これらのキーワードがハイライトされています:スポーア

スポーア/Spore》

チューナー(効果モンスター)
星1/風属性/植物族/攻 400/守 800
このカードが墓地に存在する場合、
このカード以外の自分の墓地の植物族モンスター1体を
ゲームから除外して発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚し、
この効果を発動するために除外したモンスターのレベル分だけ
このカードのレベルを上げる。
「スポーア」の効果はデュエル中に1度しか使用できない。

 THE SHINING DARKNESSで登場した風属性植物族下級モンスターチューナー
 墓地コストを払い、自身を墓地から特殊召喚し、自身のレベルを上昇する起動効果を持つ。

 自己再生効果を持つチューナーである《ゾンビキャリア》と違い、こちらは手札コストではなく墓地コストであり、かつコスト植物族と限定されている。
 植物族を入れる必要こそあるが、アドバンテージを失わずに自己再生し、シンクロ召喚に利用できる。
 更に除外したモンスターレベル分自身のレベルが上がるので、シンクロモンスターは勿論《コピー・プラント》等と組み合わせればエクシーズモンスターまで幅広くカバーできる。
 ただし、必ずレベル2以上になる点には注意が必要である。

 【植物族】だけでなく植物族がある程度投入されるデッキであればまず採用される。
 最盛期にはこのカード《グローアップ・バルブ》《ダンディライオン》《ローンファイア・ブロッサム》のみで出張セットを構成し、これらだけでシンクロ召喚を連打するといったデッキも少なくなかった。
 現在はシンクロ召喚に向かい風な環境であることもあってこれらの出張セットを見かけることは少なくなったが、【ジャンクドッペル】のようなデッキでは今なお採用する価値はある。

  • スポーア(spore)」とは、英語で「胞子」の意味である。
  • 自身の効果レベルが上がると、自身の体が大きくなる演出があった。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?また、除外するのはコストですか?
A:起動効果で、除外するのはコストです。(10/10/24)

Q:複数枚をデッキに入れている場合でも、このカードの効果デュエル中1度しか発動できませんか?
A:はい、《ドル・ドラ》と同様にデュエル中1度しか発動できません。(10/02/20)

Q:お互いデッキにこのカードが存在する場合、その効果自分相手を合わせて1度ですか?
A:いいえ、お互いに1度ずつ効果発動する事ができます。(10/02/21)

Q:このカードの効果発動《天罰》等で無効にされた場合、もう一度発動することは可能ですか?
A:いいえ、その場合デュエル中に再び効果発動する事はできません。(10/02/27)

Q:特殊召喚の後にレベルを上げる処理が入る扱いですか?
A:いいえ、特殊召喚からの一連の処理で、レベルが初めから上がった状態で特殊召喚される形になります。
  また、その特殊召喚したタイミングで《激流葬》発動することもできます。(10/02/22)

Q:《スキルドレイン》効果適用されているときに特殊召喚効果を使った場合、レベルはどうなりますか?
A:効果無効になるのでレベルは1になります。(10/05/23)

Q:レベルが上がった状態のこのカードが存在するときに《スキルドレイン》発動した場合、レベルはどうなりますか?
A:効果無効になるのでレベルは1になります。(10/05/23)

Q:植物族エクシーズモンスター除外して効果発動できますか?
A:いいえ、レベルを持たないエクシーズモンスター除外できません。(12/02/03)


Tag: スポーア チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星1 風属性 植物族 攻400 守800

広告