これらのキーワードがハイライトされています:れすきゅーき

レスキューキャット/Rescue Cat》

効果モンスター(制限カード)
星4/地属性/獣族/攻 300/守 100
「レスキューキャット」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。
デッキからレベル3以下の獣族モンスター2体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、エンドフェイズに破壊される。

 FLAMING ETERNITYで登場した地属性獣族下級モンスター
 リクルーターの1体であり、コストとして自身を墓地へ送る事で、レベル3以下の獣族モンスター効果無効にしてデッキから特殊召喚する起動効果を持つ。

 このカード1枚でレベル2〜6のシンクロ召喚ランク1〜3のエクシーズ召喚、或いは素材2体以下のリンク召喚を行える高い汎用性を持つ。
 《ナチュル・ビースト》《No.64 古狸三太夫》《ミセス・レディエント》のような縛りのあるモンスターもこのカード1枚から出す事ができる。

 獣族自体がレベル4以上のサーチリクルートをあまり得意としないため、制限カードのこのカード自身を呼び込む手段が課題となる。
 リクルート先にレベル地属性を多く積むなら《トランスターン》【忍者】系であれば《忍法 変化の術》が使える。
 《EMディスカバー・ヒッポ》を呼べる《超カバーカーニバル》《フュージョニスト》を呼べる《簡易融合》汎用性が高く召喚権も必要なく、《トランスターン》と併用しやすい。
 自爆特攻を主戦術に織り込めるなら《ダメージ・コンデンサー》によるリクルート機会も少なくない。
 また獣族《エアーズロック・サンライズ》など蘇生カードが豊富であるので《マスマティシャン》等で墓地へ送り蘇生するという手もある。
 このカードを先に引いてしまった場合でも、このカードリクルートを共有できる《ペロペロケルペロス》などを墓地へ送ることができるので墓地を肥やすカードが無駄になることも少ない。
 それらを採用しにくい場合、《召喚僧サモンプリースト》《巨大ネズミ》のような汎用リクルーターを頼りがちになるだろう。

  • 海外のTurbo PackではなんとBooster OneとBooster Threeに2回も収録されている。
    しかも、2回目の収録ではレアリティが上昇しており、このカードが時を経てトーナメントレベルでメジャーなカードに登り詰めた事を表していると言える。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXにおいて「ジュンコ&ももえvsソムリエ・パーカー」でももえが使用。
    途中経過が省略されていたため詳細は不明だが、劇中では特に見せ場もなく魔法カード《神々の盃》で作られた「ワイントークン」にやられてしまった。
    3年目の異世界編(第2階層)では森に生息しており、《デビルドーザー》に襲われているのが確認できる。
    また、4年目の黒い影によって不具合が起きて回収されたカードの内の1枚でもある。
  • アニメZEXALにおける「遊馬vsキャッシー」戦にてキャッシーが使用した永続魔法《猫集会》のイラストに描かれている。

関連カード

デッキから2体(まで)のモンスター特殊召喚するカード

―《レスキューキャット》の姿が見られるカード

特殊召喚可能モンスター一覧

このカードを使用する代表的なデッキ

※以下のデッキに投入されていたのはエラッタ前のことである。

収録パック等

FAQ

Q:自分の《レスキューキャット》を相手コントロールしている場合、相手はその効果発動する事ができますか?
A:はい。できます。(05/03/18)

Q:《レスキューキャット》の効果モンスター特殊召喚した場合、《地獄の暴走召喚》発動する事はできますか?
A:いいえ。できません。
 《地獄の暴走召喚》テキストに記述してあるように「1体の特殊召喚に成功した」時のみ発動可能だからです。

Q:デッキに1体しか特殊召喚可能なモンスターが居ない時、効果発動する事ができますか?
A:できません。(08/06/30)

Q:効果解決時デッキ特殊召喚可能なモンスターが1体だけになった場合、そのモンスターを選択して特殊召喚されますか?
A:いいえ、特殊召喚されません。(10/05/23)

Q:《レスキューキャット》の効果特殊召喚したモンスター裏側守備表示に変えた場合はエンドフェイズ自壊しますか?
A:いいえ、破壊されません。(08/10/26)


Tag: レスキューキャット》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 獣族 攻300 守100

広告