《コード・ジェネレーター》

効果モンスター
星3/地属性/サイバース族/攻1300/守 500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのサイバース族モンスターを「コード・トーカー」モンスターのリンク素材とする場合、
手札のこのカードもリンク素材にできる。
(2):このカードが「コード・トーカー」モンスターのリンク素材として手札・フィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから攻撃力1200以下のサイバース族モンスター1体を墓地へ送る。
フィールドのこのカードを素材とした場合には墓地へ送らず手札に加える事もできる。

 Vジャンプ(2018年11月号) 付属カードで登場した地属性サイバース族下級モンスター
 手札のこのカードコード・トーカーリンク素材に使えるルール効果コード・トーカーリンク素材として墓地へ送られた場合に攻撃力1200以下のサイバース族墓地へ送る(特定条件下では墓地へ送る代わりにサーチできる)誘発効果を持つ。

 (1)の効果については、同じ効果を持つ《マイクロ・コーダー》を参照。
 こちらは地属性なので《トランスコード・トーカー》リンク召喚時に《サイバネット・コーデック》サーチできる。
 あちらがリンクモンスター蘇生できるため、そのモンスターサーチしたこのカードで新たなコード・トーカーリンク召喚できる。

 (2)は、コード・トーカーリンク素材として墓地へ送られた場合に発動可能な墓地肥やしサーチ効果
 (1)の効果と併用すると墓地へ送ることしかできないが、《ドットスケーパー》などを墓地へ送ることで自己再生につなぎ、さらなるリンク召喚を狙える。
 フィールドから墓地へ送られた場合はサーチとなり、《バックアップ・オペレーター》などをサーチすることでその効果を使える。

  • コードジェネレーターとは、プログラミングにおいて特定の情報からソースコードを生成するツールを指す。
    具体例を挙げるとVisual Studioに搭載されているC#用のForm生成ツールがこれである。
    小規模な物であればコードスニペットもこれに該当する。
    また、Facebookではワンタイムパスワードの類似した機能の名称としてコードジェネレーターが使われている。

関連カード

攻撃力1200以下のサイバース族

収録パック等


Tag: 《コード・ジェネレーター》 モンスター 効果モンスター 星3 地属性 サイバース族 攻1300 守500

広告