これらのキーワードがハイライトされています:分かれ道

運命(うんめい)()かれ(みち)/The Paths of Destiny》

通常罠
お互いのプレイヤーはそれぞれコイントスを1回行い、
表が出た場合は2000ライフポイント回復し、
裏が出た場合は2000ポイントダメージを受ける。

 POWER OF THE DUELISTで登場した通常罠
 お互いコイントスをして表が出たらライフゲイン、裏が出たらダメージを受ける効果を持つ。

 発生する組み合わせは、以下の4パターンである。

  1. 自分ライフ増・相手ライフ
  2. 自分ライフ増・相手ライフ
  3. 自分ライフ減・相手ライフ
  4. 自分ライフ減・相手ライフ

 最も望ましいのは一組目、望ましくないのは四組目だろう。
 《ダイス・ポット》程ではないが、これ1枚で4000ものライフ・アドバンテージを生み出す。
 そして、残りの二組はアドバンテージが変動せず、《恵みの雨》を使用したような状況になる。
 最悪の事態である四組目が発生する確率は1/4であり、《セカンド・チャンス》も併用すれば更に危険度は下がる。
 《シモッチによる副作用》《堕天使ナース−レフィキュル》相手へのダメージを強制したり、《デス・ウォンバット》で身を守るのも良い。

 【シモッチバーン】では1/2の確率で一組目を出すことができ、効率の面では《ギフトカード》をも上回る。
 たとえチェーン《シモッチによる副作用》除去無効化されても、1/2の確率ダメージが入るという点では他の回復カードとのコンボより安定する。
 とはいえ、これらを用いてもこのカードがリスクの高いギャンブルカードである事には変わりない。
 どの使い方にせよ、ライフ・アドバンテージの損失は常に覚悟したい。

  • ダメージ量が確定したバーンカードの中では準トップクラスの数値であり、《火炎地獄》2枚分に匹敵する。
    運命の分かれ道で外れを引くと、その先にどれほどの事が待っているのだろうか。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメZEXALのWDC決勝大会デュエルコースターにおいて、このカードがレーン上に設置されていた。
    遊馬とゴーシュがこのレーン上を通過し、見事二人ともコイントスで表を当てライフ回復した。
    ちなみに、このとき現れたコインはやけに大きかった。
    • アニメGXの「明日香vs万丈目」(1戦目)において、万丈目が同じく通常罠である《運命の分かれ道 ドラマチック・クロスロード》というカードを使用している。
      このカードと似たイラストを持ち、相手に2種類の効果から1つを選ばせて適用させる効果を持っていた。
      偶然なのか意図したものかは不明だが、登場時期も近い。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:自分相手ライフポイント回復する、もしくはダメージを受ける処理は同時に行われるのですか?
A:同時に行われる扱いになります。(14/03/08)

Q:コイントスで裏が出て自分へのダメージが発生した場合、《地獄の扉越し銃》発動出来ますか?
A:発動時点でダメージが未確定のカードに対して《地獄の扉越し銃》は使用できません。
  そもそも、上記の質問は《地獄の扉越し銃》発動するタイミングを間違えています。
  《地獄の扉越し銃》は、「ダメージを受ける効果の発動」にチェーンして使用します。
  「ダメージを受ける効果処理」時に使用するのではありません。

Q:《セカンド・チャンス》を使用した場合、自分だけがトスし直しますか?それとも両者がトスし直しますか?
A:自分だけがコイントスをやり直します。(10/08/08)

Q:お互いライフが2000未満の時にこのカード発動し、お互いコイントスが裏だった場合、引き分けになりますか?
  それとも、どちらかのコイントスの方がタイミングが早いとして、どちらかの勝利になりますか?
A:引き分けになります。(14/03/08)


Tag: 《運命の分かれ道 通常罠

広告