聖騎士(せいきし)聖剣(せいけん)巨城(きょじょう)/Camelot, Realm of Noble Knights and Noble Arms》

フィールド魔法
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
このカードを次のスタンバイフェイズまで除外し、
自分の手札・デッキ・墓地から「円卓の聖騎士」1枚を自分のフィールドゾーンに表側表示で置く。
その後、以下の効果を適用できる。
●自分のデッキ・墓地から、「アルトリウス」モンスター1体を特殊召喚するか
「聖剣」カード1枚を手札に加える。
(2):1ターンに1度、自分フィールドの「聖騎士」カードが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりに自分フィールドの装備カード1枚を破壊できる。

 WORLD PREMIERE PACK 2023で登場したフィールド魔法
 自身を次のスタンバイフェイズまで除外し、《円卓の聖騎士》手札デッキ墓地から表側表示置き、その後アルトリウスリクルート蘇生または聖剣サーチサルベージを行える効果聖騎士カード戦闘効果破壊される代わりに装備カード破壊できる効果を持つ。

 (1)は自身の一定期間の除外《円卓の聖騎士》及びアルトリウスまたは聖剣を用意する効果
 《円卓の聖騎士》はこのカードが次のスタンバイフェイズに戻ってきた時に張り替えられて墓地へ送られることになるが、《円卓の聖騎士》効果自分エンドフェイズ発動できるので墓地へ送られる前に使うことができる。
 次のターンにも(1)を使えば墓地から《円卓の聖騎士》置けるので、このカードを維持すれば《円卓の聖騎士》を維持している状態に近いことになる。
 後半の効果は現状、リクルートに対応するモンスターは《聖騎士アルトリウス》しかおらず、それ以外は蘇生制限を満たした上で墓地へ送る必要があり、やや手間である。
 汎用性と候補の多さを考慮すると、基本的には聖剣サーチサルベージを選択する事になるだろうか。
 リクルートした《聖騎士アルトリウス》と他の戦士族1体から《聖騎士の追想 イゾルデ》に繋げば、《円卓の聖騎士》の3種類以上の条件を満たすことができる。

 この効果を使用するにあたって最大の難点は《円卓の聖騎士》を採用する必要がある点だろう。
 デッキ墓地からも選べるので除外されない限りはピン挿しで良いが、あちらはお世辞にも【聖騎士】【焔聖騎士】)で採用しやすいカードとは言い難い。
 この効果の為だけに採用すると割り切るくらいのつもりが良いだろう。
 それでもアルトリウスサポートカードとしては《約束の地 −アヴァロン−》の使い勝手を遥かに上回る。

 (2)は聖騎士身代わり装備カード破壊できる効果
 【聖騎士】及び【焔聖騎士】装備魔法及び装備カードとなるモンスターを多用するため、身代わり先を用意する事は容易い。
 破壊されると聖騎士に再装備される聖剣を選択すれば損失無しで守ることができる。
 1ターンに1度しか適用できないが、維持したい聖騎士にはカードの種類の指定は無く、自身も聖騎士に属するため該当する。

  • 英語名の「Camelot/キャメロット城」はアーサー王伝説に登場するアーサー王の城。
    一定期間他のフィールド魔法と入れ替わる珍しい効果だが、円卓とは城全体かその一室かで場所そのものは同じ関係となる。
    • 日本語名では「キャメロット」の固有名詞がなくなってしまっている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《聖騎士と聖剣の巨城》 魔法 フィールド魔法 聖騎士 聖剣

広告