《ライトドラゴン(アット)イグニスター/Light Dragon @Ignister》

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/光属性/サイバース族/攻2300/守1500
レベル4モンスター×2
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
自分フィールドの「@イグニスター」モンスターの数まで、
相手フィールドの表側表示モンスターを選んで破壊する。
(2):このカード以外の自分のサイバース族モンスターが相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。
自分の墓地からリンクモンスター1体を選んで特殊召喚する。
(3):自分フィールドのモンスターが効果で破壊される場合、
代わりにこのカードのX素材を1つ取り除く事ができる。

 IGNITION ASSAULTで登場した光属性サイバース族エクシーズモンスター
 自分フィールド@イグニスターの数まで相手表側表示モンスター破壊する起動効果、他の自分サイバース族戦闘ダメージを与えた時にリンクモンスター1体を蘇生する誘発効果自分モンスター効果破壊される場合に自身のエクシーズ素材身代わりにする永続効果を持つ。

 (1)は@イグニスターの数まで表側表示相手モンスター破壊する効果
 自身も@イグニスターなので、単体でも1体は破壊できる。
 @イグニスターを展開すれば複数体を破壊できる反面、効果処理時に0体の場合は1体も破壊できなくなる恐れがある。
 特に《皆既日蝕の書》はこちらの@イグニスター相手モンスターの両方が裏側守備表示になるので、不発にされやすい。

 (2)は他のサイバース族戦闘ダメージを与えた時にリンクモンスター蘇生する効果
 リンクモンスター完全蘇生させる強力な効果だが、墓地リンクモンスターがいる状態でこのモンスターとさらに別のサイバース族が必要と、下準備には手間がかかる。
 《リンクリボー》リンク素材《ペンテスタッグ》《アンダークロックテイカー》のような戦闘を補助する効果を持ったサイバース族リンク召喚するのが手っ取り早いか。
 他には【サラマングレイト】リンク素材リンクモンスターを使いつつサイバース族モンスターを準備しやすい。

 (3)はモンスター効果破壊に対する身代わり
 《奈落の落とし穴》《幽鬼うさぎ》に強くなるので、他のモンスターを動かしやすくなる。
 ただ戦闘破壊は守れず、自身のステータスも低いので過信は禁物。

 (1)(3)は単体で採用しても利用できる効果なので、【ランク4】の汎用エクシーズモンスターと言える。
 同ランクには同じく除去身代わりを持つ《No.101 S・H・Ark Knight》がいる。
 こちらは複数体を破壊できる可能性があり効果の対象にならないモンスターも対象できる点、他のモンスター身代わりにもなれる点、身代わりを使っても除去が使えるのが利点。

 もっとも、真価を発揮するのはやはり【@イグニスター】だろう。
 《ダークナイト@イグニスター》戦闘破壊してダメージを与えれば(2)の蘇生効果とあちらの(2)の効果で複数のモンスターを展開できるので連携を図りやすいのも大きい。

関連カード

―《ライトドラゴン@イグニスター》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《ライトドラゴン@イグニスター》 エクシーズモンスター 効果モンスター モンスター ランク4 光属性 サイバース族 攻2300 守1500 @イグニスター

広告