これらのキーワードがハイライトされています:アバター

邪神(じゃしん)アバター/The Wicked Avatar》

効果モンスター
星10/闇属性/悪魔族/攻   ?/守   ?
このカードは特殊召喚できない。
自分フィールド上に存在するモンスター3体を
生け贄に捧げた場合のみ通常召喚する事ができる。
このカードが召喚に成功した場合、相手ターンで数えて2ターンの間、
相手は魔法・罠カードを発動できない。
このカードの攻撃力・守備力は、フィールド上に表側表示で存在する
「邪神アバター」を除く、攻撃力が一番高いモンスターの
攻撃力+100ポイントの数値になる。

 Vジャンプ(2007年2月号) 付属カードで登場した闇属性悪魔族最上級モンスター
 三邪神の一体であり、フィールド上の全モンスター攻撃力を凌駕する攻撃力守備力を備え、相手魔法・罠カードを拘束する誘発効果も併せ持つ。

 ステータスが常に変動し、処理の最後に数値が算出される永続効果を持つため、《BF−疾風のゲイル》等の他のカードによる攻守の増減効果を受けない。
 また、《オネスト》等で他のモンスター強化されている場合でも、それをさらに上回る攻守となる。
 そのため、自身の効果無効にされない限り他のモンスター戦闘破壊されることはなく、戦闘に関しては無類の強さを誇る。
 (例外として《超重武者ビッグベン−K》効果攻撃出来る超重武者《邪神ドレッド・ルート》効果を受けているときのみ戦闘破壊される場合がある。詳しくは後述。)

 上記のように相手によるステータスの増減はもちろん、自分カードであっても攻守の増減効果無効にすることができる。
 《流星の弓−シール》等のデメリット効果のみを打ち消し、メリット効果のみを使用するというコンボも可能である。
 ステータス増減効果自分モンスターでも良いため、《巨大化》等で自分モンスター強化すれば、その攻撃力をコピーして、その2体で致死量の戦闘ダメージを与えることができる。
 また、《ジャンク・アタック》を装備させれば、自身の持つ戦闘の強さと相まって、安定したダメージを与えやすい。

 召喚後に発動する誘発効果により、2ターンの間、相手魔法・罠カードを封じる。
 これにより相手の戦術を大きく拘束でき、このカードに対する除去もされにくくなっており、最上級モンスターでありながら間接的な除去耐性を持っていると言える。
 しかし、この封殺効果はこのカードフィールドを離れても効果が持続されるが、《ブリザード・プリンセス》と違って誘発効果であるため、この効果に対して魔法・罠カードチェーンできる点には注意。
 また、《輝光子パラディオス》《ライトロード・ハンター ライコウ》等のモンスター効果を封殺できない点も弱点の一つとなっている。
 維持し続けることを狙うなら、《神縛りの塚》《ハードアームドラゴン》等を用いて耐性を付けておきたい。

 強力な効果を持つが、その分召喚は難しく、3体の生け贄を要する上に《死皇帝の陵墓》使用できない。
 また、このカード単体では打撃力がないため、単体では《メタル・リフレクト・スライム》等の攻撃力より守備力が高いモンスターには対処する事ができず、自分からこのカード攻撃力を上昇させるためのモンスター召喚する必要がある。

 より安定性の高いものでは、《人造天使》《天罰》とのコンボ特殊召喚できる《冥王竜ヴァンダルギオン》を軸とした【パーミッション】が挙げられる。
 他にも、《ダブルコストン》《生者の書−禁断の呪術−》などを有し、展開が得意な【アンデット族】も悪くない。

  • 2体の《邪神アバター》が存在する場合は「《邪神アバター》を除く、攻撃力が一番高いモンスター」をコピーするため、2体とも同じ攻撃力になる。
  • 《邪神アバター》の攻撃力を0にできる効果を持つ《神禽王アレクトール》は天敵。
    原作における最強の邪神が神である自身に仕える王に負けるとは、なんとも皮肉なものである。
  • 真っ黒な球体という、ある意味インパクトの大きいイラスト
    原作ではこの黒い球体がフィールド上に存在する一番攻撃力が高いモンスターを模して姿を変えるという設定だった。
    「球体が形を変えてモンスターになる」という性質を見るに、デザインは《ラーの翼神竜》の「スフィアモード」を元にしているのだろうか。
    また、「太陽神と対をなす邪神」という設定から、皆既日蝕をイメージしているとも考えられる。
    • 原作では完全に真っ黒ではなく、黒い球体の内部に何かの影の様なものが浮かび上がっているイラストだった。
  • アバター(Avatar)」とは、サンスクリット語で「地上に降臨した神の化身」の意味であり、インド神話で「神仏の化身」を意味する。
    転じて、現在ではこの単語は「何らかの分身」等の意味も持っている。
    いかなるカードの姿にも変化するこのカードには相応しい名前といえるだろう。
  • デュエルディスクにセットしていない状態ではカードテキスト《ラーの翼神竜》と同じく記載されていない状態であった。
    原作テキストは、以下の通り。
    《THE DEVILS AVATAR》
    星10/ATTACK   ?/DEFENCE   ?
    God over god.
    Attack and defense point of Avatar equals to the point plus 1 of that of
    the monster's attack point which has the highest attack point among
    monsters exist on the field.
    (日本語訳)
    神を超える神。
    アバターの攻撃力と守備力の値は、フィールドに存在するモンスターの中で
    最も高い攻撃力を持つモンスターの攻撃力に1をプラスした数値に等しい。

