これらのキーワードがハイライトされています:バブーン

(もり)番人(ばんにん)グリーン・バブーン/Green Baboon, Defender of the Forest》

効果モンスター
星7/地属性/獣族/攻2600/守1800
(1):このカードが手札・墓地に存在し、
自分フィールドの表側表示の獣族モンスターが効果で破壊され墓地へ送られた時、
1000LPを払って発動できる。
このカードを特殊召喚する。

 Vジャンプ(2005年12月号開始) 半年間定期購読特典で登場した地属性獣族最上級モンスター
 自分フィールド獣族破壊され墓地へ送られた時にコストを払う事で、自身を手札墓地から特殊召喚する誘発効果を持つ。

 全体除去を受けた後でも、このカード特殊召喚することでフィールドががら空きになるのを防げる。
 ただ、相手破壊効果を使ってくるとは限らないため、能動的にこのカードの効果を使いたい場合は、《野性解放》《おとぼけオポッサム》など、自壊効果を持つカードを活用したい。
 《ブラック・ローズ・ドラゴン》効果自分獣族を巻き込んでの発動も、能動的に使う有効な手段である。
 エクシーズモンスター《恐牙狼 ダイヤウルフ》は万能除去を行いつつこのカード特殊召喚トリガーを引ける。
 更に《火舞太刀》破壊対象にする事で、最大0:2交換となる。

 また、レベル4の獣族モンスターを複数擁し、自分モンスター破壊する効果を持つカードが多いスクラップとは相性が良い。
 特に《スクラップ・コング》《スクラップ・オルトロス》ならば手札1枚の消費でこのカード特殊召喚トリガーにしつつサルベージを行う事ができる。
 《スクラップ・ワーム》とで《スクラップ・ツイン・ドラゴン》シンクロ召喚を狙う事も可能。

 効果発動するために、ボード・アドバンテージ自己再生で取り返しているが、ライフコストは1000と無視できない。
 自身を特殊召喚する効果は、《D.D.クロウ》の脅威に晒されるものの、やはり手札よりも墓地発動特殊召喚するのが望ましい。

  • バブーン(baboon)」とは、英語で「ヒヒ(サルの一種)」のこと。
    このカードは巨体だが、ヒヒはやや大型の猿程度である。
  • アニメVRAINSの「島直樹/ロンリーブレイヴvsハノイの騎士」戦で、エラッタされた現行仕様のものをロンリーブレイヴが使用。
    初期手札に3枚まとめて来てしまい、そのうち2枚を相手先攻ターン目に《手札断殺》墓地へ送っている。
    ロンリーブレイヴは返しのターン蘇生させる算段だったのだが(ただし肝心の蘇生に必要なカードは揃っていない)、ハノイの騎士にはその戦略を見透かされていた(なお結果的にはこのカードに関係なく返しのターンで勝利している)。

関連カード

―《森の番人グリーン・バブーン》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《森の番人グリーン・バブーン》が破壊された時、効果でそのカード自身を蘇生できますか?
A:いいえ、できません。

Q:ダメージステップで《森の番人グリーン・バブーン》の効果発動させることができますか?
A:ダメージステップでは効果発動させることができません。(09/02/18)

Q:裏側表示獣族モンスターカードの効果破壊され、墓地へ送られた場合は《森の番人グリーン・バブーン》の効果発動しますか?
A:フィールド上で表側表示獣族モンスター破壊された場合でなければ《森の番人グリーン・バブーン》を特殊召喚する効果発動する事ができません。(09/02/20)

Q:装備魔法扱いや永続魔法扱いで自分フィールド上に存在する獣族モンスターカード破壊された時、特殊召喚できますか?
A:いいえ、できません。装備魔法扱いや永続魔法扱いの時は獣族としての情報がなくなっているため魔法&罠カードゾーン破壊されても効果発動しません。

Q:自分フィールド上の獣族以外の表側表示モンスター《DNA改造手術》効果獣族になっています。
  この場合、自分フィールド上のモンスター破壊された時、手札または墓地から《森の番人グリーン・バブーン》を特殊召喚することは可能ですか?
A:墓地へ送られたタイミングでは獣族以外の種族となるため、《森の番人グリーン・バブーン》を特殊召喚することができません。(09/02/20)

