これらのキーワードがハイライトされています:THE

The tyrant NEPTUNE(ザ・タイラント・ネプチューン)/The Tyrant Neptune》

効果モンスター(禁止カード)
星10/水属性/爬虫類族/攻   0/守   0
このカードは特殊召喚できない。
このカードはモンスター1体をリリースしてアドバンス召喚する事ができる。
このカードの攻撃力・守備力は、アドバンス召喚時にリリースしたモンスターの
元々の攻撃力・守備力をそれぞれ合計した数値分アップする。
このカードがアドバンス召喚に成功した時、
墓地に存在するリリースした効果モンスター1体を選択し、
そのモンスターと同名カードとして扱い、同じ効果を得る。

 LIMITED EDITION 17で登場した水属性爬虫類族最上級モンスター
 アドバンス召喚時にリリースしたモンスター攻撃力守備力の合計を自身の攻撃力守備力とする永続効果と、アドバンス召喚時にリリースしたモンスター1体の効果カード名をコピーする誘発効果を持つ。

 攻撃力だけでなく守備力もアップするため、戦闘面に関しては《霧の王》より長けている。
 このカードの特徴としては、アドバンス召喚爬虫類族に関連した多くのサポートカードに対応するという点である。
 特に、耐性を持たないモンスターリリースしてアドバンス召喚する事で《進撃の帝王》《神縛りの塚》《ハードアームドラゴン》による耐性の付与を実質的に行える。
 アドバンテージの取りやすい効果を持つものと高いステータスを持つモンスターリリースすることでその効果を何度も使いやすくできる。

 リリース軽減効果は、何も考えなければリリースしたモンスターレベル属性種族を変更するに過ぎない。
 しかし、回数制限付きの効果の再利用や《リミッター解除》等のデメリットの回避、《デモンズ・チェーン》《BF−疾風のゲイル》等の影響の解除に利用できる。
 他にも、《帝王の烈旋》等で相手モンスターリリースすることで、擬似的な永続コントロール奪取となる。
 また、妥協召喚という性質上《オーバーウェルム》とも相性が良い。
 このカード効果モンスターであることを利用し、エンドフェイズに勝手にエクストラデッキに帰って行くコンタクト融合体や、《セイヴァー・デモン・ドラゴン》をコピーして維持することもできる。
 変わったところでは、《青天の霹靂》特殊召喚したモンスターを、《連撃の帝王》を使い相手ターンにコピーするといった方法もある。

 カードに記載されている攻撃力守備力は0であり、《オシャレオン》《キングレムリン》《サルベージ》サーチサルベージの手段は豊富なため、隠し味としてデッキに1枚投入するのもいいだろう。

  • 「Tyrant」とは、英語で「暴君」を意味する。
    また、「Neptune(ネプチューン)」とは太陽系の一番外を回る第8惑星「海王星」のことで、ローマ神話の水の神「ネプトゥヌス」に由来する。
  • 漫画GXにおいて、クロコダイルはこのカードを「冷たき暴君(タイラント)」と称している。
    実際の海王星は太陽系では太陽から一番離れた惑星であり、表面温度は-218℃という冷たい惑星である。
  • 攻撃名を直訳すると「破滅の鎌」となる。
    ただし、「Sickle(シクル)」は主に片手で持てるサイズの「小鎌」を指す単語であり、イラストで持った大鎌とはミスマッチである。
    イラストのような大鎌は「Scythe(サイス)」と呼ばれる。

関連カード

収録パック等

FAQ

基本

Q:効果分類は何ですか?
A:リリースしたモンスター攻撃力守備力の合計を攻撃力守備力とするのは永続効果リリースしたモンスター1体の効果と名前をコピーする効果誘発効果になります。(09/12/29)

Q:リリースしたモンスター1体の効果カード名をコピーする効果墓地に存在するその効果モンスター1体を対象をとりますか?
A:はい、対象をとります。(09/12/29)

Q:対象に選択したモンスター1体が効果解決時墓地に存在しなくなった場合、効果カード名をコピーする効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(09/12/29)

Q:元々の持ち主相手モンスターリリースした場合に、相手墓地に存在するその効果モンスターを選択することはできますか?
A:はい、できます。(09/12/30)

