これらのキーワードがハイライトされています:めたいおん

時械神(じかいしん)メタイオン/Metaion, the Timelord》

効果モンスター
星10/炎属性/天使族/攻   0/守   0
このカードはデッキから特殊召喚できない。
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
このカードはリリースなしで召喚できる。
(2):このカードは戦闘・効果では破壊されず、
攻撃表示のこのカードの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。
(3):このカードが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時に発動する。
このカード以外のフィールドのモンスターを全て持ち主の手札に戻し、
戻した数×300ダメージを相手に与える。
(4):自分スタンバイフェイズに発動する。
このカードを持ち主のデッキに戻す。

 Vジャンプ(2011年4月号) 付属カードで登場した炎属性天使族最上級モンスター
 時械神共通の効果戦闘を行ったバトルフェイズ終了時にフィールドの他のモンスターを全て手札戻しダメージを与える誘発効果を持つ。

 《時械巫女》《クリッター》サーチしやすく、(1)の効果によりレベル10ながら手札事故にもなりにくい。
 通常の方法によるリクルートはできないが、墓地《時械巫女》が存在すれば他の特殊召喚を行わないことでリクルートできる。
 (2)の効果の存在から、固有効果を抜きにしても往復1ターン限定のとしても使える。
 【フルバーン】【終焉のカウントダウン】等の非ビートダウンデッキにそれぞれ相性の良い固有効果を持つものを採用すれば、役にもなり一石二鳥である。
 汎用性の高いレベル10天使族という点で、《究極時械神セフィロン》特殊召喚の対象として採用するのも良い。

 その性質上基本的に1ターンに1体しか展開できないので、召喚時に《神の宣告》を撃たれたり除外などで除去されたりしてしまうと無防備になりやすいのが難点。
 また、攻撃しない限りは効果アドバンテージを確保できないため、墓地《ネクロ・ガードナー》を使われると、他のカードを使わない限りこちらはそのターン動けなくなる。
 他のモンスターも併用し、補いたい。
 再利用できるバウンスはまだしも、除外効果無効化には弱いので、守りを固めるのならば《神縛りの塚》などと併用しておきたい。

 自己バウンスを回避する方法としては、《強制脱出装置》等で手札に戻す、《月の書》等でバウンス効果発動する前に裏側表示にするなどの方法が考えられる。
 返しの防御が不安だが、効果発動後のメインフェイズ2に《アドバンスドロー》ドローに変換するのも手である。
 逆に活かす方法としては、メインフェイズ2に《強制転移》の様なコントロール交換相手に押し付ければ返しのターンに自動的に除去される。
 ただしこの方法は相手モンスター除去する《時械神メタイオンとは相性が悪い点は考慮しておきたい。

 《光神化》とは相性が良く、元々の攻撃力が0に加え効果破壊されないためデメリットが無いに等しい。
 手札消費は懸念されるが、通常召喚した時械神と合わせればメインフェイズ2にランク10のエクシーズ召喚にも繋がる。

 《虚無空間》ともシナジーが高く、通常召喚なので展開を阻害せずデッキバウンスなのであちらの自壊も避けられる。
 同様の理由で《強欲で謙虚な壺》《命削りの宝札》などの特殊召喚を行えないドローソースとも併用しやすい。
 ただし、サーチカード《時械巫女》とはアンチシナジーなので枚数調整は気を付けたい。

 固有効果は、自身が戦闘を行ったバトルフェイズ終了時にモンスターを全てバウンスする全体除去
 破壊を介さず、対象を取る効果でもなく、更に自身の破壊耐性も合わさり、除去としての有用性は非常に高い。
 中でも、召喚コスト重い最上級モンスター特殊召喚モンスター、及びエクストラデッキからモンスターを並べるデッキに対しては絶大な威力を発揮する。
 レベルランク9以下のモンスター効果及び魔法・罠カード耐性を持つ《アポクリフォート・キラー》や、《神縛りの塚》適用中におけるレベル10以上のモンスターに対しても除去できる。
 ただし、下級モンスターペンデュラム召喚相手にはやや効果が薄い。
 《マインドクラッシュ》などのピンポイントなハンデスと噛み合わせるのも良いだろう。