Q:《DNA改造手術》で別の種族になっている元々の種族獣族破壊され墓地へ送られた時に効果を使えますか?
A:いいえ、フィールド上で破壊された時点で獣族ではないので、墓地へ送られて獣族に戻っても発動できません。(09/02/20)

Q:獣族相手ターン破壊された時も効果を使えますか?
A:はい、可能です。ただし、ダメージステップ破壊された場合は発動できません。
  そして、チェーン2で破壊されるなどして破壊の後に別処理が入る場合は、タイミングを逃す形となり発動できません。(09/02/18)

Q:同じタイミングで複数のこのカードの効果発動させることができますか?
A:同一のタイミングでは《森の番人グリーン・バブーン》は1枚しか効果発動させることができません。(10/04/08)

Q:自分フィールド上に存在する《森の番人グリーン・バブーン》と獣族モンスターが同時に破壊された時、その《森の番人グリーン・バブーン》は効果発動できますか?
A:いいえ、できません。(10/09/17)

Q:自身の誘発効果発動した自分フィールド上の《スクラップ・キマイラ》《神の警告》によって破壊された場合、《森の番人グリーン・バブーン》は効果発動できますか?
A:はい、カウンター罠によって破壊された場合も効果発動できます。(13/01/28)

Q:上記の状況で、相手フィールド上に、《豊穣のアルテミス》が存在してドロー処理が入る場合、《森の番人グリーン・バブーン》は効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(13/01/28)

手札誘発の裁定関連
Q:自分獣族モンスター破壊された時、セットしてある《道連れ》と、手札の《森の番人グリーン・バブーン》の両方を発動したいと考えています。
  この場合、任意の順番でチェーンを組んで、両方を発動する事ができますか?
A:はい、任意の順番でチェーンを組んで発動する事ができます。(13/02/02)

Q:自分獣族モンスター破壊された時、セットしてある《道連れ》と、墓地の《森の番人グリーン・バブーン》の両方を発動したいと考えています。
  この場合、任意の順番でチェーンを組んで、両方を発動する事ができますか?
A:墓地の《森の番人グリーン・バブーン》をチェーン1とする必要があります。(13/05/20)

Q:相手ターン中に、自分獣族破壊された時、手札の《森の番人グリーン・バブーン》を発動しようとしましたが、相手優先権を行使して《サイクロン》発動したいと言いました。
  この場合、どちらが先に発動したいカード発動できますか?(優先権相手にあります)
  相手《サイクロン》が先となる場合、それにチェーンして《森の番人グリーン・バブーン》を発動できますか?
A:相手《サイクロン》が先に発動でき、それにチェーンする形でこのカードの効果発動できます。(13/03/23)

Q:相手ターン中に、自分獣族破壊された時、墓地の《森の番人グリーン・バブーン》を発動しようとしましたが、相手優先権を行使して《サイクロン》発動したいと言いました。
  この場合、どちらが先に発動したいカード発動できますか?(優先権相手にあります)
A:このカードの効果を先に発動できます。(14/01/11)

Q:《モグモール》破壊された時、《モグモール》手札の《森の番人グリーン・バブーン》の両方を発動したいと考えています。
  この場合、任意の順番でチェーンを組んで、両方を発動する事ができますか?
A:この場合、《モグモール》チェーン1とする必要があります。(13/02/03)

Q:上記の状況で、チェーン1としたカードに対して、相手《サイクロン》または《天罰》発動したいと考えている場合、相手はそれを発動できますか?
  もし、《天罰》発動できる場合、チェーン2で発動しようとしていた方の効果発動できなくなりますか?
A:はい、発動でき、カウンター罠発動された場合、《森の番人グリーン・バブーン》の効果発動する事はできなくなります。(13/02/02)

Q:《モグモール》破壊された時、《モグモール》墓地の《森の番人グリーン・バブーン》の両方を発動したいと考えています。
  この場合、任意の順番でチェーンを組んで、両方を発動する事ができますか?
A:はい、できます。(13/02/02)

Q:上記の状況で、チェーン1としたカードに対して、相手《サイクロン》または《天罰》発動したいと考えている場合、相手はそれを発動できますか?
A:いいえ、相手カード発動できるのは、《モグモール》と《森の番人グリーン・バブーン》でチェーンを組んだ後になります。(13/02/02)


Tag: 《森の番人グリーン・バブーン 効果モンスター モンスター 星7 地属性 獣族 攻2600 守1800

広告