これらのキーワードがハイライトされています:盗賊の

盗賊(とうぞく)(なな)道具(どうぐ)/Seven Tools of the Bandit》

カウンター罠
(1):罠カードが発動した時、1000LPを払って発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

 Vol.6で登場したカウンター罠
 ライフコストを払い、罠カード発動無効にする効果を持つ。

 同じく罠カード無効にできるカウンター罠に、無効にした後にデッキ戻す《ギャクタン》が存在している。
 このカード無効にした後破壊してしまうため、破壊すると効果発動されてしまう《アーティファクトの神智》や、墓地発動する効果を持つ《ブレイクスルー・スキル》等、一部の罠カードに対して弱い。
 また、《ギャクタン》ノーコストであり、こちらはライフコストが必要となる点でも劣っている。
 このカード自身は使いにくいという訳でもないのだが、ほぼ完全上位互換となる《ギャクタン》を差し置いて敢えて採用する理由がないのが現状である。

  • 原作の同シーンでは《罠はずし》が使用されているが、アニメではOCGのルールに合わせ、このカードが代わりに採用されたようだ。
    これによって闇遊戯には原作にないライフロスが生じており、海馬がこのライフロスを城之内との準決勝を望んだ負け抜けの意図によるものと見て憤るという、アニメ独自の描写が追加されている。
    実際に闇遊戯がそのような意図で発動したのかは明らかでないが、彼にとっては《聖なるバリア −ミラーフォース−》発動を見過ごした方が明らかに不利になる状況であり、単なる言いがかりのようにも取れる。
  • アニメ5D'sの「遊星vs鷹栖」戦において遊星のデッキに投入されているのが確認できる。
  • 漫画ZEXALでは「凌牙vs瑠那」において凌牙が使用。
    瑠那の《ランク抹殺》を無効にし破壊した。

関連カード

収録パック等


Tag: 盗賊の七つ道具》 カウンター罠

広告