これらのキーワードがハイライトされています:炎王の

炎王(えんおう)孤島(ことう)/Fire King Island》

フィールド魔法
「炎王の孤島」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分メインフェイズにこの効果を発動できる。
自分の手札・フィールドのモンスター1体を選んで破壊し、
デッキから「炎王」モンスター1体を手札に加える。
(2):自分フィールドにモンスターが存在しない場合にこの効果を発動できる。
手札の鳥獣族・炎属性モンスター1体を特殊召喚する。
(3):フィールドゾーンの表側表示のこのカードが、
墓地へ送られた場合または除外された場合に発動する。
自分フィールドのモンスターを全て破壊する。

 クロスオーバー・ソウルズで登場したフィールド魔法
 自分手札フィールドモンスター1体を破壊して炎王サーチする効果炎属性鳥獣族モンスター手札から特殊召喚する効果墓地へ送られた場合または除外された場合に自分フィールドモンスターを全て破壊する効果を持つ。

 (1)の効果は、炎王モンスター効果トリガーとなる効果破壊炎王モンスターサーチを同時にこなす効果
 「破壊サーチが同時に行われる」という扱いなので、破壊された時に発動する効果タイミングを逃すことがない。
 フィールド炎王破壊して炎王獣サーチした場合、その炎王獣は「炎王破壊された」事をトリガーに即座に特殊召喚できる。
 サーチ先は炎王だが破壊するモンスター炎王でなくてもよいので、効果を使った後の《バトルフェーダー》腐ったモンスター破壊して効果を使うこともできる。
 《火舞太刀》のように、破壊トリガーとする効果を持つモンスター破壊できればなおよい。

 (2)の効果により、手札で腐りがちな《炎王神獣 ガルドニクス》《ネフティスの鳳凰神》特殊召喚できる。
 ただし、発動条件の関係で炎王の急襲》とは噛み合わせが悪い。
 同一ターンでの発動は(1)の効果も含めて1度なので、炎王の急襲》も考慮に入れてどちらの効果を使うかを検討しよう。

 問題は(3)のデメリット効果で、除去された場合に自分フィールドモンスターを全て破壊してしまう。
 炎王効果トリガーになるためディスアドバンテージにはなりにくいが、一時的にフィールドががら空きになり直接攻撃を通し放題となってしまうのは痛い。
 (1)(2)の効果【炎王】の展開サポートとなるため採用したいカードだが、このデメリットをいかにフォローするかが課題となる。
 相手ターンに残しておくメリットは何もないので、炎王でよく使われる《炎舞−「天キ」》共々バウンスし、再利用を狙うのも良い。

 《天空の虹彩》などと同じく、破壊された時や墓地へ送られた時に効果発動できるカードを使用するための採用も期待できる。
 ただし、こちらは魔法&罠ゾーンペンデュラムゾーンカード破壊できず、オッドアイズと比べると炎王は受けられるサポートに大きな差がある。
 《ドラゴニックD》禁止カードとなったため、代用として使うにも炎王のサポートが限定される上、デメリットもある。
 幸い、炎王自体は破壊された時の効果を持つカードも多く、シナジーが見込めるデッキも存在する。

 例えば、【炎王】以外では【ユベル】での採用が見込める。
 手札フィールド《ユベル》を(1)の効果破壊すれば、《ユベル−Das Abscheulich Ritter》特殊召喚できる。
 更に、このカード《神縛りの塚》で上書きすると、(3)の効果に対し《神縛りの塚》耐性付与が発揮され、《ユベル−Das Abscheulich Ritter》破壊されない。
 またフィールド魔法セットしてこのカード墓地へ送ると、《ユベル−Das Abscheulich Ritter》破壊され《ユベル−Das Extremer Traurig Drachen》を1ターンで出せる事になる。
 (1)の効果を使うために炎王デッキに投入する必要はあるが、《ユベル》を高速で進化させるために有効なカードである。
 採用する炎王は、《ユベル−Das Abscheulich Ritter》破壊して2枚目以降の《炎王の孤島》をサーチできる《炎王獣 バロン》がいいだろう。

関連カード

イラスト関連

―《炎王の孤島》が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:(1)の効果によって、フィールド炎王1体を破壊し、《炎王獣 バロン》手札に加えました。
  効果解決後、手札に加えた《炎王獣 バロン》効果発動し、自身を特殊召喚することはできますか?
A:はい、手札に加えた《炎王獣 バロン》を自身の効果特殊召喚できます。(15/02/15)


Tag: 炎王の孤島》 魔法 フィールド魔法 炎王

広告