?

-「○○フェイズに[[発動]]する(できる)」と記された、特定のフェイズに入ることが[[発動]]条件になっている誘発効果について。~

--[[スタンバイフェイズ]]、[[エンドフェイズ]]などに、別々に複数の誘発効果が[[発動]]する場合、一つずつ[[チェーン]]を組まずに処理する。~
その順番は[[優先権]]に従うため、[[ターンプレイヤー]]の誘発効果から順次処理していくことになるが、その上で同じタイミングのものがある場合、順番は任意でよい。~
[[同時に複数のカードが発動した場合]]も参照。~
---例:[[《プロミネンス・ドラゴン》]]がフィールドに複数存在する場合、[[同時に複数のカードが発動した場合]]とは扱わず、1体ずつ誘発効果[[発動]]→[[効果]]処理、を繰り返す。~

--この類の誘発効果は、特に記述がなくとも''[[1ターンに1度]]しか[[発動]]できない''。~
最新のルールブックにもこの件が明記されていないため、間違えないように注意。~
---詳しくは後述するが、[[マスタールール2]]以前は誘発効果でなく[[起動効果]]に分類されており、1[[ターン]]に複数回の[[発動]]が可能な[[効果]]も存在していた。([[《黄泉ガエル》]]など)~
ちなみに、現在のルールでも[[《王虎ワンフー》]]が存在する場合に[[《黄泉ガエル》]]の「[[特殊召喚]]→[[破壊]]→[[特殊召喚]]…」を繰り返すことは可能である。~
(一度[[蘇生]]しその後で[[墓地]]に行った場合、その[[墓地]]に行った[[《黄泉ガエル》]]はまだ誘発効果をしていない扱いであるため。)~
無意味に繰り返す場合遅延行為となるので注意。~
---なお、これはあくまでも誘発効果に関する裁定であり、[[起動効果]]ならば[[テキスト]]で制限されない限り1[[ターン]]に何度でも[[発動]]することができる。(例:[[《ライトロード・マジシャン ライラ》]])~

--[[バトルフェイズ]]や[[バトルステップ]]に[[発動]]する[[効果]]は、誘発効果か[[誘発即時効果]]かは[[テキスト]]から判断が難しい。~
基本的に[[自分]]の[[ターン]]のみに[[発動]]できるものが誘発効果、[[相手]][[ターン]]にも[[発動]]できるものが[[誘発即時効果]]になっている場合が多いが、このルールができる以前のものについては裁定上の都合でこのルールに従わないものもある。~
例:[[《スピード・ウォリアー》]]は誘発効果であるが、[[相手]][[ターン]]にも[[発動]]できる。~
後述するが、この種の[[効果]]が[[起動効果]]だった時期の名残だろう。~
例:[[《スピリット・ドラゴン》]]は[[自分]]の[[ターン]]にしか[[発動]]できないが、[[誘発即時効果]]である。~
以前より、この効果が1[[ターン]]に何度でも[[発動]]できる裁定が出ていたため、[[1ターンに1度]]しか[[発動]]できない誘発効果にすると矛盾してしまうからであろう。~

-[[ダメージステップ]]中に[[発動]]できるかどうかは[[テキスト]]から判断が難しい。~
詳しくは[[ダメージステップ]]のページを参照
//概ね、[[強制効果]]や「''この[[カード]]が''〜した時(場合)」が条件のものは[[発動]]可能となっているようである。~
//↑リンク先のほうが詳しい
//下を消すなら↑これも消さないと。
//↑反例は何かありますか?強制効果なのにダメステ発動不可とか、「このカードが」条件なのに発動不可とか
//また、これらの条件に合わないものでも[[ダメージステップ]]中に[[発動]]できるものもある([[《ジャイアント・ボマー・エアレイド》]]など)。~
//↑ジャイアント・ボマー・エアレイドはダメステ発動不可

--[[《森の番人グリーン・バブーン》]]や[[《インフェルニティ・デーモン》]]などの[[特殊召喚]][[効果]]を持つ[[手札誘発]]は原則として[[ダメージステップ]]中には[[発動]]できない。~
[[戦闘破壊]]や[[戦闘ダメージ]]などを条件とする一部の[[手札誘発]]のみ例外的に[[発動]]できる。~
---以前、[[《森の番人グリーン・バブーン》]]は[[ダメージステップ]]中に[[発動]]できるカードとして有名であった。~
詳しくは該当のページ参照。~
//-''ほとんどの誘発効果は[[ダメージステップ]]内でも問題なく[[発動]]する''が、一部例外的に[[発動]]しないものもある。~
//↓「時と場合」はタイミングを逃すルールであって、ダメージステップには関係ない
//--ごく例外的に「場合の[[任意効果]]」でも[[《甲虫装機 ダンセル》]]などの誘発効果は[[発動]]できない。
//-- [[《森の番人グリーン・バブーン》]]などの「[[特殊召喚]]が関わる[[手札誘発]]」は[[発動]]できない裁定で安定している。

