これらのキーワードがハイライトされています:《転回操車》

転回操車(てんかいそうしゃ)/Revolving Switchyard》

フィールド魔法
「転回操車」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドに機械族・地属性・レベル10モンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動できる。
デッキから攻撃力1800以上の機械族・地属性・レベル4モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚されたモンスターのレベルは10になる。
この効果の発動後、ターン終了時まで相手が受ける戦闘ダメージは0になる。
(2):自分の手札を1枚墓地へ送って発動できる。
デッキから機械族・地属性・レベル10モンスター1体を手札に加える。

 ザ・シークレット・オブ・エボリューションで登場したフィールド魔法
 レベル10の地属性機械族召喚・特殊召喚に成功した場合に攻撃力1800以上・レベル4の地属性機械族リクルートできる効果手札コスト1枚でレベル10の地属性機械族サーチする効果を持つ。

 (1)の効果リクルート効果であり、これによって即座にランク10のエクシーズ召喚の準備を整えることが可能。
 トリガーには妥協召喚可能な《深夜急行騎士ナイト・エクスプレス・ナイト》が、リクルート先にはエンドフェイズサーチ効果を持つ《無頼特急バトレイン》が特に相性が良い。
 《無頼特急バトレイン》エクシーズ素材として墓地へ送ることで、後続の《深夜急行騎士ナイト・エクスプレス・ナイト》サーチでき、次のターンにも安定して同様の動きが狙えるようになる。
 また、エクシーズ召喚前に自身のバーン効果発動しておくことで、後述の効果によるダメージの総量を上乗せできるのも小さくない利点である。
 他の候補には手札に来ても無駄になりにくい《マシンナーズ・ギアフレーム》エクシーズ素材にすることで効果が使える《豪腕特急トロッコロッコ》辺りが挙げられる。

 この効果発動したターン戦闘ダメージを与えられないものの、効果ダメージは問題なく与えられる。
 《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》バーン効果で序盤からライフ・アドバンテージに差を付ける事も難しくない。
 《超巨大空中宮殿ガンガリディア》効果使用後に攻撃できないデメリットも事実上共有できる。
 《No.81 超弩級砲塔列車スペリオル・ドーラ》バーン効果こそ持たないが、強固な耐性を得られるので返しのターンで対応しやすい。

 また、(1)は相手ターン中にも使用できるので、《リビングデッドの呼び声》も併用しやすい。
 《除雪機関車ハッスル・ラッセル》も条件さえ満たせば、直接攻撃を防ぎつつ相手ターン特殊召喚することで効果適用できる。
 ただし、この場合バトルフェイズ中であるため、リクルートしたモンスター戦闘破壊されやすい。
 この点も《無頼特急バトレイン》とは噛み合っており、サーチ効果によって戦闘破壊ディスアドバンテージを帳消しにできる。

 (2)の効果は、手札1枚をコスト機械族地属性レベル10のモンスターサーチするというもの。
 リクルート対象デッキから枯渇した、または戦闘ダメージを与えたい等の場合にはこちらの効果を優先できる。
 (1)の効果も踏まえると、《深夜急行騎士ナイト・エクスプレス・ナイト》サーチ先の筆頭候補となるだろう。
 容易な召喚条件を持ち、エクシーズ素材として墓地へ送られることで除去が狙える《重機貨列車デリックレーン》サーチ先として優秀。
 《除雪機関車ハッスル・ラッセル》サーチに対応しており、この点でも相性が良い。

 手札コストには、上述の《無頼特急バトレイン》蘇生が容易な《マシンナーズ・フォートレス》等が適任である。
 《RUM−アージェント・カオス・フォース》《超巨大空中宮殿ガンガリディア》エクシーズ召喚時にサルベージできるので、《CX 超巨大空中要塞バビロン》に繋げやすくなる。

 欠点としてはフィールド魔法の宿命である《サイクロン》などの除去カードには非常に弱い点が挙げられる。
 除去が蔓延する現在の環境に置いてこのカードに依存するのが厳しいと言う事は念頭に置くべきである。
 また、効果1ターンに1度、いずれか1つしか使用できないため、サーチしたターンリクルートができない点も注意が必要である。

  • 「操車」とは、車両の入れ替えや編成を行う事。
    「転回」はこの場合、機関車をターンテーブル(イラスト中央で《重機貨列車デリックレーン》が乗っている機械)に乗せ、前後を入れ替える事だろう。
    現代の電車や機関車は前後に運転席がついておりどちら向きにも運転できるが、かつての蒸気機関車は前向きにしか運転できない車両も多く、終着駅から折り返す際には方向を入れ替える必要があった。

関連カード

イラスト関連

機械族・地属性のレベル10モンスター

―以下のカードは(1)の効果には対応するが、エクストラデッキカードであるため(2)の効果および《無頼特急バトレイン》効果には対応しない。

リクルートできる攻撃力1800以上の機械族・地属性・レベル4モンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:(1)の効果ダメージステップ発動できますか?
A:いいえ、できません。(14/11/15)

Q:《竜魂の幻泉》効果機械族地属性レベル10モンスター特殊召喚した場合、(1)の効果発動できますか?
A:いいえ、できません。(15/01/14)


Tag: 《転回操車》 魔法 フィールド魔法

広告