*Secret [#b59c55b7]
 カードの[[レアリティ]]において「シークレットレアカード」を指す。~
 [[カード名]]は特殊な箔押し加工(ダイヤモンドカット箔)で、[[絵柄>イラスト]]部分は格子状のホイル加工となっている。~
 略号は「SE」。~
 初登場は[[OCG]]第1期の[[Vol.3]]。~

 通常パックでは、第4期から第9期の[[ネクスト・チャレンジャーズ]]までは収録されない状況が続いていたが、[[ザ・シークレット・オブ・エボリューション]]から[[Super]]・[[Ultra]]のレアリティ違いとしてこの仕様が復活している。~
 封入率は[[Ultimate]]と同じく1箱に1枚だが、該当する[[カード]]が16種もあるため、狙ったシークレットレア[[カード]]を入手できる確率はかなり低い。~
 [[DUEL TERMINAL]]では、[[第3弾>DUEL TERMINAL −反撃のジャスティス!!−]]から[[ウルトラレア>Ultra]]のレアリティ違いとして登場している。~
 [[DUEL TERMINAL]]では、[[第3弾>DUEL TERMINAL −反撃のジャスティス!!−]]から[[ウルトラレア>Ultra]]の[[レアリティ]]違いとして登場している。~
 封入率は[[第14弾>DUEL TERMINAL −破滅の邪龍 ウロボロス!!−]]までは「1BOX(200枚)に1枚」、[[クロニクルI>DUEL TERMINAL −クロニクルI覚醒の章−]]からは「1BOXに2枚」と極めて低く、プレイ料金の高さも相まってシングル価格は高騰しがちであった。~
 また、「ブースターSP」シリーズでも収録されているが、こちらは[[Super]]や[[Ultra]]の[[レアリティ]]違いではなく、シークレットレア専用の[[カード]]が設定されている。~
 そのほか、[[PREMIUM PACK]]や[[V JUMP EDITION]]等の限定パックの[[カード]]もこの仕様となることが多かった。~

 [[PRIMAL ORIGIN]]以降の[[アジア版]]では、[[アルティメットレア>Ultimate]]や[[コレクターズレア>Collectors]]の代わりにこの仕様が封入されている。~
 [[カード名]]の箔押しには、ダイヤモンドカット箔とは少々異なるものが使用されている。~

-中には格子状のホイル加工が非常に濃く[[カード]]全体に施されている[[エラーカード]]も存在している。~
これらは俗に「プラチナレア」と呼ばれコレクターの間で高く取引されているが、偽物も出回っているため購入の際には注意したい。~

-海外版では第4期以降一時廃止されたが、[[Strike of Neos]]から復活した。~
封入率は[[The Shining Darkness]]までは31パックに1枚、[[Duelist Revolution]]からは23パックに1枚と非常に低い。~
また、[[Light of Destruction]]までは1つのパックにつき10種類前後が、[[The Duelist Genesis]]からは8種類が存在するため、狙った[[カード]]を当てるのは困難。~
人気の[[パワーカード]]や[[ドローソース]]がこの[[レアリティ]]に設定されやすいこともあり、近年では[[Tin]]等で再録される例も増えているとは言え、露骨な商法として批判の声は絶えない。~
//最近では[[Tin]]等の[[プロモカード]]として再録される例も増えてきたが、そもそも[[レアリティ]]に設定される[[カード]]は国内で人気のあった[[パワーカード]]や[[ドローソース]]に集中しやすく、露骨な商法に批判の声は絶えない。~
//なお、最近では特に人気も実績もない[[カード]]が唐突にこの[[レアリティ]]になることもあるが、これも批判に拍車を掛ける原因となっているようだ。~
//「人気のあるカードをシクレアにすると批判が起こる、人気のないカードをシクレアにしても批判が起こる」ではただ文句が言いたいだけにしか見えない

-海外版では絵柄の部分が斜線状のホイル仕様となり、[[カード名]]もダイヤモンドカット箔ではない。~
国内版と海外版で明確に仕様が異なる唯一の[[レアリティ]]である。~
(海外版でもゲームの特典カード等、一部の限定カードに関しては国内版と同じ仕様のものが過去に存在し、「Prismatic Secret Rare (プリズム状シークレットレア)」と呼ばれている。)~
ただし韓国版では[[PREMIUM PACK Vol.6]]以降、絵柄の部分が国内版と同じ仕様のものに変更されている。~
また、国内版でも、[[EXTRA PACK −SWORD OF KNIGHTS−]]・[[EXTRA PACK −KNIGHTS OF ORDER−]]に収録されるシークレット仕様のカードは絵柄の部分が斜線状のホイル仕様となっている。(カード名はダイヤモンドカット箔が使用されている。)~

-[[GOLD SERIES 2013]]から新たに''ゴールドシークレットレア''仕様が登場した。~
加工の仕方はシークレットレアと同じだが、ホイルの仕様は[[ゴールドレア>Gold]]と同じなので、光り方が七色でなく、やや暗めなのが特徴。~
また、枠とレベルの部分にも格子状のホイルが見えるので、どちらかというと光り方は[[パラレルレア>Parallel]]に近い。~
[[GOLD SERIES 2013]]・[[2014>GOLD SERIES 2014]]ともに1箱に1枚前後の確率で封入されている。~
[[GOLD PACK 2016]]では、1パックに1枚必ず封入されるようになった。

-[[EXTRA PACK −SWORD OF KNIGHTS−]]から新たに''エクストラシークレットレア''が登場した。~
[[通常モンスター]]、[[効果モンスター]]、[[エクシーズモンスター]]は[[テキスト]]欄を除く全面に、[[シンクロモンスター]]は[[属性]]・[[レベル]]・[[イラスト]]・イラスト枠・[[テキスト]]欄の枠・カードの縁に、[[ペンデュラムモンスター]]は[[テキスト]]欄2つと[[ペンデュラムスケール]]欄を除く全面と青と赤の[[ペンデュラムスケール]]のマークにホイル加工が施されており、加工の仕方は通常のシークレットレアと同じだが、ホイルの仕様が七色の斜線状になっている。

-海外の[[デュエリストリーグ賞品>Duelist League Prize Cards]]には、「ダークブルーレア(通称:青シークレット)」と呼ばれる特別仕様の[[カード]]が存在する。~
このレアはシークレット加工はされていないが、[[カード名]]が青色になっているのが特徴。~
希少価値が高く、日本では流通が少ないこともあって高額で取引されている。~
--ちなみに、アニメGXでは[[D−HERO]]の名前の部分は青色でプリントされていたが、残念ながらダークブルーレア仕様の[[D−HERO]]はいまだ存在していない。~
//海外にしかないのならOCGにないのは当然になる

**関連リンク [#df0999d5]
-[[レアリティ]]
--[[Normal]]
--[[Rare]]
--[[Super]]
--[[Ultra]]
--[[Ultimate]]
--[[Parallel]]
--[[Holographic]]
--[[Ul-Secret]]
--[[N-Rare]]
--[[N-Parallel]]
--[[Gold]]
--[[Starfoil]]
--[[Mosaic]]
--[[Collectors]]

-[[データベース]]