これらのキーワードがハイライトされています:忠告

(かみ)忠告(ちゅうこく)/Solemn Scolding》

カウンター罠
(1):自分の魔法&罠ゾーンにセットされているカードがこのカードのみの場合、
3000LPを払って発動できる。
●モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にして破壊する。
●自分または相手がモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚する際に発動できる。
それを無効にし、そのモンスターを破壊する。

 ネクスト・チャレンジャーズで登場したカウンター罠
 特殊な発動条件と、《神の警告》を超えるライフコストと引き換えに、魔法・罠カード効果の発動以外の全てに対応するカウンター効果を持つ。

 モンスター効果にも対応した《神の宣告》といった効果で、非常に広いカウンター範囲を持つ。
 しかしその発動条件が使い勝手を悪くしており、相手の行動を妨害するカウンター罠であるのにセットカードを使うデッキには入れづらいというジレンマを持つ。
 妨害はこのカード1枚きりとなりやすく、《サイクロン》などを1枚使われるだけで無防備になってしまう危険性もつきまとう。
 加えてライフコストもかなり大きく、この分のライフ減少で相手1ターンキル射程圏内に入ってしまうリスクがあり、使い所を誤るとそのまま敗北してしまうことも考えられる。
 総じて扱いづらいカードであり、使う際はマストカウンターの見極めも重要となる。

 なお、この発動条件で参照するのはあくまでセットされているカードのみで、永続魔法等が表側表示で存在している場合でも問題なく発動できる。
 また、魔法&罠ゾーンセットされているカードが他にあっても、それを発動すればその時点で発動条件を満たせるため、それにチェーンしたカードに対してこのカード発動できる。
 とはいえ、肝心な時に発動できないのでは意味が無いため、魔法・罠カードセットを多用するデッキには投入しないほうがいい。

 このカードデッキに投入されていることが相手に知られている状況では、魔法&罠ゾーンセットされているカードを1枚にしておいて相手プレッシャーをかけるという作戦がとれる。

  • カード名は「忠告」とやんわりした物でありながら、効果宣告を超える物となっている。
  • 似たテキストを持つ《神の警告》では「〜払って以下の効果を発動できる。」と書かれているが、このカードは「〜払って発動できる。」となっている。
  • イラストでは《神の宣告》に見られる神に「禁じられた」シリーズの容姿である《失楽の聖女》忠告を受けている。
    忠告を無視して宝具を持ち出し続けたことが楽園からの追放につながったのだろう。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメARC-Vの「セレナvsユーゴ」戦でユーゴが使用したカウンター罠《奇跡のクール・ミラー》のイラストに描かれている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:《処刑人−マキュラ》《バブルイリュージョン》適用されている状態でこのカード手札から発動できますか?
  また、魔法&罠ゾーンセットされているカードがあった場合はどうなりますか?
A:《処刑人−マキュラ》《バブルイリュージョン》効果適用中であっても、発動条件は守らなければなりません。
  したがって、「自分魔法&罠ゾーンセットされているカードがこのカードのみの場合」という条件を満たしていない《神の忠告》を直接手札から発動させる事はできません。(15/06/13)


Tag: 《神の忠告 カウンター罠

広告