これらのキーワードがハイライトされています:妖精の風

妖精(ようせい)(かぜ)/Fairy Wind》

通常罠
フィールド上に表側表示で存在する魔法・罠カードを全て破壊し、
お互いに破壊したカードの枚数×300ポイントダメージを受ける。

 ANCIENT PROPHECYで登場した通常罠
 表側表示魔法・罠カードを全て破壊する効果、それによるバーン効果を併せ持つ。

 1枚しか破壊しないのであれば使いやすい《サイクロン》等で充分なので、採用するなら複数枚の破壊を狙うのが前提。
 とはいえ、相手が複数枚の表側表示カードを使ってくる保証はないので、自分フィールドカード破壊する目的で採用するか、永続カードペンデュラムモンスター対策としてサイドデッキに投入することになる。
 前者の目的では、ペンデュラムスケールの張り替えや、表側表示魔法・罠カード破壊された場合の効果の使用を狙い、運が良ければ相手カード破壊できる。
 しかし、破壊したくないカード破壊してしまうためデッキや状況を選ぶこととなる。
 後者の目的では、ペンデュラムモンスターに対しては性質上2枚発動されるのでメタとしての性能は悪くない。
 しかし、ペンデュラムモンスター対策としては、速攻魔法ダメージも勝る《魔法効果の矢》が存在する。
 こちらは罠カード破壊できることで差別化したい。

 お互いダメージを受けるバーン効果も備わっているが、1000ダメージを超えるような局面は稀である。
 ただし【ロックバーン】相手にした場合は、この効果によって余計なダメージを受けてしまうことが辛い。
 このカードの発動時にフリーチェーンバーンカード発動されてしまうだろう。
 逆に言えば、このカードの発動時に自分フリーチェーンバーンカード発動すればダメージを増やせるということである。
 【チェーンバーン】では永続魔法永続罠メタりつつ、そこそこのバーンカードとして活躍してくれるだろう。
 【やりくりターボ】では《非常食》と同じ動きをしつつ、除去バーンを行える。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:「表側表示で存在する魔法・罠カード」は効果発動時効果解決時のどちらで判定しますか?
A:効果解決時です。(09/06/28)

Q:このカード自身も破壊しますか?
A:いいえ、このカード自身は破壊されずダメージのカウントにも含まれません。(09/04/18)

Q:2つの効果は同時に処理される扱いですか?
A:それぞれ同じタイミングで効果処理が行われる扱いとなります。(09/04/29)

Q:効果解決時表側表示で存在する魔法・罠カードが複数存在し、その中にカード効果で破壊されない魔法・罠カードが含まれ魔法・罠カードを全て破壊する処理ができなかった場合、残りの破壊したカードの分のダメージを与える処理は行いますか?
A:はい、お互い破壊できた魔法・罠カードの数×300ポイントのダメージを受けます。(10/09/09)


Tag: 妖精の風 通常罠

広告