これらのキーワードがハイライトされています:呼び声

《リビングデッドの()(ごえ)/Call of the Haunted》

永続罠
(1):自分の墓地のモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
そのモンスターを攻撃表示で特殊召喚する。
このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。
そのモンスターが破壊された時にこのカードは破壊される。

 Curse of Anubis −アヌビスの呪い−で登場した永続罠
 自分墓地モンスター1体を特殊召喚する効果を持つ。

 フリーチェーンであり、蘇生させたモンスターの用途にも特別な制限が存在せず、蘇生カードの中でも扱いやすいカードである。

 第一の使い方は、ステータスの高いモンスター効果の有効なモンスター蘇生であろう。
 同様に強力な蘇生カードである《死者蘇生》との違いは、フリーチェーンバトルフェイズ相手ターン特殊召喚できる事にある。
 例えば、相手罠カード発動チェーンして、《人造人間−サイコ・ショッカー》特殊召喚するといった芸当ができる。
 自分バトルフェイズに使用する場合、フィールド上のモンスター攻撃し、攻撃反応型の罠カードがないと確認できれば更に蘇生して追撃したり《聖なるバリア −ミラーフォース−》等で破壊された後、改めて蘇生し再度攻撃する事ができる。
 相手ターンでの使用は、タイミングを見計らって《大天使クリスティア》《ライオウ》等を蘇生する事で、特殊召喚等を牽制できる。
 また、相手バトルフェイズ中に攻撃に対して発動する事で、直接攻撃を防ぐといった戦術も非常に有効である。
 第8期以降に増えた同名カードを含めて1ターンに1度しか効果発動できないモンスターを、相手エンドフェイズ特殊召喚することで、より多く効果を使えるようにするという手もある。

 第二の使い方は、リリース要員、シンクロ素材エクシーズ素材そしてリンク素材を揃える事であろう。
 前のターンから準備が必要という罠カードの特性がやや弱点だが、相手ターンエンドフェイズ蘇生する事で、自分ターンになってから表示形式を変更する事もできる。
 またこの方法は、スタンバイフェイズ効果発動するカードにも応用できる。
 例えば、《サイレント・ソードマン LV3》蘇生すれば、次の自分ターンですぐに《サイレント・ソードマン LV5》に進化でき、《E・HERO オーシャン》《E・HERO フォレストマン》等を蘇生させればサルベージを安全に行える。
 リンク2以上のリンクモンスター蘇生し、蘇生したモンスターリンク素材にすることでリンク召喚の負担を軽減できるのは《戦線復帰》にはない利点である。

 第三の使い方は、《サイクロン》等でこのカード破壊される際、チェーンして発動し、「特殊召喚時の強制効果場合の任意効果がある、或いは破壊された時に効果発動するモンスター」を特殊召喚する事である。
 逆にこのカード《サイクロン》チェーンされて狙いを潰される事もよくあるので注意が必要である。

 このカードフィールドから離れると、連動して蘇生したモンスター破壊されるデメリットを持つ。
 これは、上記の第三の使い方の他、《E・HERO ワイルドマン》等の、罠カード効果を受けないモンスターであれば完全蘇生をさせる事もできる。
 また、蘇生したモンスター《月の書》等で裏側表示にする、または《亜空間物質転送装置》等で一時的に除外された場合、因果関係が断たれ、完全蘇生させる事もできる。
 それを自身の効果で行えるサイクル・リバースモンスターとも相性が良い。
 その他、《王宮のお触れ》等によってこのデメリット無効にすることもできる。

 永続罠故にフィールドに意味もなく残り続ける事もある。
 蘇生したモンスターが、「リリース」・「エクシーズ素材になる」・「墓地へ送る効果」・「バウンス効果」・「破壊せずに除外する効果」等でフィールド離れた場合、このカードフィールドに残り続ける。
 このカードの発動時に《D.D.クロウ》等で指定した蘇生対象モンスター墓地から消えた場合も、不発により残り続ける。

 このカードフィールドに意味もなく残り続ける点は、状況によってメリットにもデメリットにもなる。
 デメリットは、魔法&罠ゾーンを圧迫する事である。
 特に、《冥府の使者ゴーズ》《黄泉ガエル》等の特殊召喚効果を阻害するのは痛い。
 メリットとしては、このカード《霞の谷のファルコン》等でバウンスし、もう一度使用できる事が挙げられる。
 このバウンスによる再利用に特化したデッキが、【セルフ・バウンス】である。

