これらのキーワードがハイライトされています:ヘッジホッグ

《ボルト・ヘッジホッグ/Quillbolt Hedgehog》

効果モンスター
星2/地属性/機械族/攻 800/守 800
(1):自分メインフェイズに発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果は自分フィールドにチューナーが存在する場合に発動と処理ができる。
この効果で特殊召喚したこのカードは、
フィールドから離れた場合に除外される。

 THE DUELIST GENESISで登場した地属性機械族下級モンスター
 自分フィールドチューナーが存在する場合に自己再生できる起動効果を持つ。

 自己再生の条件は容易だが、効率よく使うためにも、このカード墓地へ送りつつ、チューナーを用意する工夫が求められる。
 《クイック・シンクロン》《音響戦士ギータス》《ジェット・シンクロン》等の手札コストとして最適であり、スムーズにシンクロ召喚へ繋げられる。
 除外された後も《異次元からの埋葬》等で、墓地に戻すことで繰り返し効果を使用できる。

 特殊召喚に特定のタイミングがなくその条件も軽いため、アドバンス召喚等のリリースにも使える。
 《王宮の鉄壁》があれば除外されずに何度もリリース先を用意することが可能。
 《キャノン・ソルジャー》での連続射出《王虎ワンフー》《サイバー・サモン・ブラスター》等、さまざまなコンボが考えられる。
 このギミックを取り入れたデッキ【ボルト・ヘッジホッグ1キル】である。

 また、自己再生後にエクシーズ素材として使った場合でも除外される残存効果リセットされ、それが取り除かれる際には墓地へ送られる
 《王宮の鉄壁》がなくとも再び自己再生できるようになり、チューナーが存在する限り繰り返しランク2のエクシーズ召喚ができる。
 このため【ボルト・ヘッジホッグ1キル】に使える他、《ギャラクシー・ウェーブ》による1ターンキルも可能。
 高攻撃力《No.100 ヌメロン・ドラゴン》を用意することも可能であり、詳しい方法は《No.45 滅亡の予言者 クランブル・ロゴス》を参照。

 総じてシンクロ召喚以外にも様々な用途が見出せる、コンボ性の高いモンスターであるが、その分単体だと弱小モンスターとして腐ってしまうのが難点なので、素早くコンボを決められるように工夫したい。

  • 英語名にある「Quill」は、ハリネズミやヤマアラシの針を指す言葉である。
    針がボルトのハリネズミということだろう。
  • アニメでのイラストは背景の色が薄く、紫色に近いものだった。
  • 「遊星vsハラルド」戦において遊星が使用した魔法カードSp(スピードスペル)−オーバー・チューン》のイラストに描かれている。
  • アニメの設定資料では、背中のボルトは「(基本)28本」と明記されている。

関連カード

フィールドから離れる場合、除外される効果を持つモンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:自身の効果によって特殊召喚されたこのカードを《亜空間物質転送装置》除外すると、帰還しなくなりますか?
A:はい、帰還せず除外されたままになります。(08/05/09)

Q:《王宮の鉄壁》適用中に、自身の効果墓地から特殊召喚できますか?
A:はい、できます。(08/06/22)

Q:《王宮の鉄壁》適用中に、自身の効果特殊召喚した《ボルト・ヘッジホッグ》がフィールド上を離れた場合、どの様に処理を行いますか?
A:除外されず、墓地手札等本来送られるべき場所に送られます。(08/06/22)

Q:チューナーモンスターの召喚に成功したタイミングのチェーン1でこのカードの効果発動できますか(優先権を行使して特殊召喚できますか)?
A:いいえ、できません。(10/04/24)

Q:自身の効果特殊召喚した後、《ガチガチガンテツ》エクシーズ素材になった場合、そのモンスター効果でこのカードはゲームから除外されますか?
A:その場合はゲームから除外される事なく、墓地へ送られます。(11/03/20)

Q:墓地の《ボルト・ヘッジホッグ》の効果発動し、それにチェーンして相手が《月の書》発動しました。
逆順処理でこの《月の書》効果によりフィールド表側表示チューナーが存在しなくなった場合、効果発動した《ボルト・ヘッジホッグ》は特殊召喚されますか?
A:《ボルト・ヘッジホッグ》は自身の効果特殊召喚する事はできなくなります。(14/10/22)


Tag: 《ボルト・ヘッジホッグ 効果モンスター モンスター 星2 地属性 機械族 攻800 守800

広告