擬態(ギタイ)する人喰(ひとく)(ムシ)/Mimicking Man-Eater Bug》

リバース・効果モンスター
星4/地属性/昆虫族/攻 450/守 600
(1):このカードがリバースした場合、フィールドのモンスター1体を対象として発動する。
そのモンスターを破壊し、その元々の攻撃力分このカードの攻撃力をアップする。
その後、このカードの種族を破壊したモンスターの元々の種族と同じにできる。
(2):フィールドのこのカードは、戦闘では破壊されず、
このカードと同じ種族のモンスターの効果でも破壊されない。

 BURST OF DESTINYで登場した地属性昆虫族下級リバースモンスター
 リバースした場合にモンスター1体を破壊し、その元々の攻撃力だけ自己強化を行い、種族をそのモンスターと同種族に変更できる誘発効果戦闘破壊及び自身と同種族に対する効果破壊耐性永続効果を持つ。

 (1)はリバースした時のモンスター除去自己強化及び任意での種族変更。
 (2)の耐性もあるため戦闘によるリバースでも後半の効果まで活かせるが、現在の環境ではその手段に頼るのは遅いので、能動的にリバースする手段と併用したい。
 自己強化値は相手依存だが、大型モンスター除去ができれば、その後はアタッカーとしても運用できる。
 種族の変更は任意であり、相手デッキによっては(2)の効果による耐性にも繋がるが、【昆虫族】などで使用する場合は自分種族サポートを受けられなくなる場合もあるため、状況に応じて適用していきたい。

 (2)は戦闘破壊及び自身と同種族への効果破壊耐性
 上述の通り戦闘破壊耐性により戦闘によるリバースでもフィールドに残しつつリバースした場合の効果発動できる。
 更に(1)の発動後は種族を変更できるため、相手種族統一デッキならそれなりに場持ちも良くなる。
 種族統一デッキでない場合でも《DNA改造手術》等でフィールドモンスター種族を1つに統一すれば耐性は機能する。
 とは言え、破壊以外の除去魔法・罠カードに対しては無力なので過信は禁物。

 【クローラー】ならば種族属性が共通しており、リバースする手段も組み合わせやすい。
 リバースした場合のモンスター除去には《クローラー・スパイン》が存在するが、こちらは耐性強化アタッカーにできる可能性はある。
 反面、このカードクローラーに属さない点やレベルの違いで受けられないサポートカードも多い。

関連カード

収録パック等


Tag: 《擬態する人喰い虫》 モンスター リバースモンスター 効果モンスター 星4 地属性 昆虫族 攻450 守600

広告