-「誘発効果」は処理の分類上、「[[強制発動]]の誘発効果」と「場合の[[任意発動]]の誘発効果([[場合の任意効果>「時」と「場合」]])」、「時の[[任意発動]]の誘発効果([[時の任意効果>「時」と「場合」]])」の3種類が存在する。~
より詳細については「[[タイミングを逃す]]」や「[[同時に複数のカードが発動した場合]]」、「[[「時」と「場合」]]」のページ参照。

//-「[[墓地]]で必ず[[発動]]する誘発効果」について。~
//[[《黒き森のウィッチ》]]や[[《クリッター》]]といった、「[[墓地]]で必ず[[発動]]する誘発効果」を持つ[[モンスター]]を[[アドバンス召喚]]のために[[リリース]]した場合、注意が必要となる。~
//[[《雷帝ザボルグ》]]のような『[[召喚]]時に[[強制発動]]する誘発効果』がある場合、その2つの誘発効果を任意の順序で[[チェーン]]に組む事となる。~
//組み方で状況が変わる事も多々あるので注意が必要。~
//→具体例は、[[《ダンディライオン》]]を参照~
//--以前は「『[[墓地]]で必ず[[発動]]する誘発効果』が必ず先に[[チェーン]]に組まれる」という裁定が存在した。~
//だが、それは「かつて」の裁定であり、現在ではそのような裁定は存在しない。~
//[[同時に複数のカードが発動した場合]]も参照。~
//↑上述にあったり他ページにあるので重複する

-他の[[モンスター]][[効果]]と同様に、基本的に「[[発動]]に成功した[[効果モンスター]]」が[[フィールド]]に[[表側表示]]で存在しなくなった場合でも、その[[効果]]は[[不発]]とはならない。~
対応するには、[[《スキルドレイン》]]、[[《天罰》]]といった[[カード]]で[[発動]]や[[効果]]を[[無効]]にする必要がある。~
[[通常魔法]]の[[発動]]や[[効果]]を[[《サイクロン》]]で[[無効]]化する事はできないのと同様の理屈である。~
//ただし、「[[フィールド]]に[[表側表示]]で存在する限り」という条件がある場合は、[[発動]]に成功しても、[[効果解決時]]にその[[カード]]が[[表側表示]]で存在しなければ[[効果]]は[[不発]]となる。~
//↑確認できなかった。
ただし、自身の[[表示形式]]変更や[[攻撃力]]・[[守備力]]・[[レベル]]の数値変動のように、[[除去]]によって、処理が不可能となってしまう場合[[不発]]となるケースがある。~

-何らかのアクションに対して誘発する場合、そのアクションが完了するまで[[フィールド]]に[[表側表示]]で存在しなければ[[発動]]しない事もある。~
--[[《ハイドロゲドン》]]や[[《ジュラック・グアイバ》]]などの[[戦闘破壊]]した事を条件とする誘発効果は、[[相打ち]]では[[発動]]しない。~
--[[《微炎星−リュウシシン》]]や[[《ゼンマイマジシャン》]]などの他の[[効果の発動]]が条件の誘発効果は、指定された[[効果]]が[[発動]]する前からその[[チェーン]]処理後まで[[フィールド]]に存在しないと[[発動]]できない。~
//---「[[戦闘]]によって[[相手]][[モンスター]]を[[破壊]]し[[墓地]]に送った時」、この[[カード]]が[[フィールド]]に[[表側表示]]で存在する必要がある。~
--[[《マジシャンズ・ローブ》]]や[[《天空聖騎士アークパーシアス》]]は該当の[[発動]]の[[コスト]]を払う以前に[[墓地]]に存在しないと[[発動]]できない。~

--[[《ライトニングパニッシャー》]]の誘発効果の場合、[[チェーン]]処理の途中で[[フィールド]]から離れたり、あるいは逆に[[フィールド]]に出現した時は[[発動]]しない。~
---「[[チェーン]]が積まれた時点」から「[[チェーン]]が終了する時点」まで、この[[カード]]が[[フィールド]]に[[表側表示]]で存在する必要がある。~

-誘発効果と[[非公開情報]]に関して。~
--「[[フィールド]]上から[[離れた>離れる]]」を条件とする誘発効果は、[[デッキ]]に[[戻った>戻す]]場合は[[発動]]しない。~
例えば、[[《天変地異》]]などの[[効果]]で[[デッキトップ]]が[[公開]]されている時に[[デッキ]]に戻った場合でも[[発動]]しない。~
ただし、[[《ナーガ》]]のみ、[[発動条件]]が特殊な関係で[[発動]]できる。~
同じ[[非公開情報]]領域でも[[手札]]や[[エクストラデッキ]]に[[戻った>戻す]]場合は[[発動]]可能である。~

--誘発効果の[[発動]]条件を満たした後、その[[効果]]の''[[発動]]前''に[[デッキ]]や[[手札]]に[[戻った>戻す]]場合、その[[効果]]は[[発動]]しない。~
例えば[[《ダンディライオン》]]を[[《死者転生》]]の[[コスト]]で[[捨て>捨てる]]、[[効果]]で[[手札]]に[[戻した>戻す]]場合など。~
[[《正々堂々》]]などで[[手札]]を[[公開]]している状態で[[手札]]に[[戻った>戻す]]場合は[[発動]]できる。~
[[《転生の予言》]]などで[[相手]]の[[カード]]を[[不発]]にできる場合があるので、覚えておくとよいだろう。~

