これらのキーワードがハイライトされています:フェーダー

《バトルフェーダー/Battle Fader》

効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻   0/守   0
(1):相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、その後バトルフェイズを終了する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、
フィールドから離れた場合に除外される。

 ABSOLUTE POWERFORCEで登場した闇属性悪魔族下級モンスター
 相手直接攻撃宣言時に自身を手札から特殊召喚し、バトルフェイズを終了させる手札誘発一連の誘発効果を持つ。
 また、それに付随する、フィールドから離れた自身を除外する残存効果を持つ。

 手札から発動でき、効果無効化されない限りほぼ確実に1ターンしのげるため、防御カードとしてはかなり優秀。
 《裁きの龍》《ブラック・ローズ・ドラゴン》など全体除去効果を持つモンスターが多い環境ではサイドデッキに用意するのもありだろう。
 《和睦の使者》《威嚇する咆哮》ならモンスター戦闘破壊から守る事もできるが、こちらはフィールドに出しておく必要がないため無効化されにくく、奇襲性が高いため相手の計算を狂わせる事ができる。
 《氷結界の龍 ブリューナク》相手フィールドを空にしてトドメを刺す事もあるが、これに対しては相手のみカードを消耗する形となり非常に効果的。

 効果を使った後にフィールドから離れた場合、除外される。
 発動条件が受動な上にハンデスなどを受ける恐れもある事から、必ずしも除外されるとは限らないため、《不死武士》《一族の結束》等との併用は難しい。
 また、《月の書》などで一度裏側表示になった場合やエクシーズ素材として利用した場合には墓地へ送られる。

 似た効果を持つ《速攻のかかし》と比較すると、特殊召喚によりフィールドモンスターを残せる分、各種素材やリリース要員としてアドバンテージ獲得に使える点で優る。
 ただし、効果特殊召喚を含む事は、《大天使クリスティア》《フォッシル・ダイナ パキケファロ》等の特殊召喚メタに封殺されてしまうという欠点でもあり、さらに《サイバー・ドラゴン》を始め、フィールドモンスターがいない事を条件としたカードも多いため、必ずしもメリットとは言えない。
 役割の近いカードは多いため、他のカードとの相性を考え、よく吟味して採用したい。

 比較的数の多いビートダウン型の1ターンキルへのメタカードではあるが、直接攻撃しか防げない、ステータスの低いモンスターを必ず残すなどの問題点もあるため、採用するデッキはある程度絞られる。
 リリース要員となれる【帝コントロール】直接攻撃を受けやすい【スピリット】相手攻撃を防ぎたい【フルバーン】が採用候補筆頭か。
 レベルチューナーを利用して《フォーミュラ・シンクロン》を挟めるため、【ラヴァル】などのシンクロ召喚デッキでも採用の余地がある。
 《和睦の使者》《威嚇する咆哮》《ゼロ・ガードナー》等、他の攻撃妨害カードと併せて【終焉のカウントダウン】に採用するのも良いだろう。
 《スキルドレイン》適用中でもバトルフェイズを終了できるため、《ゼロ・ガードナー》との相性もよく、前記の攻撃抑制を全て防がれた時の抑制にもなる。

  • 偽ジャック(ロボット)が破壊された時、散らばったデッキの中に入っているのが確認できる。
  • 効果発動時には振り子時計のように時を告げる鐘を鳴らす。
    これによってバトルフェイズの終了を宣告するということだろう。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:誘発効果です。(09/12/01)

Q:《王宮の弾圧》等でこのカード特殊召喚無効にされた場合バトルフェイズは終了しますか?
A:その場合バトルフェイズを終了する効果も適用されません。(09/11/15)

Q:このカード特殊召喚する効果チェーンして、《マインドクラッシュ》などを発動効果解決時にこのカード手札に存在せずに特殊召喚できなかった場合、バトルフェイズを終了する効果は適用されますか?
A:いいえ、その場合も適用されません。(09/12/09)

Q:《虚無魔人》フィールド上に存在している際、《バトルフェーダー》は効果発動する事は可能ですか?
A:《虚無魔人》効果適用されている場合、《バトルフェーダー》の効果発動する事はできません。(09/11/15)