Q:このカードアドバンス召喚リリースしたモンスター《次元の裂け目》等で除外されて墓地に存在しない場合でも、その誘発効果自体は発動チェーンブロックは作られますか?
A:はい、この効果は強制的に発動されますので例え対象に選択するモンスターが存在しない場合でも発動チェーンブロックが作られます。(09/12/29)

Q:《レプティレス・ガードナー》《レプティレス・スキュラ》の2体をリリースしてアドバンス召喚したときの攻撃力守備力はいくつになりますか?
A:攻撃力は0+1800で1800、守備力は2000+1200で3200になります。(09/12/29)

Q:墓地に存在するリリースした効果モンスターとは、このカードアドバンス召喚の時にリリースした効果モンスターの事ですか?他のカードの時にリリースした効果モンスターは含まれませんか?
A:アドバンス召喚の時にリリースした効果モンスターの事を指します。他のカードの時にリリースした効果モンスターは含まれません。(09/12/29)

Q:このモンスターが「攻撃力2500/守備力2000の《E・HERO ジ・アース》」になっています。
  《スキルドレイン》発動した場合、数値と名前はどうなりますか?
A:《スキルドレイン》効果適用された場合、攻撃力守備力を得る効果無効になりますが、「リリースした効果モンスター1体を選択し、そのモンスター同名カードとして扱い、同じ効果を得る」効果無効になりません。
  よって、このカードの攻撃力守備力は0になりますが、選択した効果モンスター1体と同名カードとして扱い、同じ効果を得たままとなります。
  また、その後に《スキルドレイン》フィールドを離れても攻撃力守備力は戻らず0のままになります。(10/01/27)

Q:モンスターリリースして攻撃力がアップしている状態のこのカード《収縮》効果を受けると、攻撃力はいくつになりますか?
A:元々の攻撃力0の半分になり、その後にリリースしたモンスター攻撃力の合計分が上昇します。(10/01/27)

Q:モンスターリリースして攻撃力がアップしている状態のこのカード《巨大化》を装備すると、攻撃力はいくつになりますか?
A:元々の攻撃力0の半分または倍になり、その後にリリースしたモンスター攻撃力の合計分が上昇します。(10/01/27)

効果外テキストについて

Q:《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》の「融合素材にできない」は複製されますか?
A:いいえ、モンスター効果として扱われませんのでされません。(09/12/29)

Q:《救世竜 セイヴァー・ドラゴン》《ハーピィ・レディ・SB》の「シンクロ素材にできない」や「《ハーピィ・レディ》として扱う」は複製されますか?
A:それらの効果モンスター効果として扱われず、また《救世竜 セイヴァー・ドラゴン》《ハーピィ・レディ・SB》のようにモンスター効果として扱う効果を持たない効果モンスターを選択して発動すること自体できません。(09/12/29)

Q:《コアキメイル・クルセイダー》《インフェルノクインデーモン》維持コストは複製されますか?
A:維持コストモンスター効果として扱わないのでされません。(09/12/29)

アドバンス召喚時のリリースが関係する効果について

Q:《古代の機械巨竜》《グリーン・ガジェット》リリースしてこのカードアドバンス召喚《古代の機械巨竜》効果を得た時に、《グリーン・ガジェット》リリースした場合の貫通ダメージを与える効果を得ることはできますか?
A:いいえ、その効果を得ることはできません。(10/02/07)

Q:《幻惑の巻物》等で光属性に変更した《天魔神 インヴィシル》闇属性悪魔族モンスターリリースして《天魔神 インヴィシル》効果を得た場合、どうなりますか?
A:その場合、光属性天使族闇属性悪魔族効果、どちらも得ることはできません。(10/01/27)

Q:《モザイク・マンティコア》《スパウン・アリゲーター》リリースしてモンスター効果を得た場合、このカードアドバンス召喚に使用したモンスター特殊召喚する事はできますか?
A:いいえ、その場合はリリースしたモンスター特殊召喚する効果発動せず、特殊召喚できません。(09/12/30)

エクシーズモンスターエクシーズ素材について

Q:エクシーズモンスターリリースして召喚した場合、「エクシーズ素材を取り除いて発動する効果」を得られますか?
  また、「エクシーズ素材を取り除いて発動する効果」以外の効果は得られますか?
A:どちらの効果も得ることが出来ます。
  ただし、効果モンスターである《The tyrant NEPTUNE》にエクシーズ素材は存在しない為、「エクシーズ素材を取り除いて発動する効果」は発動する事ができません。(12/08/08)

