これらのキーワードがハイライトされています:フォーミュ

フォーミュラ・シンクロン/Formula Synchron》

シンクロ・チューナー・効果モンスター
星2/光属性/機械族/攻 200/守1500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体
(1):このカードがS召喚に成功した時に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
(2):相手メインフェイズに発動できる。
このカードを含む自分フィールドのモンスターをS素材としてS召喚する。

 STARSTRIKE BLASTで登場した光属性機械族シンクロモンスターチューナー
 シンクロ召喚に成功した時にドローできる誘発効果と、相手メインフェイズにもシンクロ召喚を行える誘発即時効果を持つ。

 シンクロモンスターでありチューナーでもある、いわゆるシンクロチューナーの開祖。
 レベルが低く《アンノウン・シンクロン》綿毛トークン等の組み合わせで簡単に出せる上、便利なドロー効果を持つ事からシンクロチューナーの中でも随一の使い勝手の良さを誇る。
 シンクロチューナーを必須とする、いわゆる「アクセルシンクロモンスター」はもちろん、それ以外のシンクロモンスターとも多彩なコンボが組める。
 特に《シューティング・スター・ドラゴン》シンクロ召喚には、レベルの関係上ほぼ必須のチューナーとなっている。

 (1)の効果シンクロ召喚時にドローできるため、損失の無いシンクロ召喚が可能。
 《TG ハイパー・ライブラリアン》を先にシンクロ召喚しておく事で、このカードと併せ合計2枚のドローが可能。
 更にこのカード自体が次のシンクロ召喚の布石となるため、連続でのドローを狙える。
 また、3体以上で高レベルシンクロ召喚を行う際、このカードを1度経由する事で1枚ドローできる。
 一度このカードを経由することで《貪欲な壺》や、《貪欲な瓶》発動条件が満たしやすくなるのは中々に大きい。

 (2)は相手ターンスペルスピード2でシンクロ召喚できるという特殊な効果
 ただ、自分ターンシンクロ召喚した方がそのシンクロモンスター効果をすぐ使用でき、かつ攻撃まで行えるため、無理に狙うべき効果ではない。

 この効果の真価は、シンクロ召喚時に除去効果発動する《月華竜 ブラック・ローズ》《獣神ヴァルカン》に繋げられる状態で相手ターンを回す事で、相手の行動を大きく制限できる点にある。
 また《蒼眼の銀龍》相手ターンシンクロ召喚すれば、耐性の持続期間を延長できる。
 しかし、(2)の効果メインフェイズしか使えないため、相手の行動よりも先にシンクロ召喚するのはほぼ不可能である。
 チェーン2以降で《ブラック・ローズ・ドラゴン》《氷結界の龍 トリシューラ》シンクロ召喚した場合、誘発効果タイミングを逃す点には注意が必要。
 無理にチェーンせず、相手フェイズの移行直前などを狙ってシンクロ召喚するとよい。

 直前にセットした罠カード相手ターンにこのカード蘇生したり、罠モンスターとのシンクロ召喚を行うといった不意打ちも考えられる。
 他には、そのターン中のシンクロ召喚が制限される《バラエティ・アウト》《ネクロ・リンカー》デメリットを回避するという使い道が挙げられる。
 エンドフェイズまでフィールドを離れる《スターダスト・ドラゴン》効果の性質上、相手ターンにもシンクロ召喚が行える効果は相性がいいと言える。
 自分ターンバトルフェイズスキップする、《シンクロ・マテリアル》との相性も良い。

 なお、低ステータスゆえに蘇生カードは豊富である。
 《シンクロン・エクスプローラー》《リミット・リバース》や、チューナー同士ではあるが《ジャンク・シンクロン》《デブリ・ドラゴン》に対応している。
 蘇生時はドローできないが、レベルチューナーが必要な時や、後述の相手ターンシンクロ召喚できる効果を活かす時には有効。

  • 多数の“初”となるカードである。
  • しかし、そんな配慮がなされた英語版ですら、国内では凄まじい高レートで取引されていた。
  • フォーミュラ(Formula)」とは、英語で「規律」「定式」「打開策」といった意味である。
    「F1」の「F」はこの「フォーミュラ」の略であり、このカード自体もF1のレーシングカーのような姿をしている。
  • 「遊星vs太郎」戦では《フォーミュラーシンクロン》、第130話では《フォミュラ・シンクロン》と、字幕が間違っている事が多い。
  • 手足のついたレーシングカーの様な姿は《ターボ・シンクロン》と共通している。
    自身は攻撃をした事がないのでタイヤを使用していないが、「遊星vsホセ」戦・「遊星vsアンチノミー」戦・「遊星vsジャック」(4戦目)でシンクロ召喚された時にタイヤが回転しており、火花を散らしていた。
  • コナミのゲーム作品において―
    アニメでは攻撃の機会がなかったカードだが、DUEL TERMINALでは「タイヤで相手の前まで走行し、右手で殴る」という攻撃モーションである。
  • TAG FORCE SPでは、権現坂にシンクロ召喚時の専用ボイスが存在する。
    権現坂が信条とする「不動のデュエル」と、このカードの元祖の使い手である不動遊星をかけたネタだろうか。
    シンクロ召喚時の口上は、前半が「集いし願いが新たな不動のデュエルの地平を拓く!」となった彼専用のものである。
    このカードは彼の使用するデッキレシピのいずれにも投入されておらず、このボイスを聞くためには、ボイステストを行うか、彼のパートナーデッキに投入してシンクロ召喚させなければならない。