Q:自分《カイザーコロシアム》適用しており、お互いフィールド上に1体ずつのモンスターが存在しています。
  この時、自分モンスターが何らかの効果によって相手プレイヤーへの直接攻撃を行った場合、相手は《バトルフェーダー》の効果発動する事は可能ですか?
  可能な場合、バトルフェイズは終了されるのですか?
A:その場合、相手は《バトルフェーダー》の効果発動する事はできません。(09/11/15)

Q:《スキルドレイン》によってこのカードバトルフェイズを終了する効果無効になりますか?
A:特殊召喚バトルフェイズを終了させる効果一連の処理なので、《スキルドレイン》によって無効にはなりません。(09/11/14)

Q:特殊召喚の処理とバトルフェイズを終了させる処理は同時ですか?
A:同時ではありません。なお、《激流葬》等はタイミングを逃す事になり発動できません。(09/12/09)

Q:《スキルドレイン》によってフィールドを離れた時に除外される効果無効になりますか?
A:無効になりません。(09/12/01)

Q:手札に《バトルフェーダー》が複数枚ある場合に、直接攻撃宣言された時に同一チェーン上で複数回発動して《バトルフェーダー》を複数特殊召喚できますか?
A:いいえ、できません。(09/12/09)

Q:手札にこのカード《血涙のオーガ》が存在する時に、相手が2回目の直接攻撃宣言した時に同一チェーン上で複数枚発動して両方とも特殊召喚できますか?
A:いいえ、できません。発動できるのはどちらか1枚のみになります。(09/12/09)

Q:《サベージ・コロシアム》《レッド・デーモンズ・ドラゴン》が存在する時に、他のモンスター直接攻撃を行い、このカード特殊召喚されバトルフェイズが終了した場合、《サベージ・コロシアム》等の効果エンドフェイズ時にそのモンスター破壊されますか?
A:いいえ、攻撃宣言自体は無効にされたわけではありませんので、破壊されません。(10/05/25)

Q:自分モンスター相手攻撃を行いました。
  この時点では優先権自分にあるので、《サイクロン》発動しました。
  相手は、この《サイクロン》(スペルスピード2)にチェーンして《バトルフェーダー》(スペルスピード1)の効果発動できますか?
A:はい、可能です。(13/09/25)

Q:相手直接攻撃宣言時、自分《八汰烏の骸》発動しました。
  相手チェーン確認後、自分は《バトルフェーダー》の誘発効果チェーンして発動する事はできますか?
A:その場合、チェーン2でこのカードの効果発動する事ができます。(13/09/30)

Q:相手直接攻撃宣言時、自分チェーン1として《異次元エスパー・スター・ロビン》または《モンスターBOX》効果の発動を行いました。
  自分チェーン2としてクイックエフェクト発動した上で、チェーン3としてこのカードの効果発動する事はできますか?
A:その場合、チェーン3としてこのカードの効果発動できます。(13/09/30)

Q:バトルステップで巻き戻しが起こり、相手直接攻撃を選択しました。この時、《バトルフェーダー》の効果発動することができますか?
A:戦闘の巻き戻しが発生してプレイヤー直接攻撃を行う場合、攻撃宣言時ではないので《バトルフェーダー》の効果発動する事はできません。(10/06/07)

Q:特殊召喚した《バトルフェーダー》を《ヒーロー・マスク》効果《E・HERO ネオス》にした場合、コンタクト融合融合素材としてデッキに戻せますか?
A:戻せません。(10/08/04)

Q:自身の効果によって特殊召喚されたこのカード《シー・アーチャー》効果で装備しました。
  その後フィールドを離れた場合除外されますか?
A:はい、除外されます。(10/06/19)

Q:《ヴァイロン・シグマ》攻撃して効果発動した場合、それにチェーンして手札から《バトルフェーダー》の効果発動することはできますか?
A:《ヴァイロン・シグマ》攻撃宣言時に発動する事ができる効果チェーンして、《バトルフェーダー》の効果発動する事ができます。(10/07/12)

Q:除外される効果チェーンブロックを作りますか?
A:いいえ、作りません。(10/09/08)

Q:効果の処理が終わったタイミングはバトルフェイズエンドステップですか?それともメインフェイズ2ですか?
A:効果適用された場合、バトルフェイズエンドステップに移行します。(10/11/08)

Q:このモンスターの、自身の効果による特殊召喚が成功した時《地獄の暴走召喚》発動できますか?
A:できません。(12/02/29)


Tag: 《バトルフェーダー 効果モンスター モンスター 星1 闇属性 悪魔族 攻0 守0

広告