これらのキーワードがハイライトされています:禁止令

禁止令(きんしれい)/Prohibition》

永続魔法
カード名を1つ宣言してこのカードを発動できる。
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
宣言されたカード名を元々のカード名とするお互いのカードに以下を適用する
(この効果の適用前からフィールドに存在するカードには適用されない)。
●フィールドに出す事ができない。
●カードの発動及び効果の発動と適用ができない。
●通常召喚・反転召喚・特殊召喚できない。
●攻撃及び表示形式の変更ができない。
●素材を必要とする特殊召喚のための素材にできない。

 Curse of Anubis −アヌビスの呪い−で登場した永続魔法
 カード名を1つ宣言して発動し、宣言された元々のカード名カードに5つの効果適用する効果を持つ。

 特定のカードを使用不可能にするルール介入カード
 特定のキーカードが重要な役割をするデッキには非常に強力なメタとなる一枚。

 基本的にサイドデッキに投入するカードであり、マッチ第1戦のメインデッキから搭載される事は稀である。
 マッチ第1戦で相手デッキタイプを把握した上で、二戦目以降からデッキに投入しそれを妨害するという用法が効果的。
 展開の起点となるカードを止めるのと、切り札を止めるのとどちらが有効かは、デッキによって異なる。
 適切に扱うには環境で扱われるデッキに対する深い習熟が必要となる。

 メインデッキから搭載するのであれば、情報アドバンテージを獲得する手段を併用し、いち早く相手デッキタイプを掴める構築にしたい。
 《水霊術−「葵」》などでピーピングしてから使えれば理想的。
 また、相手デッキタイプにかかわらず、絶対に通してはいけないカード宣言するという使い方もある。
 例えば先攻ターン目に《灰流うらら》宣言し、妨害の可能性を減らしてから展開、制圧を狙うといった用法も考えられる。
 《宇宙砦ゴルガー》《霞の谷のファルコン》等で繰り返しバウンスし、状況によって宣言するカードを変えるのも有効な戦術である。

 しかし、先に展開されてしまうと腐る恐れもあり、そのような状況で追撃を防ごうにも既に除去できる札が揃っているという事も決して少なくない。
 あくまで抑止力としての効果しか持たないので、除去されるとエンジンとなるカードの暴走を許す恐れもある。
 また自分デッキキーカード魔法・罠カードが存在しているとマッチ2戦目の場合魔法・罠除去を多く投入され思い通りの効力を発揮できない場合もある。
 デッキを見極める能力含め、使いこなすには相応のプレイングセンスが要求されるカードだと言えよう。
 メインデッキから投入する場合は尚更だが、大会の形式によってはデュエル前から相手デッキ内容を知る機会も生まれる。

  • テキストは以下の通り。
    カード名を1つ宣言して発動する。
    このカードがフィールド上に存在する限り、
    宣言されたカードをプレイする事はできない。
    このカードの効果が適用される前からフィールド上に存在するカードには
    このカードの効果は適用されない。

テキスト上で「プレイ」の用語が使用されている数少ないカードであった。
プレイ」が何を指すのかはパーフェクトルールブックには明記されているとはいえ、このカードテキストだけでは処理がかなりわかりにくかった。

  • 攻撃及び表示形式の変更ができない」とあるが、これは無意味な記述となっている。
    宣言されたカードはそもそもいかなる手段によってもフィールドに出すことができないため、この効果が適用される余地はない。
    • これは、「元々のカード名」という指定が無ければ意味のある記述であった。
      エラッタにより「元々のカード名」という新しい制約を課しながらも、古い効果の時代の裁定に忠実にプレイの用語を書き換えたために無意味な記述となっている。
  • 原作・アニメにおいて―
    このカード自体は登場していないが、小説版オリジナル「vsサイバー海馬」ではお互い宣言したカードが使用できないルールがあった。
  • コナミのゲーム作品において―
    宣言」参照。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

 ※下記の記述はエラッタ前の「プレイ」がテキストに使われていた時のものである事を念頭に置いてもらいたい。

Q:このカードの「プレイする事ができない」効果は、プレイヤーが受ける効果ですか?
A:プレイヤーが受ける効果ではありません。
  宣言したカード名をプレイする事ができなくなる、という効果です。(12/05/02)

