海晶乙女(マリンセス)コーラルトライアングル/Marincess Coral Triangle》

リンク・効果モンスター
リンク3/水属性/サイバース族/攻1500
【リンクマーカー:上/左下/右下】
「マリンセス」モンスター2体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
この効果を発動するターン、自分は水属性モンスターしか特殊召喚できない。
(1):手札から水属性モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
デッキから「マリンセス」罠カード1枚を手札に加える。
(2):相手フィールドにのみモンスターが存在する場合、墓地のこのカードを除外して発動できる。
リンクマーカーの合計が3になるように、自分の墓地から水属性リンクモンスターを任意の数だけ選んで特殊召喚する。

 デュエリストパック−深淵のデュエリスト編−で登場した水属性サイバース族リンクモンスター
 効果発動ターン水属性しか特殊召喚できない効果外テキスト水属性手札コストマリンセス罠カードサーチする起動効果モンスター相手のみ存在する場合に自身を墓地コストリンク数合計が3となるように水属性蘇生する起動効果を持つ。

 効果発動ターン水属性しか特殊召喚できないが、【マリンセス】では然程のデメリットでもない。
 特に《海晶乙女コーラルアネモネ》蘇生効果からこのカードへと繋いだ場合はデメリットが被るため事実上無視できる。
 一応発動前にも制約がかかるため、初動で他属性の汎用カードを使う場合などには注意しておきたい。

 (1)は水属性手札コストにしたマリンセス罠カードサーチ
 状況に応じたものを選ぶことで柔軟な守りが可能となり、一部はリンク3以上が存在すれば手札から発動できるので、このカードの存在がそれに貢献する。
 中でも《海晶乙女波動》【マリンセス】の守りのキーカードであり、あちらを序盤に用意できるのはデッキ全体で見ても意味が大きい。
 手札コストには墓地効果を持つ水属性を選べれば無駄がなく、マリンセスでは《海晶乙女シーホース》等が該当する。

 (2)は自身を墓地コストリンク数合計が3となるような水属性蘇生
 【マリンセス】リンク1・2の低リンクから高リンクに繋げる動きを得意とするため蘇生対象を用意するのは容易い。
 リンクマリンセスリンク2の《海晶乙女コーラルアネモネ》リンク3のこのカードと繋ぐだけでも蘇生対象は揃えられる。
 ただ、相手のみにモンスターが存在するという条件は基本的には劣勢状況であるため、狙って発動条件を整えるのではなく、機会があれば使うくらいに思っておくのが無難だろう。

 効果は有用なカードだがリンク3にしては攻撃力が低いので、維持する場合は《海晶乙女の闘海》等による打点強化で補いたい。
 あるいは(1)の発動後は(2)のためにも維持を考えずに早々にリンク素材にして墓地へ送ってしまっても良いだろう。

  • 「コーラル・トライアングル」とは、東南アジアに存在する三角形の海域であり、世界のサンゴの種の半分以上が生息していると言われている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《海晶乙女コーラルトライアングル》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク3 水属性 サイバース族 攻1500 マリンセス

広告