《ヴァンパイア・フロイライン/Vampire Fraulein》

効果モンスター
星5/闇属性/アンデット族/攻 600/守2000
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):モンスターの攻撃宣言時に発動できる。 
このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。
(2):自分のアンデット族モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に1度、
100の倍数のLPを払って発動できる(最大3000まで)。
その自分のモンスターの攻撃力・守備力はそのダメージ計算時のみ払った数値分アップする。
(3):このカードが戦闘でモンスターを破壊したバトルフェイズ終了時に発動できる。
そのモンスターを墓地から可能な限り自分フィールドに特殊召喚する。

 デッキビルドパック ダーク・セイヴァーズで登場した闇属性アンデット族上級モンスター
 攻撃宣言時に自身を守備表示特殊召喚する誘発効果ライフコストを払いその数値分だけ自分アンデット族戦闘時に強化する誘発即時効果、自身が戦闘破壊したモンスターバトルフェイズ終了時に蘇生する誘発効果を持つ。

 (1)は攻撃宣言時に自身を守備表示特殊召喚する効果
 相手モンスター攻撃宣言時に特殊召喚すれば、このカードとして利用できる。
 また、自分モンスター攻撃宣言時に特殊召喚して(2)の効果による他のアンデット族強化メインフェイズ2でのエクシーズ召喚などに繋げてもよい。

 (2)はライフコストを払いその数値分だけ自分アンデット族戦闘時に強化する効果
 1ターンに1度の制限がないので、同一ターンに連続で発動することが可能であり、アンデット族フィールド並んでいる状況なら総攻撃1ターンキルも狙える。
 ただし、強化値を上げるほど大量のライフコストを払うことになるのでその点は注意が必要である。
 このカード自身も強化でき、最大で攻撃力3600守備力5000まで上昇する。
 《ヴァンパイアの領域》とは払った分のライフコストをあちらの効果で補えるため相性がいい。

 (3)は自身が戦闘破壊したモンスターバトルフェイズ終了時に蘇生する効果
 同パックで登場した上級ヴァンパイア共通の効果であり、基本的な点は《ヴァンパイア・レッドバロン》を参照。
 このカードの場合は、(2)の効果で自身を強化すれば最大攻撃力3600になるので、相手モンスター戦闘破壊するという条件を自力で満たしやすい。

 全ての効果ヴァンパイアに関係なく使える上に、単体で効果が完結しているので、【ヴァンパイア】【アンデット族】のみならず多くのデッキで採用を検討できる。
 とはいえ、このカードステータスはあまり高くないので、(3)の効果を単体で使用するには概ね大量のライフコストが必要な点に注意。

  • イラストには、傘を持ったこのモンスターが階段を降りている様子が描かれている。
    背景の階段にはこのモンスターが持っている傘の影が映っているのだが、このモンスターの影は映っていない。
    「吸血鬼は鏡に映らない」という伝承があるので、それを踏まえているのだろうか?
  • 「フロイライン(Fraulein)」は、ドイツ語で使用される未婚女性に対する敬称であり、日本では「令嬢」「お嬢さん」、姓名に付いている場合は「○○嬢」などと訳される。
    ただし現代ドイツ語としては古く、稀な表現であり(公式使用は1970年代に停止)、煽りと受けとられる場合もあるので要注意。
  • 「ヴァンパイア」は英語読みであり、ドイツ語では「ヴァンピーア(Vampir)」であるため、二ヶ国語が混ざった奇妙なカード名となっている。
    とはいえ、カード名に複数の言語が混在するのはOCGにおいては珍しくないことではある。

関連カード

イラスト関連

―《ヴァンパイア・フロイライン》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《ヴァンパイア・フロイライン》 効果モンスター モンスター 星5 闇属性 アンデット族 攻600 守2000 ヴァンパイア

広告