-「[[モンスター効果]]の分類」である。~
しかし、[[魔法・罠カード]]の[[効果]]や[[ペンデュラム効果]]のうち、[[効果モンスター]]の誘発効果と同じく[[発動]]タイミングが定められている[[効果]]を指して「誘発効果」と表現する事もある。~
例えば[[《おジャマジック》]][[《夜霧のスナイパー》]]が、それに該当する。~
あくまで非公式な用語の使い方であり、公式には[[魔法・罠カード]]には[[効果]]分類は存在しないことに注意。~
--上記のように、[[カードの発動]]を伴わない[[効果の発動]]によく用いられる。~
逆に、[[カード]]の[[発動]]タイミングが定められている[[魔法・罠カード]](例:[[《落とし穴》]])に対して使うことはあまりない。~
[[効果の発動]]のページも参照。~
--[[罠カード]]の誘発効果は[[スペルスピード]]2の[[効果]]として扱う。~
[[魔法カード]]は[[速攻魔法]]であっても、誘発効果は[[スペルスピード]]1であるので違いに注意。~
---ただし、[[フィールド]]や[[墓地]]で''[[公開]]されている''[[罠カード]]の誘発効果は[[モンスター]]の誘発効果と同様に、[[クイックエフェクト]]よりも先に[[発動]]する点に注意。~
--[[罠カード]]の誘発効果は、[[効果の発動]]のみを行うか、[[カードの発動]]と同時に[[発動]]するか、特定のタイミングで[[発動]]するものか、特定の[[フェイズ]]で[[発動]]するものかによって裁定が違うことに注意。~
---特定のタイミングで[[発動]]する[[フィールド]]や[[墓地]]で''[[公開]]されている''[[罠カード]]の誘発効果は[[モンスター]]の誘発効果と同様に、[[クイックエフェクト]]よりも先に[[発動]]する点に注意。~
例1:[[破壊]]された[[《アーティファクトの神智》]]の[[効果]]は、[[破壊]]された処理の後、[[クイックエフェクト]]よりも先に[[発動]]する。(17/10/18)~
例2:すでに[[表側表示]]の[[《アモルファージ・ライシス》]]の(2)の [[効果]]は、[[ペンデュラムゾーン]]の[[カード]]が[[破壊]]された処理の後、[[クイックエフェクト]]よりも先に[[発動]]する。(17/10/18)~
---一方、[[フィールド]]に[[セット]]されている[[罠カード]]の誘発効果を''[[カードの発動]]と同時に[[効果]]も[[発動]]する''場合は、[[クイックエフェクト]]のタイミングで[[優先権]]に従ったタイミングで[[発動]]する。~
---一方、特定のタイミングで[[発動]]する[[フィールド]]に[[セット]]されている[[罠カード]]の誘発効果を''[[カードの発動]]と同時に[[効果]]も[[発動]]する''場合は、[[クイックエフェクト]]のタイミングで[[優先権]]に従ったタイミングで[[発動]]する。~
例:[[《アモルファージ・ライシス》]]の(2)の [[効果]]を[[カードの発動]]と同時に[[効果]]も[[発動]]する場合、[[優先権]]に従うため、[[相手]][[ターン]]なら、相手が優先権を放棄するか、相手のカードの発動にチェーンしないと発動できない。(17/10/18)~
---特定の[[フェイズ]]で[[発動]]する誘発効果は、通常の[[スペルスピード]]2の[[効果]]と同様に、[[優先権]]に従って[[発動]]する。~
[[同時に複数のカードが発動した場合]]のページも参照。~

--ちなみに[[TCG]]では"Trigger-like Effects"と呼ばれ、誘発効果("Trigger Effects")とは区別されている。~

-[[マスタールール2]]以前は次の[[効果]]は誘発効果ではなかった。~
--[[リバースモンスター]]が[[リバースした]]場合に[[発動]]する[[効果]]は、誘発効果でなく[[リバース効果]]だった。~
--[[《黄泉ガエル》]]など、[[自分]][[メインフェイズ]]以外のフェイズで[[発動]]できる[[効果]]は、誘発効果ではなく[[起動効果]]に分類されるものも存在した。~
こちらは[[テキスト]]からの区別がほぼ不可能であったが、[[マスタールール3]]で誘発効果に統一されわかりやすくなった。~

**関連リンク [#link]
-[[効果モンスター]]

-[[モンスター効果]]
--[[リバース効果]]
--[[永続効果]]
--[[起動効果]]
//--[[誘発効果]]
--[[誘発即時効果]]

-[[同時に複数のカードが発動した場合]]
-[[「時」と「場合」]]
-[[手札誘発]]

-[[公式用語集]]
-[[公式ルールブック:http://www.yugioh-card.com/japan/howto/rule_book.php]]