Q:宣言されたカードは、手札コストとすることは可能ですか?
A:はい、手札コストとすることができます。

Q:《禁止令》で《禁止令》を宣言した場合はどうなりますか?
A:それ以降の《禁止令》を出すことができなくなります。

Q:《禁止令》で《闇道化師と化したマサヒロ》《髑髏の司祭ヤスシ》宣言できますか?
A:いいえ、公式では使えないカードを宣言することはできません。
  日本未発売カードも同様です。(12/03/12)

Q:このカード効果冥府の使者カイエントークン等のトークンを宣言する事はできますか?
A:いいえ、モンスタートークンカード名として宣言する事はできません。(12/10/11)

「宣言されたカード名を元々のカード名とするお互いのカードに以下を適用する。」について

Q:《ハーピィ・ダンサー》宣言した状況で《死者蘇生》により一度フィールドに出た後墓地へ送られた《ハーピィ・ダンサー》カード名はどう扱われますか?
A:《ハーピィ・ダンサー》効果適用され《ハーピィ・レディ》として扱われます。(13/04/12)

Q:上記の状況で、《おろかな埋葬》により墓地へ送られた《ハーピィ・ダンサー》カード名はどう扱われますか? また、《禁止令発動前から墓地に存在していた《ハーピィ・ダンサー》カード名はどう扱われますか?
A:《ハーピィ・ダンサー》効果適用され《ハーピィ・レディ》として扱われます。(13/04/12)

「(この効果の適用前からフィールドに存在するカードには適用されない)。」について

Q:宣言されたカードが、既にフィールド上に裏側表示で存在していた場合、反転召喚発動することはできなくなりますか?
A:いいえ、問題なく反転召喚発動が可能です。

Q:すでにフィールド上に《ダーク・ヴァルキリア》が存在する時に《禁止令》で《ダーク・ヴァルキリア》宣言した場合、その《ダーク・ヴァルキリア》再度召喚することはできますか?
A:はい、できます。(11/03/25)

Q:《ネクロ・ガードナー》《黄泉ガエル》フィールドに存在するときに、《禁止令》でそれらを指定し、その効果が適用されました。
  それらの効果発動できますか?
A:宣言されたモンスターフィールド上に存在するときに《禁止令》の効果が適用された場合、墓地へ送られた効果発動することができ有効となります。(15/10/07)

Q:相手《カースド・フィグ》効果が適用されている状況で、《カースド・フィグ》宣言して《禁止令》を発動した場合、《カースド・フィグ》によって封じられたカード発動することはできますか?
A:発動できません。(13/03/20)

Q:《ナーガ》フィールドに存在する時《禁止令》で《ナーガ》宣言しました。
  その《ナーガ》デッキに戻った時効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(14/05/16)

Q:《サンダー・ドラゴン》フィールドに存在する時《禁止令》で《サンダー・ドラゴン》宣言しました。
  その《サンダー・ドラゴン》手札に戻った後、《サンダー・ドラゴン》効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(13/04/12)

Q:このカード宣言したモンスター《サクリファイス》効果で装備する事はできますか?
A:このカードの効果適用時に元々存在していたモンスターは、このカード効果を受けていませんので、装備できます。(15/05/17)

Q:上記のモンスター《ZW−荒鷲激神爪》だった場合、『罠カード効果無効にする』効果は有効になりますか?
A:通常どおり効果適用されます。(15/05/17)

Q:《ダンディライオン》エクシーズ素材としてフィールド上に存在する時に、《ダンディライオン》宣言してこのカード発動しました。
  この《ダンディライオン》墓地へ送られた場合、誘発効果発動しますか?
A:いいえ、発動しません。(15/05/10)

Q:《ダンディライオン》モンスター扱いでフィールド上に存在する時に、《ダンディライオン》宣言してこのカード発動しました。
  この《ダンディライオン》エクシーズ素材にした後で墓地へ送った場合、誘発効果発動しますか?
A:いいえ、発動しません。(15/05/10)

Q:《E・HERO オーシャン》宣言しています。
  《神禽王アレクトール》で《禁止令》の効果無効になっている間に《E・HERO オーシャン》召喚しました。
  その《禁止令》の効果が有効になった後、《E・HERO オーシャン》はどう扱いますか?
A:その《E・HERO オーシャン》効果適用前からフィールドに存在する扱いとなり、効果発動したり攻撃したりできます。(18/03/11)

「●フィールドに出す事ができない。」について

Q:宣言されたモンスターを、《死者蘇生》等、他の効果特殊召喚できますか?
A:いいえ、できません。他のカードの効果によってもフィールドに出す事はできません。 (14/09/11)

Q:「禁止化されたモンスター」は、他のカードが持つ効果特殊召喚することはできず、攻撃宣言効果の使用などは制限されます。
  これらの制限は一時除外セット化でリセットできますか?
A:この制限は《亜空間物質転送装置》の一時除外《月の書》セットでもリセットできません。

Q:宣言されたカードは、セットすることは可能ですか?
A:いいえ、セットすることもできなくなります。

Q:このカードによって宣言されたカードを以下の方法でセットできますか?

