これらのキーワードがハイライトされています:だんさつ

手札断殺(てふだだんさつ)/Hand Destruction》

速攻魔法
(1):お互いのプレイヤーは手札を2枚墓地へ送る。
その後、それぞれデッキから2枚ドローする。

 デュエリストパック−ヨハン編−で登場した速攻魔法
 手札墓地へ送り、その後ドローする手札交換効果を持つ。

 条件の無い手札交換墓地を肥やす能力は魅力的で、墓地利用を積極的に行うデッキとは非常に相性が良い。
 手札に来てしまった《黄泉ガエル》《グローアップ・バルブ》等を墓地に落としつつドローできるのは高く評価できる。
 墓地利用を積極的に行うデッキ全般で安定性の向上に寄与し、採用したくなるところである。

 しかし当然、良いことばかりではない。
 まず3:2交換であるため、普通に使うと1枚のディスアドバンテージとなる。
 更に手札交換相手も行い、しかも相手にとっては2:2交換となるため、手札交換墓地肥やしの恩恵を相手ディスアドバンテージ無しで受けることになる。
 特に相手が積極的に墓地を肥やすタイプのデッキだと致命的なアドバンテージを献上する場合があり、少なくとも相手以上に自分が得られる恩恵が大きいと断言できるデッキでないと採用は躊躇われる。

 採用候補としては、急速に墓地を肥やし1ターンキルを行うデッキが適任であり、発動したターンに勝負を決めてしまえば相手手札交換も気にならない。
 【シンクロダーク】【ジャンクドッペル】が好例だろう。
 【エクゾディア】始めとする手札キーカードを集めれば勝負が決まるコンボデッキでも、相手が多少得をしようとも手札交換そのものが勝利のための一手段であり、採用されることもある。
 【図書館エクゾ】【マジカルエクスプロージョン1キル】では特にその傾向が顕著である。
 1ターンキル以外なら《凡骨の意地》ドローを継続するために使ってもよい。
 自己再生モンスターを多数抱えるインフェルノイドでも《手札抹殺》で足りなければ採用の余地はあるか。
 その他にも相性の良いデッキ自体は多数存在するものの、上述のデメリットのために実際に採用されることは少なめである。

 自分が素早くアドバンテージを得るために使われるカードであるため相手手札状況などはお構いなしに使われることが多いが、状況次第で相手の妨害もできることは覚えておくと良い。
 速攻魔法であることを活かし、相手手札が少ない状況での融合召喚儀式召喚等にチェーン発動してやると、上手く行けば不発にできる場合がある。
 ただし相手手札はもちろん、自分手札も2枚以上無いと当然このカード発動できなくなる。
 特に、このカード発動チェーンして相手手札を1枚以下にされてしまうと、不発になり自分手札交換ができなくなってしまう。
 相手手札が多くても妨害として機能しないため、あまり狙わずにたまたま状況が合致すればラッキーぐらいに思っておいたほうがいい。

  • 手札が1枚以下の場合の追加ドローは台詞で説明されておらず、ごく短い時間だけ描写されたテキストでのみ確認できる。
    作中では、「墓地へ送った枚数分ドローする」というアモンの台詞の後にヨハン(ユベル)は「僕は(手札が)0だから1枚ドローする」と述べており、台詞だけ聞くと意味がわからなくなるシーンである。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:自分または相手手札が1枚以下の場合、発動できますか?
A:いいえ、できません。(07/10/20)

Q:自分または相手デッキが1枚以下の場合、発動できますか?
A:いいえ、できません。(09/01/12)

Q:自分または相手手札チェーン処理の最中に1枚以下になった場合、どのように処理を行ないますか?
A:効果不発となり、このカードの効果は処理しません。(07/10/20)

Q:《マクロコスモス》などの除外カード発動していても、《手札断殺》は発動できますか?
A:お互い手札を2枚墓地へ送るのは、効果処理です。
  よって、《マクロコスモス》効果適用されている場合でも、発動できます。
  また、効果処理で墓地へ送るカードが代わりに除外された場合でも、2枚ドローを行います。(12/09/29)

Q:手札墓地へ送る処理とドローする処理は同時に行われる扱いですか?
A:いいえ、同時ではありません。(12/09/27)

Q:自分相手墓地へ送るカードを確認してから、自分墓地へ送るカードを決めることはできますか?
A:その場合、ターンプレイヤーが先にカード墓地へ送ります。(12/05/09)


Tag: 《手札断殺》 魔法 速攻魔法

広告