 優勢時には自分モンスターも巻き込むが、そもそも劣勢から逆転する場面で真価を発揮するカードであり、リリース軽減の条件から自分フィールドに他のモンスターがいる事が少ないため影響は小さい。
 1ターンデッキに戻るデメリットを考慮すると、召喚権を使う除去カードと割り切って使用した方が良いだろう。
 自分ターン効果を使い、返しの相手ターンの間は破壊耐性を持つとなってくれるため、【終焉のカウントダウン】などでは時間稼ぎ兼除去要員として使える。
 【チェーンバーン】でも除去兼一時的なとして、また多少のバーンが発生するのも相性が良いだろう。

 効果を最大限発揮できる機会は「自分フィールドが空、相手フィールドに多数のモンスター」という状況だが、大量展開を許した末に1ターンキルされてしまっては意味がない。
 《サタンクロース》壊獣モンスターバウンスして使いまわすのも面白いだろう。
 《星見獣ガリス》とは二つの意味で相性が良く、手札から複数体特殊召喚した《星見獣ガリス》を全てバウンスし再利用でき、《星見獣ガリス》効果墓地へ送られた時は2000ポイントの大ダメージが発生する。
 このカード召喚した後にペンデュラム召喚を行えばバーンダメージの割り増しも可能である。
 召喚に成功した時の効果の再利用も狙え、《時械巫女》蘇生を行える《天輪の葬送士》や、墓地へ送る《マスマティシャン》などならこのカードを出すサポートもこなせる。

 似たような除去性能を持つ《N・グラン・モール》と比較すると、破壊耐性を持ちフィールドに残ることや1度のバウンス枚数等で勝る。
 一方、あちらはリバースした場合の効果等を発動させず、自身も手札に戻るので簡単に再利用できる。
 どちらにも相応のメリットがあるので、細部を考慮した上で採用すべきだろう。

  • このカードが封入された袋とじの裏面にはこのモンスターの鏡面に映った顔が大きく印刷されており、凄まじいインパクトを放っている。
  • モチーフは、ユダヤ教の伝承に伝えられる天使の一人「メタトロン(Metatron)」。
    旧約聖書に登場する生命の樹(セフィロトの樹)のケテル(王冠)の守護天使であり、後述のアニメでもケテルに位置していた。
    炎属性である理由は、メタトロンが天の上から「炎の柱」を使用して中世ユダヤ神秘主義者を導いたという神話を元に設定されたと推測できる。
  • 攻撃の際には手から火球を生成し、相手に投げつけている。
  • 時械神は中心部にそれぞれ顔を持つが、このカードの場合は天使とは思えないような不気味な顔をしている。
    作中で最初に出たことや、登場した2度のデュエルともドアップになった上に表情を歪めていることも後押しして、一際インパクトが強い。

関連カード

収録パック等

FAQ

 ※時械神共通のFAQについては時械神のページを参照

Q:チェーンブロックを作る効果はどれですか?
A:手札に戻す効果と自身をデッキ戻す効果誘発効果チェーンブロックが作られます。(11/02/21)

Q:フィールドモンスター手札戻すのと相手ダメージを与えるのは同時ですか?
A:同時に処理される扱いになります。(11/02/23)

Q:自分フィールドにはこのモンスターのみが存在し、相手フィールドには《青眼の白龍》《スターダスト・ドラゴン》《究極封印神エクゾディオス》が存在しています。
  この状態でこのカード戦闘を行い、効果発動した場合、相手に与えるダメージはいくつですか?
A:その場合、手札に戻った《青眼の白龍》エクストラデッキに戻った《スターダスト・ドラゴン》をカウントして600ポイントのダメージを与えます。(11/02/21)

Q:モンスター扱いの罠モンスター手札に戻した場合、ダメージは発生しますか?
A:はい、通常通りダメージは発生します。(11/02/24)

Q:相手フィールド上にモンスターが存在し、かつ《縮退回路》発動している状態でこのモンスター戦闘を行い効果発動した場合、効果ダメージは与えられますか?
A:いいえ、《縮退回路》効果によって相手モンスター手札に戻らず除外されるため、手札に戻った扱いとならず、ダメージを与えることはできません。(11/04/17)


Tag: 《時械神メタイオン 効果モンスター モンスター 星10 炎属性 天使族 攻0 守0 リクルート不可 時械神

広告