これらのキーワードがハイライトされています:チェーン

チェーンドッグ/Chain Dog》

効果モンスター
星4/地属性/獣族/攻1600/守1100
自分フィールド上に獣族モンスターが表側表示で2体存在する場合、
このカードを墓地から特殊召喚する事ができる。
この効果で特殊召喚したこのカードはフィールド上から離れた場合、
ゲームから除外される。
このカードをシンクロ素材とする場合、
獣族モンスターのシンクロ召喚にしか使用できない。

 STARSTRIKE BLASTで登場した地属性獣族下級モンスター
 自分フィールド獣族が2体存在する場合に自己再生する起動効果、自身を素材にするシンクロモンスター獣族に限定する効果外テキストを持つ。

 自己再生の条件から《ロックキャット》《金華猫》《極星獣タングニョースト》といった展開手段を持つ獣族と併用したい。
 《アサルト・ガンドッグ》同名カードを複数展開できるが、自爆特攻戦闘破壊される必要がある。
 《レスキューラビット》獣族モンスターを2体リクルートするのも有効であるが、通常モンスターが必要なため構築は限られる。
 また、事前に《召喚僧サモンプリースト》リクルートしてエクシーズ素材にしたり、《おろかな埋葬》などでこのカード墓地へ送っておくと良い。

 フィールド離れる除外されるデメリットは、エクシーズ素材にする事で回避できる。
 レベル4のモンスターを軸とした【獣族】ならば、《エアーズロック・サンライズ》等のサポートカードも併用でき無理の無い採用が見込める。
 《ビーストライカー》から《モジャ》リクルートする事でも条件を満たせ、その後もランク4のエクシーズ召喚に繋げられる【キング・オブ・ビースト】にも採用しやすい。
 他には、レベル獣族の多い【紋章獣】【スクラップ】とも相性が良い。

 シンクロ召喚する場合、種族を限定するデメリット及びレベルの高さから汎用性が高いのは《ナチュル・ビースト》程度である。
 そのため、高レベル獣族シンクロモンスターを軸とする【ライトニング・トライコーン】なら活躍できるだろう。
 《キーマウス》等から《サンダー・ユニコーン》《X−セイバー エアベルン》から《ボルテック・バイコーン》《極星獣グルファクシ》から《ライトニング・トライコーン》シンクロ召喚ができる。
 それぞれの展開手段とこのカード自己再生手段も噛み合っており、自然な流れでシンクロ召喚が狙えるだろう。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:この効果起動効果ですか?
A:はい、獣族が2体いる時に墓地発動できる起動効果です。(10/07/17)

Q:獣族が3体以上存在する場合、特殊召喚できますか?
A:いいえ、できません。(10/07/17)

Q:このカード起動効果効果解決時フィールド上に表側表示獣族モンスターが2体存在しなくなった場合、特殊召喚する効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(11/12/16)

Q:シンクロモンスターが制約されている効果無効にできますか?
A:いいえ、できません。(10/07/17)


Tag: チェーンドッグ》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 獣族 攻1600 守1100

広告