これらのキーワードがハイライトされています:宝玉

宝玉(ほうぎょく)先導者(せんどうしゃ)

ペンデュラム・効果モンスター
星3/闇属性/魔法使い族/攻1300/守1000
【Pスケール:青5/赤5】
(1):このカードがPゾーンに存在する限り、
自分フィールドの「究極宝玉神」モンスター及び「宝玉獣」カードは、相手の効果の対象にならない。
【モンスター効果】
(1):このカードをリリースして発動できる。
デッキから、「究極宝玉神」モンスター、
「宝玉獣」モンスター、「宝玉」魔法・罠カードの内、いずれか1枚を手札に加える。

 ザ・シークレット・オブ・エボリューションで登場した闇属性魔法使い族下級ペンデュラムモンスター
 究極宝玉宝玉耐性を付与するペンデュラム効果、このカードコスト究極宝玉宝玉宝玉カードサーチする起動効果を持つ。

 ペンデュラム効果自分究極宝玉及び宝玉カードへの対象を取る効果を防ぐ効果
 対象をとる(指定する)効果破壊以外のものが多く、破壊されないと永続魔法とならない宝玉のフォローが可能。
 魔法&罠ゾーン宝玉カードも守る事ができ、《サイクロン》等をこのカードへ向けさせる事ができる。

 モンスター効果は自身をリリースする事でデッキから究極宝玉宝玉宝玉いずれかをサーチする効果
 宝玉獣】の要である宝玉獣 サファイア・ペガサス》サーチできる重要な効果である。
 魔法・罠カードサーチ可能であり、宝玉の集結》宝玉の氾濫》等を状況に合わせて手札加える事ができる。
 更に1ターンに1度の制限がないため、特殊召喚を駆使すれば1ターンに何度でもサーチが可能。
 通常召喚時に1度、ペンデュラム召喚時で2度目のサーチができれば理想的。

 宝玉獣】に無理なく組み込め、宝玉の守護者》とでペンデュラム召喚にも対応するため複数枚投入したい。
 あちらの効果《ハーピィの羽根帚》などの複数の破壊も防げる状態になり、耐性もさらに強化できる。
 ただし、このカード宝玉の守護者》も自身のサーチ効果の範囲に含まれない。
 その点は《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》《魔装戦士 ドラゴディウス》を採用し、サーチできるようにしたい。

 《竜剣士ラスターP》とも相性が良く、このカード1枚をエクストラデッキに送った上で2枚目のこのカードサーチできる。
 ここから宝玉の守護者》《魔装戦士 ドラゴディウス》発動し、レベル3のペンデュラム召喚ができる状態なら3回分のサーチが可能となる。
 通常召喚で1度、ペンデュラム召喚でこのカードを2体特殊召喚して2度使える。
 この時、最初のサーチ宝玉獣 サファイア・ペガサス》を選択していれば、ペンデュラム召喚で同時展開が可能となる。

 序盤の理想的な動きとなるが、このカードに加え《竜剣士ラスターP》とスケール2のペンデュラムモンスターの3枚が必要となる。
 初手からこれらが揃うことは稀なので、上述のサーチを駆使して手早く揃えたい。
 しかし、宝玉ペンデュラム召喚魔法・罠除去に弱いと言う欠点が共通しているため、守る手段も必要となるだろう。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 宝玉の先導者》 ペンデュラムモンスター 効果モンスター モンスター 星3 闇属性 魔法使い族 攻1300 守1000 スケール5

広告