神樹獣(しんじゅう)ハイペリュトン》

エクシーズ・効果モンスター
ランク9/地属性/植物族/攻2600/守1900
レベル9モンスター×2
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分ターンに、自分が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時、
その効果と同じ種類(モンスター・魔法・罠)の自分の墓地のカード1枚を対象として発動できる。
対象のカードをこのカードの下に重ねてX素材とする。
(2):相手ターンに、魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。
その効果と同じ種類(モンスター・魔法・罠)となるX素材をこのカードから1つ取り除き、
その発動を無効にし破壊する。

 BLAZING VORTEXで登場した地属性植物族エクシーズモンスター
 自分ターン効果発動したカードと同墓地カードエクシーズ素材にする誘発即時効果相手発動したカードと同じカードの種類エクシーズ素材を取り除くことでその発動無効にし破壊する誘発即時効果を持つ。

 基本的な出し方については【レベル9】を参照。
 植物族なので《六花聖ストレナエ》効果でも特殊召喚可能であり、【六花】ランク4をエクシーズ召喚できリリースを行うデッキでも採用を検討できる。

 (1)は自分発動したカードと同じ種類自分墓地カードエクシーズ素材にできる効果
 エクシーズ素材を増やし(2)の効果での対応範囲を広げることができる。
 エクシーズ召喚の段階でモンスターカードエクシーズ素材として持つため、(2)に備えるなら魔法・罠カードエクシーズ素材にしたい。
 なお発動時点では魔法・罠カード墓地へ送られていないため、同じ種類のカードがまだ墓地に存在しない場合には発動自体ができない。

 (2)は相手発動したカードと同じ種類エクシーズ素材墓地へ送り、その効果の発動無効にし破壊する効果
 通常モンスターカードしかエクシーズ素材に持たないが、上述の通り(1)の効果により対応範囲を広げることができる。
 その他にも魔法カードに対しては《オーバーレイ・リジェネレート》で補え、罠カードに関しても罠モンスターを素材としてエクシーズ召喚することで1度ならば対応できるため、現状唯一のレベル9である《影依の原核》レベルを操作可能な《救魔の奇石》と合わせて使うのもいいだろう。
 また《エクシーズ・リボーン》蘇生してもエクシーズ素材罠カードを加えることができる。

 モンスター効果に対するカウンターが最も汎用性があるものの、ランク9でモンスター効果に対策するならば発動自体を許さない《真竜皇V.F.D.》の方が攻撃力制圧力ともに基本的には上である。
 こちらの利点としては、無効にしたカード破壊する点、魔法・罠カードにも対応できる点、(1)でエクシーズ素材を補充できるので汎用蘇生カードも使いやすい点などが挙げられる。
 ただ、相手ターンにしか発動できないので、自分ターンの妨害を止めることができないのはこちらの弱点である。
 一方、《真竜皇V.F.D.》にも「宣言した属性以外の手札墓地発動する効果」という穴はあるので、併用してより強固な布陣とするのもいいだろう。

  • カード名の前半部分「神樹獣(しんじゅう)」は、「神樹」と「神獣」の掛け詞だろう。
    後半部分「ハイペリュトン」は、鳥のような後脚および鹿のような頭部から「ペリュトン」と、植物族であることに鑑みるに世界一高い木とされる「ハイペリオン」が由来だろうか。
    後者はアメリカ・北カリフォルニアにて発見された高さが115.55mもあるとされるセコイアの針葉樹であり、「高みを行くもの」という意味を持つ「ハイペリオン」の名が付けられた。

収録パック等


Tag: 《神樹獣ハイペリュトン》 モンスター エクシーズモンスター 効果モンスター ランク9 地属性 植物族 攻2600 守1900

広告