混沌の創世神(カオス・クリエイター)/The Chaos Creator》

特殊召喚・効果モンスター
星8/闇属性/雷族/攻2300/守3000
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地から光属性と闇属性のモンスターを1体ずつ除外した場合に特殊召喚できる。
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札から特殊召喚したこのカードが存在する場合、
除外されている自分及び相手のモンスターの中から合計3体を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
その内の1体を自分フィールドに特殊召喚し、残りを好きな順番で持ち主のデッキの一番下に戻す。

 WORLD PREMIERE PACK 2020で登場した闇属性雷族特殊召喚モンスター
 カオス共通の召喚条件除外されたモンスター3体の内1体を帰還させ、残りをデッキの一番下戻す起動効果を持つ。

 除外されたモンスター帰還できるので、自身の特殊召喚コストに使用した1体を即座に呼び戻す事も可能。
 ただし、コストが2枚なのに対して発動条件は3枚のため、もう1枚を何らかの手段で用意しておく必要がある。
 また、効果には3「種類」必要であり、コストで2種類は確実に満たすが、3種目は同名カードばかりを使う構築だと被ることがある。
 条件が他のカオスと被っているため、基本的にはこのカードより前に出した分のコストとで数を揃える、中盤以降向きとなる。
 なお、蘇生制限を満たした後は蘇生帰還が可能だが、効果は「手札から特殊召喚されている」場合に限られるため、実質バニラと化してしまう点には注意。

 召喚条件こそ光属性闇属性が指定されているが、帰還させるモンスター属性レベル等にも特に制限がなく、デメリットも付与されないのは魅力的である。
 ただし、3枚の内2枚はデッキボトムに戻ってしまうため、再利用するにはサーチリクルートなどの手間がかかるのが難点。
 相手除外されているモンスター対象にすることができるため、そちらを戻し相手帰還サルベージの妨害に使うことも可能。
 その場合、《カオス・ソーサラー》等の除外除去持ちカオスと併用すると良いだろう。

 種族属性召喚条件【サンダー・ドラゴン】と噛み合っており、除外されたサンダー・ドラゴンデッキに戻せる点もシナジーする。
 《雷龍融合》とも相性が良く、特殊召喚コストにしたサンダー・ドラゴンをそのまま融合素材としつつデッキに戻せる上に、(2)の効果でこのカード自体をサーチする事もできる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《混沌の創世神》 モンスター 効果モンスター 特殊召喚モンスター 星8 闇属性 雷族 攻2300 守3000

広告