A:いいえ、できません。

Q:このカード宣言したカードを、装備カードとしてフィールドに出すことができますか?

A:いいえ、できません。(15/05/03)

Q:このカードの効果宣言したカードが既にフィールドに存在する時に《亜空間物質転送装置》等の一時的に除外する効果を持つカードで除外した場合、処理はどうなりますか?
A:フィールドに戻らず、墓地へ送られます。(15/10/07)

Q:《亜空間物質転送装置》等の一時的に除外する効果を持つカードで除外しているカードを宣言した場合、処理はどうなりますか?
A:フィールドに戻らず、墓地へ送られます。(15/10/07)

Q:上記2つの処理は他の一時的に除外する効果を持つカード《銀河眼の光子竜》等)についても全て同じですか?
A:はい、同様です。フィールドには戻らず墓地へ送られます。(15/10/07)

Q:このカード宣言したモンスターは、ペンデュラム召喚によって手札エクストラデッキから特殊召喚できますか?
A:手札からもエクストラデッキからもペンデュラム召喚できません。(14/04/09)

Q:《遺言の仮面》宣言したこのカードフィールドに存在する時に《仮面魔獣デス・ガーディウス》の(1)の効果発動した場合、デッキから《遺言の仮面》フィールドに出す事ができますか?
A:いいえ、出す事ができず《遺言の仮面》デッキに残ったままになります。(15/01/15)

Q:《禁止令》で《星読みの魔術師》を宣言しました。この時《星読みの魔術師》ペンデュラムゾーンに配置できますか。
A:いいえ。できません。(15/01/16)

Q:このカード効果宣言したペンデュラムモンスター《慧眼の魔術師》《覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン》効果ペンデュラムゾーンに置く事ができますか?
A:いいえ。できません。(15/05/09)

Q:《ステルスバード》宣言しています。
  自分《D−HERO デビルガイ》裏側守備表示モンスター除外しました。
  それが《ステルスバード》であるかはこちらからは分かりませんが、それが《ステルスバード》であった場合どのように処理をしますか?
A:裏側のカード戻す場合であっても、「フィールドに出す事ができない」ため、フィールドに戻ることなく墓地に送られます。(18/03/10)

Q:このカード効果宣言したモンスターを、《陽炎柱》《十二獣の方合》効果エクシーズ素材として重ねることはできますか?
A:いいえ、できません。(17/05/11)

「●カードの発動及び効果の発動と適用ができない。」について

Q:《サンダー・ドラゴン》《クリボー》《冥府の使者ゴーズ》をそれぞれ宣言した場合、相手はそれらの効果手札から使えますか?
A:いいえ、使えません。

Q:《ネクロ・ガードナー》《黄泉ガエル》手札または墓地に存在するときに、《禁止令》でそれらを指定し、その効果が適用されました。
  それらの効果発動できますか?
A:宣言されたモンスター手札または墓地に存在しているときに、《禁止令》の効果が適用された場合には発動することは出来ません。(08/06/19)

Q:効果破壊された《炎王神獣 ガルドニクス》《ネフティスの鳳凰神》墓地に存在する時に、後からこのカードが適用された場合《炎王神獣 ガルドニクス》《ネフティスの鳳凰神》自己再生しますか?
A:いいえ、自己再生効果発動できません。(13/02/04)
  ただし、フィールド上の《炎王神獣 ガルドニクス》《ネフティスの鳳凰神》破壊され墓地へ送られた場合、自己再生効果発動できます。ただし、その後の破壊効果発動できません。(13/09/06)

Q:《禁止令》で《異次元の偵察機》を指定後、《異次元の偵察機》除外しました。
  エンドフェイズ《異次元の偵察機》特殊召喚されますか?
  また、フィールドから墓地へ送り、更に除外した場合エンドフェイズ《異次元の偵察機》は戻ってきますか?
A:除外された場合、効果発動できません。(08/06/22)

