これらのキーワードがハイライトされています:撲滅

撲滅(ぼくめつ)使徒(しと)/Nobleman of Extermination》

通常魔法
フィールド上にセットされた魔法・罠カード1枚を選択して破壊し、ゲームから除外する。
それが罠カードだった場合、お互いのデッキを確認し、
同名カードを全てゲームから除外する。

 Curse of Anubis −アヌビスの呪い−で登場した通常魔法
 伏せ除去の一種であり、裏側表示モンスター対象とする《抹殺の使徒》とは対を成す。

 一般的な魔法・罠除去と異なり、破壊して墓地へ送るのではなく除外を行う。
 これにより《ミラクルシンクロフュージョン》《ブレイクスルー・スキル》などの墓地発動するものを無力化できる。
 同じ動きは《炎舞−「玉衝」》でも可能で、あちらは《スターダスト・ドラゴン》《王宮の鉄壁》などに阻害されず対象チェーンも許さないが、魔法・罠除去に弱いため一長一短。

 発動時に選択したカードチェーンされると除去が行えないため、《ナイト・ショット》はもちろん《サイクロン》よりも確実性は落ちる。
 同じく除外を行い、速攻魔法である替わりライフコストの大きい《コズミック・サイクロン》とも長短の兼ね合いだが、対象の表裏状態や、セットされたターン破壊するなどのエンドサイク的な除去ができない点で大きく劣る。
 特に《スキルドレイン》のような永続罠に対しては丸々の損失になってしまい、2枚目で除去する事もできない。
 一方、《アーティファクトの神智》《アーティファクト・ムーブメント》チェーンされた場合、破壊は行わないため、二重にアドバンテージを取られる事はない。
 これらと併用されるアーティファクトモンスターに関しては、効果発動させずに除去できるため、対【アーティファクト】魔法・罠除去が必要な場合、選択肢になりうる。

 除去の確実性が低い分、他と比較するとピーピング同名カードの排除により、情報アドバンテージを得られるのが利点である。
 昨今は《次元障壁》《神の通告》をフルに採用するデッキも少なくないので、それらを苦手とするならば採用の余地はある。
 手札フィールド確認できないが、残りのデッキ内容でそれらを予測する事は可能。
 例えば、相手デッキ《神の警告》《神の宣告》があれば、少なくともそのターン中は可能性を切り捨ててプレイできる。

 またフィールドモンスターを置かず、一気に展開するようなデッキであれば、フリーチェーンであってもこのカードメタを張る対象になり得る。
 こちらにモンスターがいない段階ならば《デモンズ・チェーン》《強制脱出装置》などはまともに発動できないためである。
 除外に成功すれば2枚目以降を封じられるため、破壊耐性持ちなどの得手不得手がはっきりとしたものを扱う場合《ナイト・ショット》よりも有利に働く。
 1ターンキルが狙える場合は影響は少ないが、相手の干渉を受け、途中で布陣固めに移行できる応用性を備えているならば、ピーピングとあわせこの点を活かしやすい。
 類似カードよりも汎用性が落ちる分、詰めに回る場合に適したカードと言える。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:このカードの効果によって《神の宣告》等の制限カード破壊除外した場合にも、お互いデッキ確認しますか?
A:はい、その場合でもお互いデッキ確認します。(11/10/24)


Tag: 撲滅の使徒》 魔法 通常魔法

広告