これらのキーワードがハイライトされています:クレーンクレーン

クレーンクレーン/Crane Crane》

効果モンスター
星3/地属性/鳥獣族/攻 300/守 900
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地のレベル3モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。

 スターターデッキ(2013) スターター強化パックで登場した地属性鳥獣族下級モンスター
 召喚に成功した時に墓地レベルモンスター蘇生させる誘発効果を持つ。

 《ジャンク・シンクロン》などと同等に召喚に成功した時に発動できる蘇生効果を持つ。
 このカード1枚でランク3のエクシーズ召喚につなげられ、レベル3のチューナー蘇生すれば、レベル6のシンクロ召喚に繋げられる。
 《スターダスト・アサルト・ウォリアー》《レッド・ライジング・ドラゴン》に繋げばチューナー蘇生し、さらに高レベルシンクロモンスターを出すことも可能。

 自身も蘇生対象に含まれるため、同名カードのみで運用することも可能だが、やはりレベルモンスターを多く採用するデッキで使用することが望ましい。

 蘇生したモンスターには、《ジャンク・シンクロン》等と同様に効果無効になるデメリットが付与される。
 あちらと同様《ダンディライオン》等の墓地発動する効果なら何の問題も無く、そのままエクシーズ召喚シンクロ召喚に繋げるのなら大したデメリットでもない。
 《フォトン・サーベルタイガー》等のデメリット効果を持つものを蘇生にしてアタッカーにする等、デメリットを逆手に取るのも手である。

 鳥獣族を主軸とするデッキでは、《ゴッドバードアタック》コストにしたり、《BF−疾風のゲイル》蘇生させシンクロ召喚につなげたりすることができる。
 獣族獣戦士族蘇生した後に《烏合の行進》発動すれば、2枚ドローすることができる。
 やや限定的なコンボだが、《地霊使いアウス》蘇生して《憑依装着−アウス》にも繋げるのも手である。
 全てのネオスペーシアン蘇生できるので、【コンタクト融合】では《スペーシア・ギフト》の補助や《NEX》発動など、幅広い活躍が可能。
 《ジャンク・チェンジャー》蘇生して《スターダスト・アサルト・ウォリアー》シンクロ召喚すれば、このカード1枚でレベル6〜10のシンクロモンスターまで繋げることができる。

  • カード名イラストは、重い物を持ち上げる機械「クレーン」と、英語で鶴を意味する「クレーン」(綴りはどちらも「crane」)を掛けている。
    そもそも機械のクレーンは、形状が鶴と似ていた事から名付けられたため、この2つが同じ名前なのは当然である。
    また、スクラップ等と同様に種族はモチーフの方である鳥獣族になっている。

関連カード

―《クレーンクレーン》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:対象を取る誘発効果ですか?
A:はい、そうです。(13/03/16)

Q:特殊召喚したモンスターの「墓地へ送られた際に発動する」効果無効になりますか?
A:いいえ、無効になりません。(13/03/16)

Q:特殊召喚したモンスターの「フィールド発動し、効果解決時墓地にいる」効果無効になりますか?
A:はい、無効になります。(13/03/16)


Tag: クレーンクレーン 効果モンスター モンスター 星3 地属性 鳥獣族 攻300 守900

広告