  • 現役時代の《早すぎた埋葬》、そして類似効果《死者蘇生》は、よほどデッキとの相性が悪くなければ100%に近い投入率だった。
    それらに比べると「発動までが遅い」・「応用がききにくい」等、扱い易さに劣ると見なされがちである。
  • 2009年のVジャンプカードフェスタでは、漫画版遊戯王5D'sの作者である佐藤雅史氏が、禁止カード(8月29日時点)であるはずのこのカードを使用していた。
    そして、その事をギャラリーの小学生に突っ込まれてしまったというエピソードをコミックス内に載せている。
  • 「リビングデッド(Living Dead)」とは、「生きる死体」の意味。
    原作では「生ける屍」というルビがあった。
  • アニメ56話でレアハンターがデュエリストと所有レアカードをパソコンで見ていた際、このカードがゴースト骨塚のレアカードとして載っており、この時も魔法カードだった。
  • アニメGXでは《死者蘇生》禁止カード化に伴い、十代、万丈目、亮、翔、明日香、吹雪等、様々なデュエリストが使用している。
    他には、斎王、レイの手札にあるのが確認できる。
    戦況の立て直しから追撃まで幅広く使用され、その汎用性の高さを遺憾なく発揮した。

関連カード

―類似効果を持つ永続罠

―名前関連

収録パック等

FAQ

Q:このカードの効果特殊召喚したモンスター裏側表示にしてからこのカード破壊した場合、その裏側表示モンスター破壊されますか?
A:いいえ、破壊されません。そうなった場合は、このカードモンスターの関係が断ち切られます。

Q:このカードモンスター特殊召喚した後に《王宮のお触れ》発動すると、モンスター破壊されますか?
A:無効化されると関係が断ち切られる為、モンスター破壊されません。
  無効化されている最中にこのカード破壊された場合も、モンスター破壊されません。

Q:このカードモンスター特殊召喚した後に、《王宮のお触れ》発動されました。
  《王宮のお触れ》適用中に、《大嵐》発動されました。
  蘇生したモンスター破壊されますか?
A:《王宮のお触れ》と《リビングデッドの呼び声》が同時に破壊された場合、モンスター破壊されません。(07/10/29)

Q:このカードモンスター特殊召喚した後に、《王宮のお触れ》発動されました。
  《王宮のお触れ》発動された次のターンに、《王宮のお触れ》破壊しました。
  その後でこのカード破壊した場合、蘇生したモンスター破壊されますか?
A:はい、モンスター破壊されます。
  途中で無効化されていたとしても、破壊される時点で有効であるならば関係は適用されます。(07/03/28)

Q:《人造人間−サイコ・ショッカー》を《リビングデッドの呼び声》で蘇生させた後、《大嵐》でこのカード破壊したらどうなりますか?
A:《人造人間−サイコ・ショッカー》は《リビングデッドの呼び声》の効果無効化しているので、《人造人間−サイコ・ショッカー》破壊されずにフィールドに残ります。

Q:《人造人間−サイコ・ショッカー》を《リビングデッドの呼び声》で蘇生させた後、《人造人間−サイコ・ショッカー》破壊したらどうなりますか?
A:《人造人間−サイコ・ショッカー》破壊された直後に罠無効永続効果は解除されるので、《リビングデッドの呼び声》の効果も有効になり《リビングデッドの呼び声》が破壊されます。(07/04/28)

Q:《リビングデッドの呼び声》で蘇生したモンスター《亜空間物質転送装置》発動した場合、そのモンスターと《リビングデッドの呼び声》との関連性は切れますか?
A:はい。そのモンスターと《リビングデッドの呼び声》との関連性はなくなります。

Q:《神禽王アレクトール》効果無効化したこのカード手札戻した場合、このカード蘇生したモンスター破壊されますか?
A:いいえ、《神禽王アレクトール》によって無効化されたこのカードフィールド離れても、蘇生したモンスター破壊されません。(09/08/27)

Q:《スキルドレイン》適用中に、《リビングデッドの呼び声》で《人造人間−サイコ・ショッカー》特殊召喚しました。
  この時、《大嵐》が発動され、《スキルドレイン》と《リビングデッドの呼び声》が同時に破壊される場合、《リビングデッドの呼び声》の効果《人造人間−サイコ・ショッカー》破壊されますか?
A:破壊されます。(12/02/01)

Q:このカード《異次元竜 トワイライトゾーンドラゴン》蘇生させた後、《大嵐》でこのカード破壊したらどうなりますか?
 (モンスター破壊する効果対象をとる効果として扱われますか?)
A:フィールド離れた時の効果対象をとる効果として扱われないので、《異次元竜 トワイライトゾーンドラゴン》は自身の効果によって破壊されずにフィールドに残ります。(13/09/27)

Q:相手が、自分の《リビングデッドの呼び声》に対して《サイクロン》発動しました。これにチェーンしてその《リビングデッドの呼び声》を自分墓地《E・HERO シャドー・ミスト》を対象に発動しました。
チェーン処理終了後、《E・HERO シャドー・ミスト》特殊召喚された後破壊され墓地に送られますが、《E・HERO シャドー・ミスト》効果発動できますか?
出来る場合、どちらの効果発動するか選べますか?
A:はい、発動でき、(1)か(2)どちらの効果発動するか選ぶことが出来ます。(15/07/12)


Tag: 《リビングデッドの呼び声 永続罠

広告