《ペンデュラム・アンコール/Pendulum Encore》

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):相手メインフェイズに、手札を1枚捨てて発動できる。
PモンスターをP召喚する。
このターン、自分のPゾーンのカードは、効果を発動できず、
自分のカードの効果では破壊されず、エンドフェイズに持ち主のデッキに戻る。

 WORLD PREMIERE PACK 2021で登場した通常罠
 相手メインフェイズペンデュラム召喚を行い、そのエンドフェイズペンデュラムゾーンカードデッキバウンスする効果を持つ。

 相手ターンペンデュラム召喚を行えるため、となるモンスターを展開する、特殊召喚に成功した場合やペンデュラム召喚に成功した場合の効果相手ターン発動するといったことができる。
 エクストラデッキから展開するには事前にリンク先が必要となるが、自分ターンペンデュラムモンスターペンデュラム召喚し、そこからリンクモンスターに繋げば自然と用意はできる。
 しかし、手札コストがネックとなり、このカード手札コストの2枚まで揃えた上で展開するとなると手札の消耗が激しい。
 特殊召喚時にサーチを行えるマジェスペクターの様なモンスターを混ぜてペンデュラム召喚していれば手札コストは補える。
 《竜剣士ラスターP》ペンデュラム効果《解放のアリアドネ》などを破壊することでも手札コストとなるカードを確保しつつペンデュラム召喚リンクモンスターに繋ぎやすくなる。

 またデメリットとして、エンドフェイズペンデュラムゾーンカードデッキ戻ってしまうため、次のターンペンデュラム召喚に支障が出る。
 更にペンデュラム効果発動自分による効果破壊も行えないため、ペンデュラムモンスター関連に多い自分カード破壊する処理を含む効果とは相性が悪い。
 エンドフェイズまでにペンデュラムゾーンから離してしまえばデッキに戻らないため、《魔妖仙獣 大刃禍是》《イェシャドール−セフィラナーガ》手札バウンスする、《ペンデュラム・スイッチ》などで特殊召喚すればデメリットは回避できる。

 モンスターの大量展開が狙いなら、自分ターンペンデュラム召喚をもう一度行える《EXP》を使う方が良い。
 特殊召喚に成功した場合の効果相手ターンに使う、1ターンに1度しか使えない効果を使う、といったメリットはあるため、それを目当てにすると良いか。

  • 「アンコール/encore」は、ライブや演奏会において追加演奏を促す行為やその客の声を意味する。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《ペンデュラム・アンコール》 通常罠 ペンデュラム

広告