これらのキーワードがハイライトされています:ふぁくとりー

《スクラップ・ファクトリー/Scrap Factory》

フィールド魔法
このカードがフィールド上に存在する限り、
フィールド上の「スクラップ」と名のついたモンスターの
攻撃力・守備力は200ポイントアップする。
また、フィールド上に表側表示で存在する「スクラップ」と名のついたモンスターが
カードの効果によって破壊され墓地へ送られた時、
自分はデッキから「スクラップ」と名のついたモンスター1体を特殊召喚できる。
「スクラップ・ファクトリー」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。

 PRIMAL ORIGINで登場したフィールド魔法
 スクラップ全体強化と、効果破壊時にリクルートを行う効果を持つ。

 相手によって破壊されても効果発動できるが、能動的に使うなら自分から破壊したい。
 デッキから特殊召喚する候補の筆頭は、唯一起動効果アドバンテージが得られる《スクラップ・ゴーレム》だろう。

 《スクラップ・シャーク》召喚した後にこのカード発動自壊させ、《スクラップ・ゴーレム》特殊召喚すれば、一切の下準備なしに効果で落ちたチューナー蘇生して即座にシンクロ召喚できる。
 また、スクラップチューナー《スクラップ・スコール》破壊《スクラップ・ゴーレム》特殊召喚すれば次のターンへの準備を整えつつシンクロ召喚できる。
 同様に《スクラップ・オルトロス》などを使うことで召喚権も必要とせず、リクルートしてシンクロ召喚することも可能である。
 《スクラップ・コング》の場合、召喚すれば自壊し、リクルートした《スクラップ・ゴーレム》蘇生されれば合計攻撃力4700のラッシュが狙える。
 他にも《スクラップ・ドラゴン》効果で自身を破壊し、《スクラップ・ゴーレム》から《スクラップ・ツイン・ドラゴン》を出すことで相手フィールド上のカードを3枚処理することもできる。

 ただし、自壊という行為は自分フィールドを空にするリスクの高いものであり、自壊した後に《サイクロン》などでこのカード破壊されると、一気に厳しくなってしまう。
 《スクラップ・コング》などのこのカードがなければ著しく使いづらいカードを多く採用するのは控え、このカードに依存しなくとも戦えるようにしたい。
 また、「時」なのでタイミングを逃す場合もあり、特に「相手除去チェーンして《スクラップ・スコール》発動」でタイミングを逃すことは覚えておきたい。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップ中に効果を使用できますか?
A:いいえ、できません。(14/02/15)


Tag: 《スクラップ・ファクトリー 魔法 フィールド魔法

広告