これらのキーワードがハイライトされています:カードガンナー

カードガンナー/Card Trooper》

効果モンスター
星3/地属性/機械族/攻 400/守 400
(1):1ターンに1度、自分のデッキの上からカードを3枚まで墓地へ送って発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、
この効果を発動するために墓地へ送ったカードの数×500アップする。
(2):自分フィールドのこのカードが破壊され墓地へ送られた場合に発動する。
自分はデッキから1枚ドローする。

 デュエリストパック−十代編2−で登場した地属性機械族下級モンスター
 攻撃力を一時的に自己強化する起動効果と、自分フィールド上から破壊され墓地へ送られた時にデッキからカードドローする誘発効果を持つ。

 (1)の自己強化によって攻撃力1900のアタッカーとして扱える。
 レベル3なので《レベル制限B地区》等にもロックされない。
 その自己強化に伴って、3枚まで墓地肥やしができる。
 ワンテンポ遅れやすいライトロード《魔導雑貨商人》と比べると、こちらは召喚してすぐに墓地肥やしできるのが長所である。

 (2)の効果破壊され墓地へ送られた時は1枚ドローでき、ここでもアドバンテージを得やすい。

 以上のようにアタッカー墓地肥やしドローと多方面で活躍できる優秀な下級モンスターである。
 ライトロード等と同様、墓地肥やしを重視するデッキには採用が見込める。
 《オーバーロード・フュージョン》との相性は良く、このカード自身も機械族なので《キメラテック・オーバー・ドラゴン》融合素材になる。
 属性面でのシナジーは無いが、カオスモンスターダークモンスターコスト確保にも使える。
 自身が《デブリ・ドラゴン》《クレーンクレーン》による蘇生に対応しているのも大きい。
 これらで蘇生した場合は効果無効になるが、下記の通り墓地送りはコストであるので墓地肥やしはでき、ドロー効果墓地発動するため無効にならない。

 ただしターン終了時には本来の低い攻撃力に戻ってしまい、ケアがない限りは返しの手痛いダメージを覚悟する必要がある。
 戦闘破壊トリガーとする《フレムベル・ヘルドッグ》《BF−蒼炎のシュラ》などの的にならないプレイングを心がけたいところ。
 《霊滅術師 カイクウ》戦闘ダメージを受けると、このカード墓地へ送ったモンスターごと除外されてしまうので注意。

 なお、(2)のドロー効果トリガー破壊され墓地へ送られた時であるため、その両方を満たさなければ発動しない。
 《次元幽閉》等で除外された場合はもちろん、《マクロコスモス》等によって破壊されたが墓地へ送られなかった場合や《No.50 ブラック・コーン号》等により破壊されずに墓地へ送られた場合にはドローできない。
 《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》融合素材とされてしまった場合も同様である。

  • 効果発動時墓地送りを開始する前に何枚送るかを宣言する必要がある。
    1枚ずつ確認して都合のいいところで止めるというようなことはできない。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:《次元の裂け目》発動している時効果発動することは可能ですか?
A:いいえ、墓地へ送るかどうか不確定なので発動することができません。

Q:《次元の裂け目》《天変地異》が存在しており、自分デッキの一番上のカードは魔法カード(または罠カード)です。
  この時、デッキの一番上カードのみを墓地へ送って効果発動することは可能ですか?
A:はい、1枚のみを墓地へ送る効果発動することが可能です。(08/06/17)

Q:自身の起動効果攻撃力が1900になっている元々の攻撃力400の《カードガンナー》を対象《収縮》発動した場合《カードガンナー》の攻撃力はいくつになりますか?
A:自身の効果によって攻撃力が1900になっている《カードガンナー》に、《収縮》効果適用された場合、攻撃力は1700になります。(10/05/04)
  (200に1500が加算される)

Q:コストとしての墓地送りについて、1枚ずつ墓地へ送って確認して枚数を決めることが出来ますか?
A:墓地へ送るコストを払う前に何枚にするか宣言が必要です。(09/03/10)

Q:このカード裏側表示のまま破壊され墓地へ送られた場合、カードドローする効果は使用可能ですか?
A:はい、問題なく使用可能です。(10/08/23)

Q:このカード効果の発動《光と闇の竜》無効にされました。
  同じターン中にもう1度このカードの効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(12/11/26)


Tag: カードガンナー 効果モンスター モンスター 星3 地属性 機械族 攻400 守400

広告