これらのキーワードがハイライトされています:の羽根

鳳凰神(ほうおうしん)羽根(はね)/A Feather of the Phoenix》

通常魔法
手札を1枚捨て、
自分の墓地のカード1枚を選択して発動できる。
選択したカードをデッキの一番上に戻す。

 FLAMING ETERNITYで登場した通常魔法
 墓地カード1枚を、デッキの一番上戻す効果を持つ。

 種類を問わず墓地カードを再利用できるが、手札を2枚消耗し、カード戻すのがデッキの一番上なのでタイムラグがある。
 《成金ゴブリン》等でドローすればタイムラグはなくなるが、2枚のディスアドバンテージを負っていることに変わりはない。
 対象サルベージが叶う《死者転生》《魔法石の採掘》《闇の仮面》の方が、範囲は狭まるものの扱いやすい。

 効果的に使うのであれば、【天変地異コントロール】【大逆転クイズ】【ダイヤモンドガイ】等のデッキの一番上カードを利用するデッキで採用したい。
 これらのデッキでは、《D−HERO ダッシュガイ》《モンスターゲート》等の相性の良いカードも投入される。
 また、他のカード墓地にあれば、初手に引いてしまった《RUM−七皇の剣》をこのカード1枚でデッキトップ戻すこともできる。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:墓地融合モンスターを選択できますか?
A:はい、その場合融合モンスター融合デッキに戻ります。(05/03/31)

Q:コストとして捨てたカードを、そのままデッキの一番上戻すことはできますか?
A:可能です。
  ただし、最初の発動条件として、墓地に別のカードが存在している必要があります。

Q:発動時に自分墓地カード1枚を対象を取るカードですか?
A:はい、そうです。(09/08/25)


Tag: 《鳳凰神の羽根 魔法 通常魔法

広告