(とき)魔導士(まどうし)/Time Wizard of Tomorrow》

融合・効果モンスター
星5/光属性/魔法使い族/攻2000/守1900
「時の魔術師」+効果モンスター
(1):1ターンに1度、このカードが融合召喚されている場合に発動できる。
コイントスを1回行い、裏表を当てる。
当たった場合、フィールドのモンスターを全て破壊し、
相手は表側表示で破壊されたモンスターの元々の攻撃力を合計した数値の半分のダメージを受ける。
ハズレの場合、フィールドのモンスターを全て破壊し、
自分は表側表示で破壊されたモンスターの元々の攻撃力を合計した数値の半分のダメージを受ける。

 PRISMATIC SPECIAL PACKで登場した光属性魔法使い族融合モンスター
 フィールドモンスターを全て破壊し、破壊したモンスターの合計攻撃力の半分のダメージコイントスの成否に応じたプレイヤーへ与える起動効果を持つ。

 レベル5の融合モンスターなので《簡易融合》に対応している。
 レベル5・光属性魔法使い族としての活用法については《音楽家の帝王》を参照。
 特殊召喚してすぐに(1)に繋げることで、《簡易融合》全体除去カードの様に扱える。
 単に全体除去を行いたいなら《ブラック・ホール》《サンダー・ボルト》でもよいが、融合に属するためにサーチが効く点、《サウザンド・アイズ・サクリファイス》などと状況に合わせて使い分けられる点でより優れている。
 反面、特殊召喚が封じられていたり、モンスター効果メタで対処される恐れはある。

 正規融合する場合、《簡易融合》での融合召喚と比べて消費がかさみやすい。
 ただ融合素材代用モンスター効果モンスター融合召喚できるため、《パラサイト・フュージョナー》を用いれば2枚の消費で済む。
 《金華猫》であちらを蘇生すれば、《簡易融合》と同じく1枚の消費で融合召喚可能。
 また、《百年竜》融合素材にすれば、自身を含めたエクストラデッキから特殊召喚された1体を全体除去から守ることもできる。

 効果全体除去を行い、コイントス次第で自分相手効果ダメージを与えるもの。
 《時の魔術師》と違い確実に全体除去を行えるのが利点。
 バーンに関しては、ダメージ量はフィールドに、どちらのプレイヤーが受けるかはコイントスに左右されるため、二重の意味で安定しない。
 ただ、このカードが巻き込まれるため最低でも1000はどちらかが受ける。
 【ギャンブル】など《セカンド・チャンス》が採用できるデッキなら相手へのバーン確率を上げられ戦術として組み込みやすい。
 運に左右されるものの、バーン付き全体除去で一掃した上で攻撃も通せばエンドカードにもなり得る。
 攻撃力が高いモンスター相手フィールドに存在する場合、ダメージで敗北する恐れもあるため《レインボー・ライフ》などと組み合わせることで自分のリスクを消すのもよい。

  • イラストでは、胴体の時計部分の模様が《融合》のような渦巻き模様になっているのが確認できる。
  • 20/05/27〜20/07/26までの期間限定公開である『リモートデュエルオペラ』(孔雀舞役 七緒はるひvs城之内克也役 高橋広樹)では高橋氏が使用。
    ギャンブルに成功した上で上述した《百年竜》とのコンボにより自身は破壊されず、そのまま直接攻撃に繋げてフィニッシャーになる活躍を見せた。
    なお、実際の効果コイントスを行うのだが、この企画では原作・アニメの《時の魔術師》と同様にモンスターに備わったルーレットで当たり判定を行う演出であった。
    《ベビードラゴン》《千年竜》と繋がりの深い《百年竜》を使用した点や、ルーレットに成功して舞のハーピィらを撃破した点など、原作の「城之内vs舞」戦を意識した構図と演出である。
    • 高橋氏のセリフにより、効果名は成功・失敗の判定が「タイム・ルーレット」、効果成功時が「タイム・ソーサリー」と判明した。
      漫画・アニメ・ゲーム以外の媒体で効果名が判明した珍しい事例である。

関連カード

収録パック等


Tag: 《時の魔導士》 モンスター 効果モンスター 融合モンスター 星5 光属性 魔法使い族 攻2000 守1900

広告