《マスター・ヒュペリオン/Master Hyperion》

効果モンスター
星8/光属性/天使族/攻2700/守2100
このカードは、自分の手札・フィールド上・墓地に存在する
「代行者」と名のついたモンスター1体をゲームから除外し、
手札から特殊召喚する事ができる。
1ターンに1度、自分の墓地に存在する
天使族・光属性モンスター1体をゲームから除外する事で、
フィールド上に存在するカード1枚を選択して破壊する。
フィールド上に「天空の聖域」が表側表示で存在する場合、
この効果は1ターンに2度まで使用できる。

 ストラクチャーデッキ−ロスト・サンクチュアリ−で登場した光属性天使族最上級モンスター
 自分手札フィールド墓地から代行者1体を除外して手札から自身を特殊召喚する召喚ルール効果1ターンに1度自分墓地光属性天使族モンスター1体を除外する事でフィールドのカード1枚を破壊する起動効果を持つ。
 また、《天空の聖域》フィールド表側表示で存在する場合、破壊効果は1ターンに2度まで使用できる。

 代行者1体を除外するだけで容易に特殊召喚でき、1ターンに1度の制限もない。
 特に墓地から除外すればボード・アドバンテージハンド・アドバンテージも失わないので、できる事ならそれを狙いたい。
 特殊召喚コストが用意できるならば2体を並べてランク8のエクシーズ召喚にも繋げられる。
 更に、《トレード・イン》に対応するレベル8であり蘇生に繋ぎやすく、《大天使クリスティア》《堕天使スペルビア》とも併用しやすい。

 このカード《天空神騎士ロードパーシアス》サーチでき、代行者サーチ時の手札コストにすることで間接的にカード消費の軽減にもなる。
 また、あちらは《創造の代行者 ヴィーナス》効果リンク召喚が容易なため【代行者】では無理なく併用できる。

 除去効果対象カードの種類を問わないが、除外を伴うので《アテナ》《堕天使スペルビア》蘇生効果とは相性がよくない。
 一方で《大天使クリスティア》特殊召喚条件を満たすための墓地調整に利用でき、このカードと並べることで制圧力を高められる。
 言うまでもなく除去効果を連発すると墓地コストが枯渇するため、《異次元からの埋葬》などとの併用が望ましい。
 他にも《次元合成師》《救援光》での回収や、《奇跡の光臨》による帰還に繋げるのも良いだろう。

 この除去効果発動ための除外コストには代行者以外の光属性天使族使用可能なため、必ずしも代行者を必要とはしない。
 特殊召喚コストには代行者が必要だが、《神の居城−ヴァルハラ》などと併用することで【天使族】【神の居城−ヴァルハラ】での採用も可能となる。
 一方で《天空の聖域》に関連する効果を持つのの、併用するメリットが少なく、どの程度のウェイトを置くかが見極めどころとなる。
 《天空の聖域》を活用する場合、代行者軸【天空の聖域】のサポートとしてこのカードを採用するという形になる事も少なくないだろう。

  • VJでは、このカードを「恒星の力をもつ太陽の神」という風に紹介している。
    「恒星」とは、天球上で相互の位置をほとんど変えず自ら発光する天体、つまり太陽の様な天体の事を指す。
    光属性であるのも、このためだろう。
  • 恒星の周囲を公転する星を、恒星に対し「惑星」と呼び、太陽系では水星〜海王星(過去には冥王星)までの総称である。
    イラストに太陽系の図形が描かれていたり、代行者名前が太陽系の惑星の英名から引用されている事から、このカードがそれらを束ねる存在である事が窺える。
  • 「ヒュペリーオーン、ヒュペリオン(Hyperion)」とは、ギリシア神話における太陽の神である。
    ウラノスとガイアの息子で、テーテュース等との兄弟であり、人々に天体の運行と季節の変化の関係を教えたとされる。
    また、ヘーリオスは彼の息子であるとも、ヒュペリーオーンがヘーリオスの呼称としても用いられたともされている。
    日本では、同名の有名SF小説等の関係から、英語読みの「ハイペリオン」の方が有名かもしれない。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:自身を特殊召喚する効果は分類のない効果召喚ルール効果)で、カード破壊する効果起動効果になります。(10/12/11)

Q:自身の効果手札から特殊召喚する時に代行者除外するのと、破壊効果発動する時に光属性天使族除外するのは、いずれもコストですか?
A:はい、そうです。(10/12/11)

Q:自身の効果手札から特殊召喚する時に代行者除外するのは、自分手札フィールド墓地の全てから1体ずつ除外するのですか?
A:いいえ、いずれか1箇所から1体除外すれば特殊召喚できます。(10/12/16)

Q:セット状態の代行者除外して特殊召喚できますか?
A:いいえ、できません。(11/01/19)

Q:装備カード状態の代行者除外して特殊召喚できますか?
A:いいえ、できません。(10/12/17)

Q:自身の効果による特殊召喚を行っていないこのカード墓地に存在する時、このカード蘇生できますか?
A:はい、できます。(10/12/11)

Q:破壊効果は、対象をとりますか
A:はい、対象を取ります。(10/12/11)

Q:《天空の聖域》フィールド表側表示で存在するため、破壊効果の2度目を発動しました。
  効果処理時《天空の聖域》表側表示で存在しなくなった場合、効果不発になりますか?
A:いいえ、その場合でも、効果適用されます。(10/12/11)

Q:《天空の聖域》フィールド表側表示で存在している時、破壊効果発動《光と闇の竜》に2度無効にされました。
  同じターン中に、3度目の破壊効果発動できますか?
A:いいえ、できません。(12/11/19)


Tag: 《マスター・ヒュペリオン》 効果モンスター モンスター 星8 光属性 天使族 攻2700 守2100

広告