関連カード

―類似効果

収録パック等

FAQ

Q:それぞれの効果分類は何ですか?
A:《邪神アバター》の召喚に成功した場合、相手ターンで数えて2ターンの間、相手魔法・罠カード発動できない効果の種別は、誘発効果となります。
  また、このカード攻撃力守備力が《邪神アバター》を除く、攻撃力が一番高いモンスター攻撃力+100ポイントの数値になる効果の種別は永続効果となります。(10/06/14)

Q:召喚してから2ターン経つ前にフィールドを離れた場合、相手魔法・罠カード発動できるようになりますか?
A:いいえ、効果は残ります。

Q:フィールド上に《邪神アバター》のみ存在し、《邪神アバター》以外のモンスターが存在しない場合、《邪神アバター》の攻撃力守備力は幾つになりますか?
A:《邪神アバター》のみがフィールド上に表側表示で存在する場合、 《邪神アバター》の攻撃力守備力は100になります。

Q:自分の場に《邪神アバター》のみが、相手の場に《邪神アバター》をコピーした《N・ブラック・パンサー》のみが表側表示で存在しています。
  この場合、攻撃力はどうなりますか?
A:フィールド上に《邪神アバター》と、《邪神アバター》の効果を得ている《N・ブラック・パンサー》のみが存在する場合、どちらの攻撃力も100になります。(09/05/18)

Q:フィールドには「名前が《邪神アバター》になっている《スキヤナー》」と《邪神アバター》だけが存在します。
  《スキヤナー》攻撃力が1000になっている場合、フィールドに存在する《邪神アバター》の攻撃力はどうなりますか?
A:フィールド上に存在するモンスターが《邪神アバター》と、自身の効果によってカード名が《邪神アバター》として扱われている《スキヤナー》のみの場合、《邪神アバター》の攻撃力は100になります。(09/10/16)

Q:このカードの「ロックする効果」にチェーンして《天罰》発動する事ができますか?
A:はい、できます。

Q:このカードの「ロックする効果」にチェーンして《激流葬》等を発動する事ができますか?
A:はい、発動する事ができます。ただし、効果無効にしていないため、2ターンの「相手魔法・罠カード発動できない」は残ります。

Q:このカードは《ダークゾーン》などのフィールド魔法効果を受けますか?
A:はい、受けます。
  しかし、最終的に自身の効果が適用されるのでフィールド魔法効果による増減が表れる事はありません。
  《ヴェノム・スワンプ》ヴェノムカウンターとの関係も同様です。

Q:自分フィールドに《邪神アバター》と《邪神ドレッド・ルート》が両方とも裏側守備表示状態で存在しています。
  《停戦協定》で同時にリバースした場合、攻撃力はどう計算しますか?
A:両方とも同一のプレイヤーコントロールしている場合は、そのコントローラーが「どちらを先に適用するか」を決定します。
  つまり、「《邪神アバター》の効果を先に計算する」「《邪神ドレッド・ルート》効果を先に計算する」を自由に選べます。(07/04/24)

Q:自分フィールドに《邪神アバター》が、相手フィールド《邪神ドレッド・ルート》が両方とも裏側守備表示状態で存在しています。
  《停戦協定》で同時にリバースした場合、攻撃力はどう計算しますか?
A:この場合は、「ターンプレイヤーコントロールするモンスター効果が先」として計算を行います。
  自分ターン中に《停戦協定》発動した場合は、自分の《邪神アバター》の効果が先に計算されます。(07/04/24)

Q:《ワーム・ホール》フィールドに戻された場合、魔法・罠のロック効果発動しますか?
A:いいえ。フィールド召喚された事になりませんので、再度ロック効果発動するという事はありせん。(08/01/18)

Q:《地球巨人 ガイア・プレート》フィールドに存在している時に、《邪神アバター》を召喚し、《地球巨人 ガイア・プレート》攻撃した時、アバター攻撃力はどうなりますか? またその逆の場合もどうなりますか?
A:《地球巨人 ガイア・プレート》効果適用後、《邪神アバター》の効果フィールド上で再び最も高い攻撃力+100になります。(11/12/19)

Q:《邪神アバター》に《ヒーロー・マスク》を使用した場合、攻撃力はどうなりますか?
A:その場合は最も高い攻撃力+100になります。(その《邪神アバターしかいなかった場合は100。)(10/08/14)
  なお《ヒーロー・マスク》を使用し別々の名称になっている《邪神アバター》が2体いても同様です。(11/04/22)

Q:《邪神アバター》以外のモンスターフィールドに存在しない時に、《ヴェノム・スワンプ》発動されています。
  エンドフェイズ《ヴェノム・スワンプ》効果発動した時、《邪神アバター》はどうなりますか?
A:その場合、《邪神アバター》は攻撃力100としてフィールド上に残ります。(14/03/31)

Q:手札が一枚以下の《オシリスの天空竜》フィールドに存在している時に、《邪神アバター》を召喚した場合、他にモンスターが存在しなければ《邪神アバター》はどうなりますか?
A:《オシリスの天空竜》効果によって攻撃力を下げる処理を行う時点で《邪神アバター》の効果が再適用される為、《邪神アバター》の攻撃力は0にならず破壊されません。(11/12/19)

広告