これらのキーワードがハイライトされています:強制転移

強制転移(きょうせいてんい)/Creature Swap》

通常魔法
お互いはそれぞれ自分フィールド上のモンスター1体を選び、
そのモンスターのコントロールを入れ替える。
そのモンスターはこのターン表示形式を変更できない。

 Mythological Age −蘇りし魂−で登場した通常魔法
 お互いモンスター1体ずつをコントロール交換する効果を持つ。

 効果処理時コントロール交換をするモンスターを選ぶ、対象をとらない効果で、お互い自分フィールドから転移するモンスターを指定する。
 つまり、相手フィールドに複数のモンスターがいる場合、弱小モンスター送りつけられる可能性があるのが難点である。

 《エネミーコントローラー》《精神操作》等と違い、永続的にコントロール奪取できる希少なカード
 《堕落》のように自壊する恐れもなく、モンスターが確保できるデッキでは高い安定性を見せる。
 そのターンでは利用し難いが、《精神操作》同様裏側守備表示モンスターも比較的安全に処理できる。
 ただし相手リクルーターなどを選ぶ可能性もあるので、なるべく表側表示モンスターしかいない状況で使うようにしたい。

 対象を取らず破壊を伴わないため、通常では処理しにくい耐性持ちのモンスターの処理手段としても有効。
 《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》《No.66 覇鍵甲虫マスター・キー・ビートル》《安全地帯》といった強固な耐性を持ったモンスターをそのまま自分の戦力に加えられれば、形勢が一気に逆転する。
 他にモンスターが並ぶこともあり得るが、メタカードとしてサイドデッキに採用しておく価値はあるだろう。
 特にモンスター効果中心のデッキの場合、送りつけるモンスターを確保しやすく、「モンスターによるメタ」のメタとなる。

 送りつけを行うものとしては汎用性が高いため、これを目的として採用するにも申し分ない。
 戦闘破壊を介して墓地発動するサーチャーリクルーター等は持ち主墓地効果発動するため、非常に有効。
 【植物族】【ガスタ】など、相性の良いデッキは多い。
 【トマハン】において、何らかの手段で《キラー・トマト》を2体揃えた上で、相手モンスターが1体のみのときに発動に成功すれば、《キラー・トマト》2体を相打ちにした上で《魂を削る死霊》《首領・ザルーグ》の2体を特殊召喚できるため、ハンデスも併せてなんと1:4交換が成立する。
 スピリットモンスターと併用した場合、相手フィールドからでも持ち主手札に戻るため相手モンスターのみを一方的に奪い取ることができる。

 《マシュマロン》《スクラップ・ゴブリン》等、戦闘破壊されない弱小モンスター攻撃表示送りつける手もある。
 リンク召喚が登場した現代のデュエルにおいては、複数ターンかけてサンドバッグにすることは困難だが、それでもライフを大きく削ることができる。
 相手フィールドにどれ程攻撃力の高いモンスターが居ようとも、戦闘ダメージの面から見れば、続けて直接攻撃できる事に等しい。

  • アニメVRAINS第53話において財前晃がエマと葵に渡した強制ログアウトプログラムのアイコンは、輪の矢印とその色からしてこのカードを意識したものと思われる。
  • コナミのゲーム作品において―
    PS2「遊戯王真デュエルモンスターズII 継承されし記憶」にてオリジナルカードとして登場したカードの一つ。
    この時は《強制転移(テレポート)》というカード名だった。
    ゲームでの効果は「リーダー以外の全ての場のカードを点対称の位置に移動させる」という、かなりややこしい効果となっている。

関連カード

―パロディカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカード《魂を削る死霊》を渡した場合、その《魂を削る死霊》破壊されますか?
A:いいえ、このカード対象をとる効果ではないため、《魂を削る死霊》破壊されません。

Q:自分フィールド《ホルスの黒炎竜 LV6》のみが存在する場合、このカード発動できますか?
A:発動できます。

Q:効果処理時《ホルスの黒炎竜 LV6》を選択した場合、どうなりますか?
A:効果不発に終わります。
  (相手モンスターコントロールは得られませんが、自分モンスターコントロールも移りません)

Q:自分フィールド《ホルスの黒炎竜 LV4》のみが存在する場合、このカード発動するとどうなりますか?
A:コントロール転移させる事のできないモンスターのみ存在する場合は、空撃ちのような状況でありそもそも発動する事ができません。

Q:このカード裏側表示モンスターを選択することができますか?
A:はい、選択することができます。

Q:このカード相手に送ったモンスター《強奪》コントロール奪取しました。
  《強奪》破壊された場合モンスターはどうなりますか?
A:相手フィールドに移ります。

Q:相手フィールドモンスターが2体存在し、その内の1体が《ホルスの黒炎竜 LV6》《ボタニカル・ライオ》、または《禁じられた聖槍》適用したモンスターの状況です。
  自分がこのカード発動したとき、相手はその選択を《ホルスの黒炎竜 LV6》《ボタニカル・ライオ》《禁じられた聖槍》適用したモンスターにして、このカード不発にすることができますか?
A:このカードの効果《ホルスの黒炎竜 LV6》《禁じられた聖槍》適用したモンスターを選択することができ、その場合このカードの効果処理は行いません。(12/07/28)
  一方、このカードの効果《ボタニカル・ライオ》を選択する事はできません。
  よって、相手コントロールを入れ替えるモンスターとして、《ボタニカル・ライオ》以外を選択しなければなりません。(08/05/11)

Q:このカードの効果モンスターコントロールが移る時、自分のところに来るモンスターメインモンスターゾーンのどの位置に置くかを決めることはできますか?
A:はい、できます。
  交換するモンスターが元々存在していた場所でないところに置いてもかまいません。(09/01/12)

Q:それぞれのフィールドに複数体モンスターが存在する時に発動した場合、モンスターを選択する順番はどちらが先ですか?
A:ターンプレイヤーから選択します。(12/03/08)

Q:この効果お互いエクストラモンスターゾーンモンスターを選んだ場合、どのような処理になりますか?
A:その場合、どちらのエクストラモンスターゾーンモンスターもそれぞれの相手メインモンスターゾーンコントロールが移りますので、結果的にエクストラモンスターゾーンモンスターが存在しなくなります。(17/03/25)


Tag: 強制転移 魔法 通常魔法

広告