《ペンギン・ソード》

装備魔法
「ペンギン」モンスターにのみ装備可能。
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):装備モンスターの攻撃力は800アップする。
(2):装備モンスターが相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。
相手フィールドのカード1枚を選んで持ち主の手札に戻す。
(3):相手フィールドの表側表示のカードが「ペンギン」カードの効果でフィールドから離れ、
手札に戻った場合または除外された場合に発動する。
次のターン終了時まで、そのカード及びそのカードと元々のカード名が同じカードの効果は無効化される。

 ANIMATION CHRONICLE 2021で登場した装備魔法
 装備モンスター攻撃力を800強化する効果装備モンスター戦闘ダメージを与えた場合に相手フィールドのカードバウンスする効果ペンギン効果相手フィールド表側表示カードバウンス除外された場合にそのカード及び同名カード効果無効化する効果を持つ。

 装備対象の指定とその効果から【ペンギン】専用のカードとなる。
 モンスターではないが、ペンギンに属するので《ロイヤル・ペンギンズ・ガーデン》サーチ《否定ペンギン》の(1)にも対応する。

 (1)は装備モンスター攻撃力強化
 強化数値は800と高く、全体的に打点の低いペンギンでは有用な戦闘補助として機能し、(2)のサポートにもなる。

 (2)は戦闘ダメージトリガーとした相手フィールドのカードバウンス
 戦闘を介する発動条件はあるが、発動できるカードが限定されるダメージステップカードの種類を問わず、対象を取らずバウンスできるため、除去としての性能は高い。
 《否定ペンギン》フィールドに存在すれば除外に変換できるが、このカード自体はモンスターではないため、あちらの自己再生トリガーにならない点は注意。

 (3)はペンギン効果バウンス除外したカード及びその同名カード効果無効化。
 バウンス効果を持つペンギンカードのリストについては《否定ペンギン》を参照(その《否定ペンギン》が存在すればバウンス除外になる)。
 リバース時や破壊された場合など、ややタイムラグのある発動条件が多いが、《極氷獣ポーラ・ペンギン》の(1)や自身の(2)などはタイムラグを抑えて発動できる部類と言える。
 無効化の期間は次のターン終了時までと比較的長く、自分ターン発動できれば返しの相手ターンの行動に制限をかけられる。
 無効化の範囲については同様のテキストである《墓穴の指名者》を参照。
 ただし強制効果であるため同時に複数のカードが発動した場合にこのカードチェーン1になりやすく、フィールドから離れた場合に発動できる任意効果などはチェーン2以降となって無効にできない。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメDMオリジナル「乃亜編」の「杏子vsビッグ2(大瀧)」戦で大瀧が使用。
    《トビペンギン》装備して強化したが、最終的にはあちらの戦闘破壊と共に併せて破壊された。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《ペンギン・ソード》 魔法 装備魔法 ペンギン

広告