これらのキーワードがハイライトされています:インフィニティ

《サイバー・ドラゴン・インフィニティ/Cyber Dragon Infinity》

エクシーズ・効果モンスター
ランク6/光属性/機械族/攻2100/守1600
機械族・光属性レベル6モンスター×3
「サイバー・ドラゴン・インフィニティ」は1ターンに1度、
自分フィールドの「サイバー・ドラゴン・ノヴァ」の上に重ねてX召喚する事もできる。
(1):このカードの攻撃力は、このカードのX素材の数×200アップする。
(2):1ターンに1度、フィールドの表側攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードの下に重ねてX素材とする。
(3):1ターンに1度、カードの効果が発動した時、
このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

 クロスオーバー・ソウルズで登場した光属性機械族エクシーズモンスター
 《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》の上に重ねてエクシーズ召喚できる召喚条件、自身のエクシーズ素材の数だけ攻撃力自己強化する永続効果表側攻撃表示モンスターを自身のエクシーズ素材にする起動効果、自身のエクシーズ素材コスト効果の発動無効にして破壊できる誘発即時効果を持つ。

 エクシーズ素材縛りが非常に厳しく、その条件を満たすモンスター下記の通り数が少ない上に汎用性が低い。
 よって、基本的には通常のエクシーズ召喚ではなく《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》に重ねる形でエクシーズ召喚する事になるだろう。
 《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》を出しやすいデッキとしては、【サイバー・ドラゴン】をはじめとして、《銀河戦士》を擁する【ギャラクシー】《先史遺産ゴールデン・シャトル》を擁する【先史遺産】などが挙げられる。
 変わったところでは、【セイクリッド】における《セイクリッド・ビーハイブ》【先史遺産】での《No.36 先史遺産−超機関フォーク=ヒューク》に対し《RUM−アストラル・フォース》を使用する方法もある。

 (1)の自己強化により、エクシーズ召喚直後の《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》に重ねた場合は攻撃力2700。
 そこから(2)の効果エクシーズ素材を増やせばさらに上昇する。
 上昇幅はそれほど大きくないものの、(3)の効果によりカードの効果除去されにくいため、数値以上の堅牢さを発揮する。

 (2)の効果《No.101 S・H・Ark Knight》によく似た攻撃表示モンスターエクシーズ素材として吸収する効果
 相手モンスター除去してアドバンテージを得るのみならず、エクシーズ素材が増える事で(1)の自己強化数値と(3)のコストも確保できる効果である。
 蘇生後などエクシーズ素材がない場合も使用でき、且つ表側攻撃表示であれば、特殊召喚された等条件を問わないため、(3)の効果コストを容易に確保できる。
 また、自分モンスターに対しても使用できるので、フィールドに残っている《サイバー・ドラゴン・コア》等を吸収して《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》融合素材にされる事を防ぐ事や、フィールドを空けるために使う事も可能。

 (3)の効果は、魔法・罠モンスター効果の全てに対応する万能なカウンター効果
 「モンスター効果の発動」「魔法・罠カードカードの発動」だけでなく「魔法・罠カード効果の発動」にも対応するので、既にフィールドにある永続カードにも対応できる。
 (2)の効果によりエクシーズ素材を補給できるため、1ターンに1度という点以外は隙はないといって良いだろう。

 強力な制圧力と除去能力を誇るモンスターであり、このカードのためだけに《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》を採用する価値は十分にあるだろう。
 ただし、一見して隙がないように見えるこのモンスターにも、大きく分けて3つの難点がある。

 第一に、《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》を経由する特殊召喚について。
 《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》からエクシーズ召喚できるのは1ターンに1度だけなので、複数体を並べて制圧を狙う場合は、通常のエクシーズ召喚を行うかターンをまたぐ必要がある。
 さらに、下地である《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》自体が何の耐性も持たない上に、狙いがあからさまである。
 《強制脱出装置》等の除去はもちろん、《エネミーコントローラー》で一時的にコントロール奪取されただけでも、エクシーズ召喚を妨害される。

 第二に、モンスター召喚ルール効果永続効果は(3)の効果によって対処できない。
 シンクロモンスターエクシーズモンスターは素材も含めて通常召喚召喚ルール効果による展開が可能であり、高攻撃力モンスターには戦闘破壊される。
 また、機械族の宿命と言うべきか、《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》《サイバー・ドラゴン》共々(3)の効果をすり抜けて出せるので天敵となる。
 《ナイト・ドラゴリッチ》に至っては、守備表示にされてしまうため(1)の自己強化が無意味となり、永続効果なので(3)で無効にもできず、いとも簡単に戦闘破壊されてしまう。

 第三に、エクシーズ素材がない状態でも(2)の効果によって補給できるので、コントロール奪取されたり相手フィールド蘇生された場合も苦戦を強いられる。
 特に《死者蘇生》は採用率が極めて高いので、このカードを出しただけで過信せず、《奈落の落とし穴》等による対策を打っておきたい。

  • インフィニティ(無限)」にちなんでか、イラストでは胴体が∞の記号のようになっている。
    自分の尾を飲み込んでいるウロボロスの姿は、無限性や永続性の象徴でもある。

関連カード

エクシーズ素材にできるレベル6の機械族・光属性モンスター

―自身の効果レベルの変更が可能な機械族光属性モンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》のエクシーズ召喚《神の宣告》無効になった場合、そのターンにもう1度《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》をエクシーズ召喚できますか?
A:《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》の上に重ねる方法で、《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》をエクシーズ召喚する事ができるのは1ターンに1度のみとなります。
  機械族光属性レベルモンスター×3を自分フィールドに揃えてエクシーズ召喚を行うのであれば、そのターンに行う事は可能です。 (15/02/13)

Q:《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》カード名を得ている《ファントム・オブ・カオス》の上に重ねて、《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》をエクシーズ召喚できますか?
A:できます。(15/02/13)

Q:(2)の効果の処理時に、自身がフィールド離れている場合、処理はどうなりますか?
A:適用されません。(15/02/13)

Q:手札墓地にて発動したカードの効果チェーンして、(3)の効果発動できますか?
A:できます。(15/02/13)

Q:ダメージステップに(3)の効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(15/02/14)

Q:ペンデュラム効果を持たない《閃光の騎士》などがペンデュラムゾーン発動された場合に、(3)の効果発動できますか?
A:《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》の効果は、魔法カードを表側で発動した場合においても、チェーンして発動し、その発動無効にする事ができます。
  したがって、《閃光の騎士》魔法カード扱いとしてペンデュラムゾーンにて発動した場合においても、その発動無効にして破壊する事ができます。(15/06/27)


Tag: 《サイバー・ドラゴン・インフィニティ モンスター ランク6 光属性 機械族 エクシーズモンスター 効果モンスター 特殊召喚モンスター エクストラデッキ 攻2100 守1600 サイバー・ドラゴン

広告