《ドラグニティナイト−ゴルムファバル》

シンクロ・効果モンスター
星7/風属性/ドラゴン族/攻2600/守2300
「ドラグニティ」チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した時、
自分の墓地の「ドラグニティ」チューナー1体を対象として発動できる。
そのモンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
(2):このカードに装備されている自分フィールドの装備カード1枚を墓地へ送り、
相手の墓地のカードを2枚まで対象として発動できる。
そのカードを除外する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 BLAZING VORTEXで登場した風属性ドラゴン族シンクロモンスター
 シンクロ召喚に成功した時に墓地ドラグニティチューナー1体を装備できる誘発効果、自身が装備している装備カード1枚を墓地へ送って相手墓地カードを2枚まで除外できる誘発即時効果を持つ。

 【ドラグニティ】の主力モンスターレベルの関係上、チューナーには《ドラグニティ−クーゼ》《ドラグニティ−ギザーム》を利用する事になる。
 特に《ドラグニティ−ギザーム》であれば、容易にシンクロ素材を揃える事ができる。
 ただ、ドラグニティシンクロモンスターレベルが奇数(奇数+偶数)の物が少なく、偶数(奇数+奇数もしくは偶数+偶数)の方が多い。
 つまり2体でシンクロ召喚する場合、奇数レベルと偶数レベルモンスター両方が必ず必要になるため、構築段階でそれぞれの数を調整しなければならない点が悩ましい。
 レベル7のシンクロモンスターにはドラゴン族に絞っても、盤面リセット能力を持つ《ブラック・ローズ・ドラゴン》などがいるため、それらを採用し対応能力を高めておくといいだろう。

 (1)はドラグニティチューナー装備する効果
 《ドラグニティ−ファランクス》装備すればレベル9、《ドラグニティ−ギザーム》ならレベル10のシンクロ召喚を狙う事ができる。
 ただし、前者に関しては、その組み合わせでシンクロ召喚できるモンスターに、単体性能の高いものや強くシナジーするものが少ない。
 後者に関しても、《ドラグニティ−クーゼ》《ドラグニティナイト−ヴァジュランダ》《ドラグニティ−ファランクス》《ドラグニティナイト−バルーチャ》といった、無理なく採用できる組み合わせでもシンクロ召喚できる。
 特に《ドラグニティ−ギザーム》の(2)の効果を使ったターンには狙えなくなるので、シンクロ召喚の中継点としての運用にはさほど向いていない。
 そのため、このカードを採用するのであれば、(2)の効果による墓地利用の妨害をメインに据えることになる。

 (2)は自身の装備カードコスト相手墓地カード除外する効果
 フリーチェーンであるため、墓地利用を阻害できる。
 また、《ドラグニティ−アキュリス》効果を能動的に相手ターンに使えるのもポイント。
 下準備こそ必要だが(1)の効果《ドラグニティナイト−ハールーン》装備してコストにすれば、あちらの(2)の効果で再び装備カード化するので毎ターンコストを用意できる。

  • カード名の「ゴルムファバル」はアイルランド語であり、「ゴルム(ゴーム)/gorm」は青、「ファバル/faobhar」は刃を意味する。
    ケルト物語においてはクー・フーリンが持つとされる7本の毒槍に複数形版の名称のものがある他、ケルト神話を下敷きにした創作であるジェイムズ・マクファーソンの『オシアン』にも剣の名であるが登場する。
    またケルト神話には、同じく名前に「ゴーム/gorm」を含む「ゴーム・グラス」という剣も存在する。
    アルスター伝説におけるアルスター王コンホヴァルが持つ剣で、「グラス/glas」は緑を意味し、「ゴーム・グラス」で青緑という意味になる。
    写本や伝承によっては剣ではなく槍の名前であるともされるので、このモンスターのカラーリングからこちらも由来であると思われる。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《ドラグニティナイト−ゴルムファバル》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星7 風属性 ドラゴン族 攻2600 守2300 ドラグニティ

広告