これらのキーワードがハイライトされています:激流

激流(げきりゅうそう)/Torrential Tribute》

通常罠
(1):モンスターが召喚・反転召喚・特殊召喚された時に発動できる。
フィールドのモンスターを全て破壊する。

 Spell of Mask −仮面の呪縛−で登場した通常罠
 モンスター召喚反転召喚特殊召喚された時に発動し、フィールド上のモンスターを全て破壊する全体除去効果を持つ。

 1:1交換以上のポテンシャルを秘めた強力な召喚反応型罠カード
 トリガーとなる召喚自分相手を問わない点、不特定多数のモンスター破壊するので対象をとる効果ではない点、既に召喚されたモンスターに対する除去としても使える点などが特徴。

 自分モンスターを展開した後では発動しにくいのが最大の欠点と言えるだろう。
 このカード発動後は自分フィールドが空である場合が多いわけで、相手召喚にうまく発動できても後続を展開され、結局大ダメージを負う可能性もある。
 相手の動きを考えて効果的なタイミングを見極め、後続への対抗手段も用意したい。

 相手召喚時に発動するのが基本だが、自分モンスター召喚時に発動するのも1つの戦術である。
 「破壊されても問題ない」・「効果破壊されない」・「効果破壊したい」・「墓地へ送りたい」といったモンスターとの併用が考えられる。
 もしくは何らかの理由で自分フィールドを空にしたい場合にも使える。

 召喚無効と違い、《人造人間−サイコ・ショッカー》等には無力である。
 通常罠なのでダメージステップには発動できないことから、リクルーター《冥府の使者ゴーズ》等、ダメージステップモンスター特殊召喚された場合には発動できないことも注意である。

  • 英語名「Torrential Tribute」は「激流の捧げ物」といった意味。
    日本語名の雰囲気を残しながら、詩的なニュアンスに仕上がっている名訳といえる。
  • アニメ5D'sの「龍亞&龍可vsルチアーノ」戦においてルチアーノが使用。
    《スカイ・コア》の特殊召喚時に発動され、モンスターの一掃と《スカイ・コア》のモンスター効果発動トリガーの役割を1枚で行った。
    また、カップラーメンマン(クロウ)に敗北した男が持っていた。
  • アニメ5D's公式サイトのデュエルワンポイントレッスンでは、ボマーが使用した永続罠《チャリオット・パイル》と相性がいいカードとして紹介されているが、何故か初期版のテキストが使用されている。
    また、Turn77はこのカードがメインであり、こちらのテキストは最新版のものである。
  • 漫画5D'sにおける「激流疾走(ライディング・ストリーム)」の漢字表記は、担当の相川氏がこのカードから閃いたものであるとコミックスで説明されている。
  • アニメARC-Vのストロング石島のCMで、このカードが確認できる。

関連カード

発動条件のある《ブラック・ホール》

収録パック等

FAQ

Q:相手《自律行動ユニット》モンスター特殊召喚し、アドバンス召喚しようとしています。
  相手《自律行動ユニット》を使用したタイミングで、アドバンス召喚前に《激流葬》を発動できますか?
A:はい、できます。ターンプレイヤーは(メインフェイズ開始直後を除き)アドバンス召喚の前に一旦優先権を放棄する必要があります。(09/08/22)

Q:相手が「召喚に成功した時」に発動する効果を持つモンスター召喚しました。
  この時、自分が《激流葬》を発動したいと考えている場合、どのような処理になりますか?
A:その相手モンスター効果が先に発動し、その効果に対して《激流葬》をチェーン発動する形となります。

Q:相手《手札抹殺》暗黒界モンスターが2体以上特殊召喚されたとき、発動できますか?
A:発動できます。最後に特殊召喚されたモンスターに反応する形となります。

Q:《魂を削る死霊》《早すぎた埋葬》特殊召喚した時に《激流葬》を発動する事は可能ですか?
A:自身の効果によって《魂を削る死霊》破壊された後に他にフィールド上にモンスターが存在する場合であれば《激流葬》を発動する事ができます。(08/04/10)

Q:相手モンスター召喚した時にこのカード発動し、相手はそれにチェーンして《神の宣告》発動しました。
  これらのチェーン処理を終えた後に、自分は別の《激流葬》を発動できますか?
A:できません。(13/04/25)


Tag: 激流葬》 通常罠

広告