《インフェルニティ・ポーン》

効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻   0/守   0
(1):自分の手札が0枚の場合、自分ドローフェイズに通常のドローを行う代わりに、
墓地のこのカードを除外し、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●デッキから「インフェルニティ」カード1枚を選んでデッキの一番上に置く。
●デッキから「煉獄」魔法・罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットする。

 PREMIUM PACK 2021で登場する闇属性悪魔族下級モンスター
 ハンドレス時に通常のドローを行う代わりに墓地から除外し、インフェルニティデッキトップへのサーチ煉獄魔法・罠カードセットをできる効果を持つ。

 墓地から除外することで通常のドローを回避できる。
 【インフェルニティ】制圧札である《煉獄龍 オーガ・ドラグーン》《インフェルニティ・バリア》ドローフェイズ手札が1枚になった瞬間に弱いため、その隙を減らすことが可能。
 処理できないモンスターカード等を引いて盤面を崩されるリスクも回避できる。
 追加効果は次のターンに繋げる効果が主となるため、基本的にはドロースキップ自体を目的として利用することになるだろう。

 デッキトップに置くインフェルニティは万一盤面を崩されても逆転の目が残る《インフェルニティ・デーモン》一択となるだろう。
 劣勢時でも《インフェルニティ・デーモン》での逆転に期待してこの効果を使用することはできるが、1ターンドロースキップして仕込むよりは次のドロー《インフェルニティ・デーモン》であることに賭けたほうが良いことが多い。
 こちらの効果目当てに発動するなら、少なくとも次の相手ターンを耐えられるだけの見込みがあるか、その場でドローする手段を持っていることが前提となる。

 煉獄魔法・罠カードの大半はインフェルノイドサポートカードであり、インフェルニティ関連の《煉獄の契約》《無の煉獄》はハンドレスでは発動条件を満たせない。
 使えるとしても《煉獄の落とし穴》程度であるため、こちらの効果は基本的に【インフェルノイド】で活用することとなる。
 《隣の芝刈り》等の汎用的な手段以外でも墓地へ送りやすい闇属性悪魔族であり、《左腕の代償》によって手札0枚の状態を作れるため、採用は難しくないだろう。
 しかしその場合でも《煉獄の災天》《煉獄の消華》手札コストが必要な効果はそのままでは発動できない点には注意が必要。
 《煉獄の狂宴》《煉獄の死徒》セットし次のターンに備えるのもよい。
 なお、セットであるため速攻魔法罠カードでなければそのターン中に発動できるが、手札コスト発動条件の都合上すぐに使えるものは少ない。

  • 「ポーン」は「歩兵」を意味するが、他の漫画出身のインフェルニティと同じくチェスの駒の一つがモチーフとなっている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《インフェルニティ・ポーン》 効果モンスター モンスター 星1 闇属性 悪魔族 攻0 守0 インフェルニティ

広告