《クリボール/Sphere Kuriboh》

効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻 300/守 200
(1):相手モンスターの攻撃宣言時、このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
その攻撃モンスターを守備表示にする。
(2):儀式召喚を行う場合、必要なレベル分のモンスターの内の1体として、
墓地のこのカードを除外できる。

 ディメンション・オブ・カオスで登場した闇属性悪魔族下級モンスター
 攻撃してきたモンスター守備表示にする誘発効果儀式召喚に必要なリリースの代用となるルール効果を持つ。

 手札から墓地へ送って攻撃をしのぎ、さらにその後は儀式召喚を行い除外という流れを狙える。
 しかし、手札効果発動し、攻撃を封じてなおかつ儀式召喚リリースに使うなら、《工作列車シグナル・レッド》も存在する。
 直接攻撃に限定されるが、《バトルフェーダー》の場合はバトルフェイズを終了する効果もあるため他のモンスターで追撃される恐れもない。
 リンクモンスターには無力であるのもこちらの欠点である。
 このカード墓地から儀式召喚に使用できるため、追撃やメインフェイズ2での除去を受けてもレベル1分の儀式召喚リリースは確保できるのが利点。
 クリボーに属するので《ジェネレーション・ネクスト》サーチもできる。

 (1)の効果以外で墓地へ送られた場合でも儀式召喚に使用できるので墓地を肥やすカードと相性がいいが、属性種族が同じで様々な追加効果を持つ儀式魔人が存在している。
 やはり、使用するなら(1)と(2)を両方活用できるようにしたい。

  • アニメDMオリジナル「ドーマ編」の「闇遊戯vsラフェール」(2戦目)で闇遊戯が使用した《クリブー》の効果名が「クリボール」だった。
    ただし、その効果は「発動ターンの間相手モンスター1体の攻撃力を1500ポイントダウンする」というものなので、直接の関連はない。
  • アニメZEXALII(セカンド)で、《虹クリボー》がエリファスの襲撃から遊馬を守るために変形した形態にも「クリボール」というものがある。
    無論、こちらもこのカードと直接の関連はない。
  • アニメVRAINSでは、第16話においてデュエル外で登場。
    PlaymakerがSOLテクノロジー社のマザーコンピューターに侵入した際、セキュリティトラップに対するデコイとして使用された。
  • コナミのゲーム作品において―
    デュエルリンクスにおいては初の手札誘発モンスターとしてゲーム開始日から実装されている。
    その奇襲性の高さはデュエルリンクスの環境においてはかなり強力であり、最初のパックの出身でありながら長期に渡って多くのプレイヤーに使用されている。
    レア度がデュエルリンクス最高のURに設定されているが、高レアリティが必ず排出されるセレクションボックスや、このカードがセットに含まれているスターターセットなどで再録されているので、課金さえすれば比較的手に入りやすいカードである。

関連カード

収録パック等


Tag: 《クリボール》 モンスター 効果モンスター 星1 闇属性 悪魔族 攻300 守200 クリボー

広告