これらのキーワードがハイライトされています:戦士の生還

戦士(せんし)生還(せいかん)/The Warrior Returning Alive》

通常魔法
(1):自分の墓地の戦士族モンスター1体を対象として発動できる。
その戦士族モンスターを手札に加える。

 Struggle of Chaos −闇を制する者−で登場した通常魔法
 墓地戦士族モンスターサルベージする効果を持つ。

 戦士族モンスターであれば他の条件なしにサルベージできるため、これ1枚で非常に柔軟な対応ができる。
 自己特殊召喚可能な《フォトン・スラッシャー》《H・C 強襲のハルベルト》ならサルベージ後に再びフィールドに出せ、《切り込み隊長》《ジャンク・シンクロン》等ならシンクロ召喚などに繋ぎやすい。
 また、《E・HERO エアーマン》《忍者マスター HANZO》といったデッキの核となるカードも回収できる。
 他にも《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》《魔導ギガサイバー》を回収して特殊召喚に繋げたり、《白銀のスナイパー》を回収して魔法・罠カード破壊されにくくしたりするなど、柔軟な対応ができる。
 アドバンテージは失うが、エクシーズモンスター等をエクストラデッキに戻して再び特殊召喚を狙うといった事もできる。

 かつては《増援》と共に戦士族が強力な所以とまで言われたカードだが、デュエルの高速化に伴い【戦士族】全般でも採用率は低下傾向にある。
 とは言え、条件なしにサルベージできる点は他のカードにはない利便性であり、特定の戦士族を使いまわすことに意味のあるデッキならば採用できるカードである。
 事実、環境の中堅を担う【M・HERO】等でも採用される事もある。

  • アニメ5D'sの「アキvsジル・ド・ランスボウ」戦では、ジルが《マスクド・ナイト LV3》を手札に戻すために使用した。
  • アニメ5作品で登場し、その内4作品で使用されており、登場頻度が高いカードと言える。
    サルベージという扱いやすさもさることながら、それだけ戦士族が主要な種族であることを表しているとも言える。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALでは遊戯から遊星まで多くのデュエリストが使用。
    特に明日香の場合はアニメでのセリフをベースにした専用ボイスを喋る。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:戦士族融合モンスター儀式モンスターシンクロモンスターサルベージできますか?
A:はい、できます。
  ただし、融合モンスターシンクロモンスターエクストラデッキに戻ります。

Q:戦士族モンスター1体を選択するのはいつですか?
A:効果発動時戦士族モンスター1体を対象に選択します。(10/10/01)


Tag: 戦士の生還 魔法 通常魔法

広告