Q:《焔征竜−ブラスター》がフィールド上に存在している時に《禁止令》で《焔征竜−ブラスター》宣言しました。
  このフィールド上の《焔征竜−ブラスター》除外された場合、サーチ効果発動できますか?
A:発動できます。(13/07/12)

Q:《禁止令》で《ダンディライオン》宣言されているとき、《サンダー・ブレイク》発動《ダンディライオン》捨て禁止令》を破壊した場合、《ダンディライオン》効果発動しますか?
A:《ダンディライオン》効果発動するタイミングでは《禁止令》の効果適用されていないので、通常通り発動します。(10/10/20)

Q:《禁止令》で《封印されしエクゾディア》を宣言した場合、効果で勝利できますか?
A:はい、特殊勝利プレイに該当しないため、手札エクゾディアパーツが揃ったプレイヤーデュエルに勝利します。(12/04/16)

Q:《終焉のカウントダウン》発動効果適用された後に、このカード《終焉のカウントダウン》を宣言し、20ターン後にこのカードが存在する場合、デュエルに勝利しますか?
A:はい、その場合でもデュエルに勝利します。(11/09/03)

Q:相手が、こちらのスタンバイフェイズ《魔導書の神判》発動しました。
  自分メインフェイズ《魔導書の神判》宣言し《禁止令》を発動した場合、エンドフェイズの処理を相手は行えますか?
A:はい、通常通りに《魔導書の神判》の処理を行う事ができます。(13/05/04)

Q:このカード効果で《伝説の竜 ティマイオス》と宣言した場合、《ティマイオスの眼》発動できますか?
A:いいえ、できません。(15/07/05)

「●通常召喚・反転召喚・特殊召喚できない。」について

Q:《禁止令》で以下のモンスターカード名宣言した場合、宣言されたモンスター特殊召喚できますか?

A:いいえ、できません。(12/04/04)

Q:《未来融合−フューチャー・フュージョン》発動後、その融合モンスター特殊召喚される前に《禁止令》でそのモンスター名を宣言した場合は特殊召喚されますか?
また、そのモンスター攻撃宣言等のプレイに該当する行為はできない状態として扱われますか?
A:いいえ、モンスター特殊召喚はされず、そのモンスターエクストラデッキに残ったままになります。(15/05/06)

Q:上の状況で《禁止令》で宣言するモンスターが融合モンスターではなく融合素材として墓地に送ったモンスター名だった場合は特殊召喚されますか?
A:はい、特殊召喚されます。(12/04/10)

Q:《アームド・ドラゴン LV7》宣言した場合、《アームド・ドラゴン LV5》《レベルアップ!》効果《アームド・ドラゴン LV7》特殊召喚できますか?
A:いいえ、それらの効果発動して《アームド・ドラゴン LV7》特殊召喚する事自体できなくなります。(15/05/06)

「●素材を必要とする特殊召喚のための素材にできない。」について

Q:このカード《剣闘獣ベストロウリィ》が指定されている時、手札《剣闘獣ベストロウリィ》儀式魔法リリースできますか?
A:《禁止令》の効果によって《剣闘獣ベストロウリィ》宣言されている場合でも、儀式魔法カード発動し、手札から《剣闘獣ベストロウリィ》リリースする事ができます。(10/06/01)

Q:《禁止令》で《BF−アームズ・ウィング》宣言されているとき、墓地に存在する《BF−大旆のヴァーユ》《BF−アームズ・ウィング》除外して《BF−アーマード・ウィング》エクストラデッキから特殊召喚できますか?
A:その場合、《BF−アームズ・ウィング》対象にして発動ができ、除外特殊召喚する処理は行われます。(14/09/11)

Q:《禁止令》で宣言されたメインデッキモンスター《未来融合−フューチャー・フュージョン》効果融合素材としてメインデッキから墓地へ送る事ができますか?
A:はい、できます。(12/04/04)
また、その場合でも融合モンスター特殊召喚されます。(12/04/10)

Q:《禁止令》で宣言されたモンスター融合素材にできないはずですが、なぜ上記の《未来融合−フューチャー・フュージョン》との関係で融合素材にできるのですか?
A:《未来融合−フューチャー・フュージョン》墓地に送ったモンスター融合モンスター特殊召喚した後で融合素材として扱われるようになるためです。(12/04/10)

Q:このカード宣言したモンスター《No.101 S・H・Ark Knight》効果でエクシーズ素材にして重ねる事はできますか?
A:はい、できます。(15/10/10)


Tag: 禁止令 魔法 永続魔法

広告