関連カード

シンクロチューナーの一覧はチューナーを参照

相手ターンシンクロ召喚を行う事ができるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカードは、チューナーかつシンクロモンスターの両方として扱いますか?
  これらに対応する効果等も使えますか?また効果モンスター扱いですか?
A:チューナーかつシンクロモンスターであり、これらに対応する効果等も使え、効果モンスターです。(10/07/17)

Q:このカードは、シンクロモンスターチューナーと指定されてないシンクロモンスターシンクロ召喚に使用することは可能ですか?
A:可能です。(10/07/17)

Q:効果分類は何ですか?
A:ドロー効果誘発効果シンクロ召喚を行う効果誘発即時効果です。(10/07/17)

(2)の効果について

―効果処理の手順について
Q:相手ターンシンクロ召喚する効果チェーンブロックは作られますか?
  また、作られる場合相手ターンカードの効果発動した時にそれにチェーンをしてシンクロ召喚できますか?
A:はい、誘発即時効果チェーンブロックが作られます。
  またカードの効果発動した時にそれにチェーンをしてシンクロ召喚できます。(10/07/17)

Q:このカード誘発即時効果チェーン1で発動した場合、シンクロ召喚を行うタイミングはこのカード効果処理中ですか、それとも効果処理終了直後ですか?
A:効果処理終了後にすぐにシンクロ召喚を行います。(12/09/12)

Q:相手ターンシンクロ召喚する場合、シンクロ素材とするモンスター墓地へ送るのは、発動時、解決時どちらですか?
A:効果解決時に自分フィールドモンスターシンクロモンスターレベルと同じになるようにシンクロ素材として墓地に送り、シンクロモンスターシンクロ召喚します。(10/07/17)

Q:このカード効果によるシンクロ召喚チェーンブロックを作りますか?
A:いいえ、作りません。(12/11/25)

無効について
Q:この効果による相手ターン中のシンクロ召喚《神の宣告》無効にできますか?
A:チェーン1のタイミングでこの効果発動し、シンクロモンスターシンクロ召喚した場合なら、そのシンクロモンスター《神の宣告》発動することが可能です。(10/07/17)

Q:この効果による相手ターン中のシンクロ召喚《神の警告》無効にできますか?
A:《神の警告》の場合、この効果発動に対しチェーンすることが可能です。
  そのため、シンクロ召喚もできずこのカードが破壊されます。
  勿論、シンクロモンスターシンクロ召喚した場合にも、《神の警告》を発動することができます。(10/07/17)

Q:《スキルドレイン》適用中、相手メインフェイズシンクロ召喚できますか?
A:いいえ、無効になりできません。(10/07/17)

フェイズについて
Q:相手メインフェイズ1だけでなく、メインフェイズ2でも使用することができますか?
A:《フォーミュラ・シンクロン》の効果は、相手ターンメインフェイズ1またメインフェイズ2どちらでも発動する事ができます。(10/07/17)

Q:相手メインフェイズ終了時にこのカードの効果シンクロ召喚してシンクロモンスター特殊召喚された場合、相手バトルフェイズエンドフェイズに移行せずメインフェイズを続行することは可能ですか?
A:はい、可能です。(10/07/19)

不発について
Q:このカードチェーンされシンクロ素材除去されて、想定していたシンクロ召喚が行えない場合、シンクロ召喚しなければなりませんか?
A:しなければなりません。効果解決時に自分フィールドに《フォーミュラ・シンクロン》のみが存在しシンクロ召喚を行うことができない場合は不発となり、《フォーミュラ・シンクロン》は墓地に送りません。(10/07/17)

Q:このカードチェーンされこのカードやシンクロ素材《月の書》を使われ裏側守備表示になった場合、その素材でシンクロ召喚を行うことができなくなりますか?
A:はい、行うことができません。(10/07/23)

Q:このカード誘発即時効果発動しそれにチェーンをして《エネミーコントローラー》発動され、このカードコントロール奪取された場合、シンクロ召喚不発になりますか?
A:不発になります。(11/01/03)

Q:このカードチェーンされシンクロ素材除去されて、シンクロ召喚が行えない場合、シンクロ召喚できないことを証明するために相手にエクストラデッキ公開する必要がありますか?
A:ゲームのルールとして確認が必須であるとは定めておりません。
 まずはプレイヤー同士でどのように対戦を進行するか話し合い、解決できない場合はジャッジの判断を仰いでください。(16/06/20)

Q:このカード誘発即時効果発動しそれにチェーンをして《サンダー・ブレイク》《月の書》等を発動された場合、チェーンをしてこのカード効果をもう1度発動できますか?
A:いいえ、同一チェーン上でこのカード誘発即時効果を複数回発動することはできません。(10/07/28)

シンクロ召喚に成功した後について
Q:相手ターンでシンクロ召喚した場合、シンクロ召喚時に発動できる効果は使用できますか?
  チェーン2でシンクロ召喚した場合、《ブラック・ローズ・ドラゴン》等のシンクロ召喚時に発動する任意効果発動できますか?
  《ミスト・ウォーム》等のシンクロ召喚時に発動する強制効果発動できますか?
A:シンクロ召喚時に発動する効果自体を発動する事は可能です。 ただし、チェーン2でシンクロ召喚した場合、《ブラック・ローズ・ドラゴン》等のシンクロ召喚時に発動できる任意効果タイミングを逃し発動することはできません。
  しかし、《ミスト・ウォーム》等の強制効果チェーン処理終了後に効果発動されます。(10/07/18)


Tag: フォーミュラ・シンクロン》 シンクロモンスター チューナーモンスター 効果モンスター エクストラデッキ モンスター 星2 光属性 機械族 攻200 守1500 シンクロン

広告