Q:《No.9 天蓋星ダイソン・スフィア》リリースして召喚しその効果を得た場合、「このカードエクシーズ素材の無い状態で攻撃対象に選択された時、自分墓地モンスター2体を選択し、このカードの下に重ねてエクシーズ素材とする事ができる」という効果発動し、エクシーズ素材を重ねられますか?
A:いいえ、その効果発動する事自体できません。(12/08/09)

個別の事例

Q:召喚に成功した時に発動する《邪帝ガイウス》《氷帝メビウス》等のモンスターリリースした場合、それらの効果発動できますか?
A:いいえ、このカード誘発効果により効果を得た時には既に召喚に成功した時のタイミングを過ぎてますので、発動する事はできません。(09/12/29)

Q:罠モンスター(たとえば《メタル・リフレクト・スライム》)をリリースアドバンス召喚しました。
  その場合、このカードの攻撃力守備力はどうなりますか?
  また、リリースした罠モンスター対象に「同名カードとして扱い、同じ効果を得る」効果発動できますか?
A:《メタル・リフレクト・スライム》リリースし《The tyrant NEPTUNE》をアドバンス召喚した場合、攻撃力は0、守備力は3000となります。
  また、《メタル・リフレクト・スライム》墓地では罠カードになってますので効果を得る対象にする事はできません。(10/02/07)

Q:《ギガプラント》効果を得た場合、効果発動するために再度召喚する必要がありますか?
  また、《スーペルヴィス》を装備できますか?
A:再度召喚する必要があります。
  《ギガプラント》効果を得ているとしても、デュアルモンスターとして扱わないため、《スーペルヴィス》を装備できません。(10/09/09)

Q:《マシンナーズ・ギアフレーム》効果を得た場合、自分機械族モンスターに装備できますか?
A:装備させることはできます。
  しかしながら、自分の機械族モンスターに自身を装備させた時点で効果を得ていない状態となるため、魔法&罠カードゾーンにて破壊され墓地に送られます。(10/09/09)

Q:《青眼の白龍》《フォーチュンレディ・ダルキー》の2体をリリースしてアドバンス召喚し、墓地《フォーチュンレディ・ダルキー》を選択しました。
  攻撃力守備力はいくつになりますか?
A:このカードレベル×400ポイントになり、《青眼の白龍》攻撃力は参照されません。(16/06/03)

Q:このカードアドバンス召喚《ブリザード・プリンセス》モンスター効果を得た場合、このカードアドバンス召喚したターン相手魔法・罠カード発動できない効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(10/06/03)

Q:《セイヴァー・デモン・ドラゴン》《セイヴァー・スター・ドラゴン》リリースしてモンスター効果を得た場合、エンドフェイズ時にエクストラデッキカード戻し《レッド・デーモンズ・ドラゴン》もしくは《スターダスト・ドラゴン》蘇生させる効果はどのように扱いますか?
A:エクストラデッキカード戻すことができませんので、効果発動されチェーンブロックも組まれますが不発に終わりフィールドに残ります。(09/12/31)

Q:《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》効果を得ています。
  相手攻撃無効にする効果発動した場合、エンドフェイズ時にこのカード特殊召喚されますか?
A:攻撃無効にする効果適用されますが、自身の効果によって除外したエンドフェイズ特殊召喚する効果とは独立していますので、特殊召喚する事はできず除外されたままとなります。(11/05/23)

Q:《アポクリフォート・キラー》リリースして《The tyrant NEPTUNE》をアドバンス召喚し、その召喚成功時の効果でそのリリースした《アポクリフォート・キラー》対象としました。
The tyrant NEPTUNE》は《アポクリフォート・キラー》の『(1):通常召喚したこのカード魔法・罠カード効果を受けず、このカードレベルよりも元々のレベルまたはランクが低いモンスター発動した効果も受けない。』という効果適用できますか?
A:アドバンス召喚した時点ではまだ《アポクリフォート・キラー》効果を得ていないため、《The tyrant NEPTUNE》は、『(1):通常召喚したこのカード魔法・罠カード効果を受けず、このカードレベルよりも元々のレベルまたはランクが低いモンスター発動した効果も受けない。』効果適用する事ができません。(14/09/21)


Tag: The tyrant NEPTUNE》 効果モンスター モンスター 星10 水属性 爬虫類族 攻0 守0 特殊召喚不可

広告