これらのキーワードがハイライトされています:《ゴッドバードアタック》

《ゴッドバードアタック/Icarus Attack》

通常罠
(1):自分フィールドの鳥獣族モンスター1体をリリースし、
フィールドのカード2枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 ENEMY OF JUSTICEで登場した通常罠
 鳥獣族リリースし、フィールドのカードを2枚破壊する効果を持つ。

 カードの種類を問わず、2枚のフィールドのカードを選択して破壊できる。
 フリーチェーンなのでタイミングを選ばず、シンクロ召喚エクシーズ召喚の妨害、エンドサイクなどの幅広い運用が可能。
 単純に使用すると2:2交換となるが、鳥獣族やこのカードへの単体除去チェーンすればアドバンテージを得ることができる。

 なんでも破壊できるが、デメリットも多少存在する。
 コストとしてモンスターリリースするため、無効にされると2枚のカード・アドバンテージを失う。
 特に《スターライト・ロード》無効化された場合は大きな損失となる。
 あまり見られないが、《おとり人形》に強制発動させられると損失は更に大きなものとなる。
 相手フィールドのカードが1枚も存在しない場合に暴発させられると、そのうち1枚は《おとり人形》対象に取れるが、コストとしてモンスター1体を強制的にリリースさせられた挙句、自分フィールドのカードを最低でも1枚は破壊するため、3:1交換となる。

 また、相手フィールドのカードが1枚しか存在しない場合、それを破壊するためには自分フィールドのカード破壊しなければならない。
 このカード必ず2枚のカード対象に取り、このカード自身は破壊対象に選ぶことができないためである。
 元々1枚だけという状況は自分が有利な場合がほとんどで、特に最近はシンクロ召喚エクシーズ召喚前に2体のモンスターが並ぶことも多く、発動条件を満たせる場面は多い。
 しかし、デュエル最序盤や終盤では盤面にあるのが《死者蘇生》した大型モンスター1体のみ、などという場面も無い訳では無い。

 鳥獣族サポートカードの中でも汎用性が高く、【ハーピィ】【BF】等の【鳥獣族】にはぜひ採用したい。
 鳥獣族モンスターを容易にサーチリクルートできる【サモンプリースト】【剣闘獣】とも相性が良い。

 一方で、鳥獣族モンスターを使用するデッキでも、ドラゴン族が主力の【ドラグニティ】の様に鳥獣族の割合が少なくなりやすいデッキ腐りやすく、相性は悪い。
 エクストラデッキに入る汎用性の高い鳥獣族は元々少なく、【鳥獣族】でも別の種族を扱う場面は珍しくないので、採用枚数は鳥獣族の割合でよく考えたい。

  • 宗教上の理由で「God」を避けるためか、英語名は「イカロス(イカルス)アタック」となっている。
    「イカロス(Icarus)」とは、ギリシャ神話に登場する男の名。
    父親である名工ダイダロスと共に迷宮ラビリュントスに閉じ込められ、蝋で固めた鳥の羽で空を飛んで脱出しようとしたが、太陽に近付きすぎたために熱で蝋の羽が溶け、そのまま墜落死した。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:フィールドにあるならば、モンスターカード魔法カード罠カードのどれでも対象に出来ますか?
A:はい、出来ます。
  「モンスターカード1枚+魔法&罠カードゾーン伏せカード1枚」という選び方もできます。

Q:対象をとる効果ですか?
A:はい、対象をとる効果になります。

Q:必ず2枚選択する効果ですか?
A:はい、必ず2枚を選択する効果です。
  1枚しか選択出来ない場合は発動出来ません。

Q:選択した2枚の内1枚が、効果解決時フィールドを離れていた場合どうしますか?
A:その場合は、残った1枚だけを破壊します。

Q:裏側表示鳥獣族リリースする事は出来ますか?
A:はい、できます。(08/06/25)

Q:自分フィールド上に《ゴッドバードアタック》表側表示鳥獣族、そしてその鳥獣族に装備された装備カードのみ存在しています。
  相手フィールド上には1枚のカードのみが存在しています。
  この状況で《ゴッドバードアタック》発動できますか?
A:手順として、鳥獣族モンスターリリースした後に対象となるカードを選択します。
  この場合、リリースした時点で装備カードフィールドからなくなり2枚選ぶ事が不可能となります。
  そのため、そもそも《ゴッドバードアタック》発動する事自体ができません。(09/08/12)

Q:ダメージステップ中に発動できますか?
A:いいえ、発動出来ません。(10/08/13)


Tag: 《ゴッドバードアタック》 通常罠

広告