炎舞(えんぶ)−「洞明(ドウメイ)」/Fire Formation - Domei》

永続魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、以下の効果を適用できる。
●レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、
自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、
手札から獣戦士族の儀式モンスター1体を儀式召喚する。
(2):魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードが墓地へ送られた場合、
自分の墓地の「炎星」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 WORLD PREMIERE PACK 2020で登場する永続魔法
 発動時に獣戦士族儀式召喚できる効果魔法&罠ゾーンから墓地へ送られた場合に炎星蘇生できる効果を持つ。

 (1)は獣戦士族儀式モンスター儀式召喚する効果
 対応するのは2体だけだが、その内《ライカン・スロープ》《高等儀式術》の方が相性がいいので、実質的に《巧炎星−エランセイ》専用となる。
 消費は普通の儀式召喚と変わらないので《炎星師−チョウテン》《寿炎星−リシュンマオ》蘇生効果ディスアドバンテージを軽減できるようにしたい。
 《慧炎星−コサンジャク》コントロール奪取したモンスターリリースしてもいいだろう。

 (2)は炎星蘇生する効果
 炎星コストとして使用された際のリカバリーとなるもので、儀式召喚した《巧炎星−エランセイ》コストを軽減できる。
 (1)は任意効果なので、こちらだけを目当てに使用するのも手。
 《微炎星−リュウシシン》コストに使えば3体のモンスターを並べることができる。

  • 名前の由来は、北斗九星(北斗七星+輔星+弼星を一つの括りとするグループ)の8番目となる輔星の別名「洞明星」か。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《炎舞−「洞明」》 魔法 永続魔法 炎舞

広告