これらのキーワードがハイライトされています:《アーティファクトの神智》

《アーティファクトの神智(しんち)/Artifact Sanctum》

通常罠
「アーティファクトの神智」は1ターンに1枚しか発動できず、
このカードを発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。
(1):デッキから「アーティファクト」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):このカードが相手によって破壊された場合、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 PRIMAL ORIGINで登場した通常罠
 アーティファクトリクルートする効果と、自身が相手によって破壊された場合にフィールドのカード1枚を破壊できる効果を持つ。

 (1)の効果は、ターン内のバトルフェイズを放棄する代わりにアーティファクトリクルートする効果
 デメリットに加え、アーティファクト効果相手ターンでのみ発動する性質から、基本的に相手ターン発動することになる。
 《アーティファクト−モラルタ》アドバンテージを得るか、《アーティファクト−デスサイズ》で相手の行動を妨害するのが基本となる。

 (2)の効果は、自身が相手によって破壊された場合にフィールドのカード1枚を破壊する効果
 発動条件は「場合の任意効果」なので、タイミングを逃す事もなく発動でき、エンドサイク除去されても問題なくこの破壊効果発動できる。
 《神の警告》等の破壊を伴うカウンター罠無効化された場合でも発動できることからアドバンテージを得ることができる。
 このカード破壊される時にチェーンして発動すれば、リクルート効果破壊効果を両方使う事ができ、大きなアドバンテージを得ることができる。

 各アーティファクトの「相手ターン特殊召喚された場合の効果」を活かせるため、【アーティファクト】の中核であり、可能な限りフル投入することが望まれる。
 【アーティファクト】以外のデッキにも、このカード《アーティファクト−モラルタ》《アーティファクト−デスサイズ》をギミックとして投入することで、展開力を上げつつ、相手伏せ除去も牽制できる。

  • 「神智(神知)」とは人間の知恵では計り知れないような知恵を指す。
    「Sanctum」は英語で神聖なる場所を意味する単語で、ブースターパックガイドの解説からするとアーティファクトが鎮座する空間を示しているのだろう。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《アーティファクトの神智》 通常罠 アーティファクト

広告