熟練(じゅくれん)赤魔術士(あかまじゅつし)/Skilled Red Magician》

効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1600/守1600
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分または相手が魔法カードを発動する度に、
このカードに魔力カウンターを1つ置く(最大3つまで)。
(2):魔力カウンターが3つ置かれているこのカードをリリースして発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「デーモン」モンスター1体を選んで特殊召喚する。
(3):自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、
自分フィールドの魔力カウンターを置く事ができるカード1枚を対象として発動できる。
そのカードに魔力カウンターを1つ置く。

 ディメンション・オブ・カオスで登場した闇属性魔法使い族下級モンスター
 魔法カード発動する度に自身に魔力カウンターの乗せる永続効果魔力カウンターが3つ乗った自身と引き換えにデーモン特殊召喚する起動効果墓地の自身を除外することで魔力カウンターを1つ置く起動効果を持つ。

 デーモンサポートではあるが、自身がデーモンでない上、魔法使い族デーモンが存在しないため種族サポートを共有できない。
 また、デーモンはかなり多くの競合サポートが存在するカテゴリであり、特に蘇生《デーモンの騎兵》《デーモンの将星》など豊富なカードが存在する。
 《戦慄の凶皇−ジェネシス・デーモン》といった上級モンスターリクルートできる点で差別化したい。
 悪魔族サポートの魔法使い族という観点では《魔族召喚師》が存在するため、サポートカードを兼用することはできる。

 魔力カウンターを乗せる効果ではあるが、魔力カウンターを使う他のカードデーモンシナジーはない。
 魔法カードを複数枚使って効果を利用できると見なしてもよいか。

 《伏魔殿−悪魔の迷宮−》といったフィールド魔法と、それをサーチする《テラ・フォーミング》を併用する場合は魔力カウンターを乗せやすくなるため相性がいい。
 《デーモンの斧》《堕落》《アームズ・ホール》を併用するのも悪くはない。

  • 「赤魔術士」の元ネタは『ファイナルファンタジー』シリーズに登場するジョブ(職業)であると思われる。
    同名のジョブが1作目に登場しているほか、上位版の「赤魔道士」が多数の作品に登場している。
    黒魔法」と「白魔法」の両方を使えるが、本職ほどは使いこなせないという立ち位置になっている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《熟練の赤魔術士》 モンスター 効果モンスター 星4 闇属性 魔法使い族 攻1600 守1600

広告